<< ランバンxH&Mコラボ発売 ディスクユニオン・プログレ館ブ... >>
12月11日(土) ヴォーカル・ワークショップ
梅雨時ツアーの際、大好評だったヴォーカル・ワークショップ、今回はご要望にお応えして土曜日開催です!

12月11日(土) 東京 奥沢/自由が丘 マジックトーンスタジオ 11.00-18.00

<概要>

ロック/ポップス歌モノコピー系の方に適しています。
英語曲のダメ出し希望者大歓迎。懇切丁寧に指導いたします。
最後は豪華バックバンド付きでの発表会を予定! 

6500~10000円(参加者数により変動) 要予約 限定15名程度 
TOAPP音楽事務所・安藤 080-5684-5150  andomew@nifty.com
お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしています。

<詳細>

■日程・会場

2010年12月11日(土)
東京・奥沢/自由が丘 マジックトーンスタジオ Aスタ(30畳)

11:00 WS参加者集合、セッティング
11:30 第1部:WS開始
15:00 WS終了、休憩、セットチェンジ
15:30 第2部:発表会開演
17:30 発表会終演
18:00 撤収~希望者は近所で打ち上げ懇親会

発表会のみ観覧の方は、15:00までに会場ロビーでお待ちください。

マジックトーン・スタジオ
東京都世田谷区奥沢5-1-16 奥沢駅前ビルB1
(東急目黒線奥沢駅前、東急東横線/大井町線自由が丘駅南口徒歩6分)
電話03-5701-0047 http://magic-tone.com/

■参加条件

1. プロ・アマを問わず、ヴォーカル/コーラス担当(志望)の方。
 バンドやセッションで、ロック/ポップス系の英語の歌モノを歌う方
2. マイクを使う前提ですので、クラシックやミュージカルをやりたい方には不向きです。
 また、デスメタル系の方にも不向きです。
3. WSで歌っていただく曲は、今回は当方でリストを用意し、その中から選んでいただく方式を採ります。曲は下記リストからお選びください。
4. 事前に申込が必要です。下記「申込」欄をご覧ください。
 募集人数は15名程度までとし、定員に達した時点で締め切らせていただきます。
5. WSの趣旨から、遅刻早退のないようにご参加ください。

■曲目リスト

ワークショップの題材として、幅広いジャンルから厳選。
講師のおすすめ順で並べ替えてみました(笑)

女声:

●Fleetwood Mac - You Make Loving Fun

●Roberta Flack - Killing Me Softly

●Carpenters - Close to You

●Heart - Alone

●Evanescence - Everybody's Fool

●Avril Lavigne - Sk8er Boi


男声:

●U2 - Pride (In The Name Of Love)

●The Doobie Brothers - What a Fool Believes

●Yes - Roundabout

●TOTO - Georgy Porgy

●Whitesnake - Don't Break My Heart Again

●Bryan Adams - Summer Of '69


■ワークショップ内容

1. マイクの基礎知識、扱い方、マイクテクニック、バンドで歌う心得全般
2. 呼吸を止める技術、発声法全般
3. 英語で歌うときの知識、技術
4. 各自が選択した曲の歌唱指導
5. (合唱)
6. バンドとのリハーサル
7. お客様を入れての発表会

■参加費(軽食と飲み物付き、税込)

WS参加者:6500~11000円(参加者数により変動します)
ミニライブのみ観覧:2000円前後(参加者数により変動します)
(打ち上げ懇親会は別途)

■申込

andomew@nifty.comまでメールでお申込ください。

・件名を【12/11WS申込】または【12/11発表会申込】としてください。
・お名前と電話番号(できれば携帯)を明記ください。
・歌いたい曲を上記リストから1曲選んで明記ください。

■その他

・会場内は飲食可です。主催者側でも軽食と飲み物を用意しますが、のど飴や自前の飲み物などは各自ご用意ください。
・WSについてご希望のある方は、主催者までお知らせください。
・参加はしたいがどの曲を選んだらいいかお悩みの方、音源や歌詞について再生/閲覧環境にないなどお困りの方は、お気軽に主催者までご相談ください。
・WS内容等について、会場への直接のお問合せはご遠慮ください。
・以上の告知内容は、変更する場合があります。

■主催/問合せ

TOAPP(トゥアップ)音楽事務所(代表:MEW)
電話:080-5684-5150
Eメール:andomew@nifty.com

■講師紹介

ユミ・ハラ・コークウェル(Pf, Vo)
ロンドン在住の作曲家/キーボード奏者/ヴォーカリスト/インプロヴァイザー。ソロヴォーカリストとして即興演奏を行うほか、デヴィッド・クロス(元キング・クリムゾン)、ヒュー・ホッパー(元ソフト・マシーン)、ジェフ・リー(元ヘンリー・カウ)、スティーブ・ハウ(イエス、エイジア)などとのデュオプロジェクトでも活動。1996年から在英日本人パフォーマンスグループ、フランク・チキンズのメンバー。日本で精神科医として勤務の後、1993 年に渡英。現在はイーストロンドン大学音楽学講師として音楽教育に携わるほか、即興ワークショップも精力的に行っている。
http://yumihara.exblog.jp/i10/

★こんな心当たりのある人は、ぜひご参加ください!

・バンドやセッションで、楽器隊の演奏はいいのに、
 自分の歌だけはどうもカラオケっぽい。
・自分ではそこそこ歌えているつもりだけど、
 本当はみんなどう思ってるんだろう?
・歌(声)は、その人の肉体に直結するイメージがあるので、
 もし下手でも周囲が指摘しにくいのでは?

・楽器は、専門誌があったり、演奏者同士で情報交換できるのに、
 ヴォーカリストの情報量は少ない。教室に通うと、レッスン料が高い。
・楽器は手足の動きが見えるので、どこをどうすればいいかが
 本人にもわかるし、周囲も指摘しやすいが、歌だとそれが難しい。
・音楽仲間内では、歌が上達できる機会に乏しい。
 権威を持ってダメ出ししてくれる人や、そういう場がほしい。
・一人で歌っているけど、機会があればバンドと一緒に歌ってみたい。

・ボイストレーニングを受けてみたが、どうもしっくりこなかった。
・ロックを歌いたいのに、クラシック(ミュージカル、歌謡曲)ばかり歌わされた。
・体育会系的な指導をされ、のどを傷めてしまった。
・体力がない(肺活量が少ない、漢方で言う虚証系)ので、ついていけない。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2010-12-06 01:28 | Workshop ワークショップ
<< ランバンxH&Mコラボ発売 ディスクユニオン・プログレ館ブ... >>