タグ:you me & us ( 34 ) タグの人気記事
2014 you me & us ツアーRain Checkお持ちの方に記念品配布決定
大変長らくお待たせしております! 2014年you me & us 'Get well soon, Daevid!' 日本ツアーで入場料変更をしなかった会場にお出で下さったお客様に配布いたしましたRain Check、先般「となりの人間国宝さん」でTVに映ったことをきっかけに、そろそろどうにかしなくちゃということでカトラー先生の重い腰も上がり、お持ちのお客様にささやかな記念品を配布することが決定いたしました。今年のTHE WATTSツアーでお渡しすることができる見込みです。
Rain Checkのデザインをした時は、下の方にある線から下の部分を切り取るというつもりでああいう形にしたのですが、全体としてかわいいので、そのままの形で皆様記念にとっておきたいかと思われますので、記念品配布時は切り取りではなく、ハンコを押すとかの形にしたいと思います。入場料変更を実施した会場にお出で下さったお客様や、当時のツアーのことを知らなかったお客様で記念品ご希望の方には販売できるようにもしたいと思います。
詳細決定次第随時お知らせアップデートいたします。今しばらくお待ちください。 (写真はとなりの人間国宝大谷さんのお店で松本さんが撮影して来てくださったものより。大谷さんご夫妻、松本さんご夫妻、関西テレビさん、ありがとうございます)
c0129545_23004449.jpg

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2018-05-28 23:01 | you me & us
ユミ カンタベリー関連音源1時間mix
私がリンジー・クーパーの曲をやるようになったきっかけのポッドキャスト、マシュー・ワトキンスの「国境なきカンタベリー」が、なんと!!私の1時間特集ミックスをしてくれまして!!ヒュー・ホッパーとのデュオHUMI、The Artaud Beats, Jump for Joy!, Half the Sky、you me & usなどなどかけまくってくれております!!こんなふうにして自分で聴くことはないので、なんか、私の過去10年の集大成って感もあります。YouTubeのオーディオなども入っているので音質的には最高ではありませんが、もしよかったら聴いてみてください。私のコーナーの他も興味深い音源揃いです。
http://canterburywithoutborders.blogspot.co.uk/2016/12/episode-41.html


  • Half the Sky — "Waited/Justice" (live at RIO festival, Carmaux, France, 2016-09-18)
  • You, Me & Us — "Masta Builder" (from Poesy At Play, 2014)
  • Artaud Beats — Ipso Facto (from Logos, 2015)
  • Bat Pullover — "Jump for Joy! part 1: Time" (from Jump For Joy!, 2016, live in Göteborg, Sweden, 2016-08-12)
  • Delta Saxophone Quartet [with Hugh Hopper, Yumi Hara and Simon Pearson] — "Wrapped 25/4 Box (With Ribbons)" (live at Kettle's Yard, Cambridge, 2008-02-08)
  • HUMI — "The Wind That Divides" (live at Club Integral, London, 2007-11-01)
  • Artaud Beats — "The Floating Word" (from Logos, 2015)
  • Bat Pullover — "InstruMental" (from Jump For Joy!, 2016, live in Göteborg, Sweden, 2016-08-12)
  • HUMI — "The Shape of a Haze" (live at Club Integral, London, 2007-11-01)
  • Daevid Allen, Yumi Hara and Ian East — "Who's Afraid?" (live in the woods, near Canterbury, 2013-05-01)
  • Yumi Hara — "O Caroline" (live in Tokyo, 2013-06-13)

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-12-14 08:46 | News ニュース
NHK今日は一日プログレ三昧The 4thでyou me & usがかかりました
2015年9月21日放送のNHK FM「今日は一日プログレ三昧The 4th」でyou me & usのCD 「Poesy at Play」からマダム・ゼロがかかり、私とクリス・カトラーのメッセージが読まれました。

番組終わったのでもう裏話してもいいかなと思うので。。。本当はカトラー先生音声ファイルお願いされていたのですが、先生そのときロンドンにいなくて、ポータブルレコーダーも持っていってなかったのでそれはかなわず、出先でメッセージ書いてもらうことになったんです。
土曜日に私がファウストのペロンさんとアルトー・ビーツのジェフのライヴ見に行く前に受け取って訳して送りたかったんだけど、届かなくて、出かける前に、夜中12時ごろまでだったら帰ってきてから訳すから今日寝る前に必ず送ってってメールしたんです
そしたら帰ってきたら届いてた。。。
それがまた先生らしくちょ~難しい文章でそのまま訳したら話し言葉ではわかんないようなもんで。。。
眠いのガマンしてわかるように訳して、自分の分も直して、どうにか寝る前に東京に送って間に合ったんです。。。まにあってよかった!

ちなみにかかった曲は2014年秋葉原GOODMANでライヴレコーディングされたトラックでyou me & usのCD「Poesy at Play」に収録されています。現時点では目白World Disqueに在庫があるはずです。品切れの際はこちらで入手可能です
http://www.yumiharacawkwell.co.uk/HTML/body_discography.html

c0129545_2193811.jpg

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-09-22 02:11 | you me & us
デヴィッド・アレンは旅立ちました
デヴィッドの末息子のYnysより: デヴィッド・アレンは13日の金曜日、午後1時08分に旅立ちました
From Ynys Allen: Daevid Allen has passed on. He left today, this Friday the Thirteenth, at 1:08pm.
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-03-13 22:44 | you me & us
デヴィッド・アレン容態悪化
あと6ヶ月と宣告されていたデヴィッドですが残念ながら状態が急激に非常に悪くなってきた模様で、看病をしている末息子のYnysによりますと、もう、いつ何時でもおかしくないと本人も家族も覚悟をしている様子です。しかし愛する人たちに囲まれて毎日を過ごしているそうで、とにかくみんなで優しく無理のないように最後の時間を過ごせるよう、彼の人生を祝福できるようにしているそうです。デヴィッドが行くときには、皆さん、どうか泣かないで、そのかわり祝福してください。。。と
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-03-12 10:18 | you me & us
Rain Check
そういうわけでDaevidの再来日は不可能になってしまいましたが
例のRain Checkをお持ちの方にすてきなプレゼントを現在先生と企画中
Rain Check自体も記念に持っていていただけるようなシステムも考えてます

for the members of audience who have 'Rain Check' (given to the people who came to the gigs during the 'Get Well Soon, Daevid! Japan tour 2014), cc and I are currently planning special gift.
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-02-07 23:40 | you me & us
デヴィッドの息子オーランドより
デヴィッドの息子オーランドより:
デヴィッドはまだ死んでないんだから、どうか悲しまないで
それよりも、デヴィッドの(生から死への)変化の過程は、われわれみんなで「死」をタブー視する西洋文化を変えるすばらしい機会ではないか。デヴィッドのくれた愛をデヴィッドに返してあげたいみんな、デヴィッドを祝福するために歌って踊ってまるで明日がないみたいにパーティしようじゃないか。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-02-07 22:26 | you me & us
デヴィッド・アレンからのメッセージ
デヴィッドからの悲しいお知らせですが
私はこれを読んで感動して涙が出ました、悲しいからではなくて。
デヴィッドの頚部の皮膚がんは、手術と放射線治療で一時全て消えたのでしたが
最近行ったPETスキャンで再発が確認され、さらに肺に転移していたそうです。
そのため余命約6ヶ月と診断されました。
これによってデヴィッドは考えを変えました:

もう度重なる手術はやりたくないし、終わりが見えてむしろほっとしました
抵抗や否認の時期は終わってあるがままを受け入れる時がきたんだな
自分は他の人の幸せに貢献できたかもしれない、かな
自分は良くなるためにできるだけのことはしてきたと信じているし、みんなほんとうに自分をサポートしてくれました
だから
ほんとうにありがとう、自分と一緒にいてくれて、海のような愛をくれたことを
そして今、これからみんなが自分のためにしてくれることとして大事なことは、
自分を行かせてくれる準備のプロセスを始めてくれること
これから訪れる変化、死を祝福してくれること
それが
感情的に精神的に自分につながってくれたみんなからのすばらしい贈り物になります
みんなを愛しています、そしてこれからもいつもみんなと一緒にいますよ
デヴィッドxxx
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-02-06 05:51 | you me & us
Daevid容態アップデート
Daevidはその後リンパ節ドレナージの手術2回も行って、7月11日に退院
現在は自宅療養中ですがもうすぐ放射線治療が始まる見込みです。
今年いっぱいのゴングのツアーには参加しない方針だそうです。
UKのゴングツアーはすべてキャンセルとなっています。
ヨーロッパツアーはDeavidなしでやるかどうか検討中だそうです。

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2014-07-27 03:25 | you me & us
Daevidの容態です
Daevidの容態です (for English, see below): 6月9日火曜日朝に手術が行われます。黄色ブドウ球菌に感染した頚部の皮膚がんの除去手術です。
3月初旬に頚部にのう胞が現れたのですが、その治療がうまくいかず、黄色ブドウ球菌感染を起こしてしまい、その結果のう胞自体の治療が遅れる間、ますます大きくなっていきました。
その後自宅前で、濡れて滑りやすくなっていたコンクリート上で転んだため、上腕骨を骨折してしまいました。
その3週間後、のう胞の感染治療のため1週間入院、この時のう胞が皮膚がんだったことがわかりました。
この時点でyou me & us日本ツアーを含む5-6月の全日程参加不可能となったのです
手術後1週間入院し、退院後放射線治療をするそうです。
全身麻酔も手術もまったく初めてのことだそうで、それなりに不安を感じているそうですが、楽観的ではあるそうです。
はやくよくなりますように!

From Planet Gong:
"First thing on Tuesday morning in Australia daevid is having surgery to remove a Staph infected cancerous growth from his neck. The operation will also involve the removal of some nerves and moving a bit of muscle to replace some which will be lost from the site of the infection.

A cyst appeared on his neck sometime before the Gong Brazil dates in early March. Unfortunately the initial treatment of the cyst on his neck resulted in daevid contracting a Golden Staph (Staphylococcus aureus) infection which compromised and delayed further treatment on the cyst, which kept growing.

Then things got really difficult - daevid badly fractured his upper left arm falling on the concrete path to his house. It was wet and slippy and over he went - bendy has never been a useful term in describing daevid's physical frame - and unfortunately so it proved.

The nature and position of the fracture meant that it could not put in a cast - only held as immobile as possible in a sling. This made many of his regular quite energetic health regimes, and even the cutting of food (all those salads and fruit he enjoys so much), impossible, and sleep (in a chair) as near as impossible.

Three weeks after breaking his arm and while trying to reduce the Staph infection to the point where it would be possible to operate on the cyst (and also possibly operate on the fracture as well, which wasn't healing as it should) daevid got to such a low point that he had to spend a week in hospital. It was then that the cyst was diagnosed as cancerous.

Daevid's physiological 'perfect storm' was complete and it was at this point that his participation in the Gong dates in June, which he was trying so hard to get well for, was just not going to happen.

After the operation daevid will spend a week in hospital before going home. He will then have a period of radiation therapy on his neck and will obviously need some solid recovery time to ensure the cancer has no reason to return.

All things considered daevid is in good spirits, although in a fair bit of discomfort. Naturally he is aprehensive about the general anesthetic and the operation as he has experienced neither before. He remains optimistic, yet realistic about the future and is looking forward to being restored to rude health - and let's face it no-one does 'rude' health quite like hymn-self.

If you would like to help by tuning in at 9.00 p.m. GMT on Monday 9th (close to the starting time of the operation in Australia) and sending healing vibes to the old reprobate via Radio Gnome Invisible (step away from the modern 'mediaeval' technology, cut out the dodgy middlemen and go direct) you will be joining many of us doing the same."

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2014-06-09 08:00 | you me & us