タグ:Half the Sky ( 9 ) タグの人気記事
Half the Sky: Music of Lindsay Cooper
c0129545_06211771.jpg
22 June 2017, Cafe OTO, London, 19.30 https://www.cafeoto.co.uk/events/half-the-sky/

25 June 2017, Avantgarde Festival, Schiphorst, Germany, 14.15 http://www.avantgardefestival.de/TICKETS.html

Half the Sky: Music of Lindsay Cooper (Yumi Hara, Chris Cutler, Miwazow, Wataru Ohkuma, Mitsuru Nasuno, Chloe Herington, Dagmar Krause)
plus DJs (at Cafe OTO only)
James Larcombe (North Sea Radio Orchestra, William D. Drake, Stars In Battledress etc)
Marina Organ (The Other Rock Show)

‘… a solid ensemble with the music perfectly rehearsed but also with an unusual warmth ...…a very emotional finale to the festival...' Victorio Calvo

ABOUT LINDSAY COOPER:Lindsay Cooper (1951-2013) brought the bassoon and the compositional techniques of 20th century art music into the world of ‘70s experimental rock. She was a musical polyglot, equally fluent in classical, rock, jazz, and free improvisation and the author of many film and theatre soundtracks. She was a member of the groups Comus, Henry Cow, National Health, David Thomas and the Pedestrians and the Mike Westbrook Orchestra. She co-founded News from Babel and the Feminist Improvising Group and led her own projects Music for Films and Oh Moscow. She lived for many years with multiple sclerosis, which eventually forced her to retire from performing in the 1990s.

PROGRAMME:A selection of Lindsay’s compositions for the groups Henry Cow and News From Babel and Music for Films, 1978 – 1982.

ENSEMBLE:
Yumi Hara: arrangements, piano, keyboards, lever harp, voice (The Artaud Beats, you me & us, Jump for Joy! etc)
Miwazow: koto, ching-dong percussion, voice (CICALA-MVTA)
Chlöe Herrington: bassoon, soprano sax, melodica (Knifeworld, Chrome Hoof, VÄLVĒ)
Dagmar Krause: voice (Henry Cow, News from Babel, Slapp Happy etc)
Wataru Okhuma: alto sax, clarinet (CICALA-MVTA)
Nasuno Mitsuru: bass (Korekyojinn, Altered States, etc)
Chris Cutler: drums (Henry Cow, News from Babel, The Artaud Beats, etc)

HISTORY:
In 2013, soon after Lindsay Cooper passed away, Matthew Watkins made a call for arrangements of her mini-composition Slice for a special edition of his podcast ‘Canterbury Sans Frontières: Episode 8’. I made a transcription of the piece and recorded it for solo clavichord. Chris Cutler and I also played it in Japan and NY. A little later, inspired by the three memorial concerts Chris Cutler organised in 2014 with the original bands, I put Half the Sky together to play Lindsay’s music in Japan. The gender split follows Lindsay’s general practice and the example of the original bands - Henry Cow (50% female) and News from Babel (75% female).

SOURCES:
With the exception of Slice, it was only after - and because of - the 2014 concerts that any working scores for the Henry Cow pieces became available, having been painstakingly assembled from Lindsay’s notebooks, original band-members’ surviving parts and careful analysis of the recordings. A handful of the News from Babel songs – none of which had ever been performed live – had already been reconstructed for the memorial concert by Zeena Parkins; the rest I had to work out from scratch – as well as rearranging everything for a mixture of occidental and oriental instruments. This programme is approached very much as a music of the present - and not as an academic reconstruction. (YH)

photos and audio/video recordings policy for Half the Sky:
Members of audience are allowed to take photos and make audio/video recordings as long as they:

don't use flash and make any shutter sound
don't cause any disturbances for other members of audience (i.e., no standing and walking around)
give us raw data immediately and allow us to use the data whatever we like for no charges
don't sell
if they want to upload on the internet, they must let us know and if we don't like, they must take them down



‘Women hold up half the sky’ Mao Tse Tung

https://www.facebook.com/halfthesky


At our forthcoming London (22 June) and Schiphorst (25 June) performances, we will be playing UK/Germany premieres of News from Babel pieces including Dry Leaf, Arcades, Heart of Stone, Banknote and Auschwitz/Babel which were transcribed by myself and specifically arranged for Half the Sky which includes Japanese instruments (koto and ching-dong percussion) and three parts vocal harmony by Dagmar Krause, こぐれ みわ and myself, not only truthfully recreating the original multi-track recording, but also extending it...you have never heard anything like this...don't miss!!

Now we are very pleased to announce that we will have brilliant DJs to set the mood and atmosphere, before, after and in between our sets...and not too loud so that the music will not intervene your socialising (well, this will surely become a big socialising opportunity for our audience!) ... Please welcome Marina Organ of The Other Rock Show (Resonance FM) and James Larcombe of Stars In Battledress, North Sea Radio Orchestra, William D. Drake, etc! Expect music that you want to hear but "The music the record companies don't want you to hear", of course
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-06-13 06:24 | Half the Sky | Comments(0)
Half the Skyのコンサートレビュー掲載予定
ユーロロックプレス今月末発売号にHalf the Skyのコンサートレビューが掲載される模様です 
Half the Sky concert review will be published in EURO ROCK PRESS (Japanese language) on sale 27 Feb.
 

ユーロ・ロック・プレス
vol.72

2017年2月27日発行

『MARQUEE presents SYMPHONIC NIGHT Vol.1』
MOON SAFARI
BAROCK PROJECT

R.I.P. John Wetton
R.I.P. Greg Lake

NEW ENGLAND
Trey Gunn
Trevor Rabin
Duncan Mackay
LUCIFER'S FRIEND
KING CRIMSON
U.K.

SHUSEI'S PROJECT
HALF THE SKY: Music Of Lindsay Cooper
GOSTA BERLINGS SAGA
KARFAGEN

定価(本体1,905円+税)
ISBN 978-4-434-23067-7




[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-02-14 04:17 | Half the Sky
無事ロンドンに帰ってきました。
c0129545_07321471.jpg
Half the Sky photo by Naoko Shibuya
c0129545_06502824.jpg
Canterbury favourites photo by Atsushi Asano
c0129545_06532450.jpg
Chris Cutler & Yumi Hara with Toshiaki Sudoh photo by Takako Takahashi

無事ロンドンに帰ってきました。
Half the Sky とカトラー&ユミwith須藤俊明にお越しいただいた皆様本当にありがとうございました。
会場、リハーサルスタジオの皆様には尋常ならざるご好意をもって助けていただきました。
今回の日本滞在はあらゆる意味で私の音楽活動の新たなる局面を開いたような気がします。
と同時に、お客様、会場の皆様、バンドメンバー、共演者の皆様、サポートスタッフ(と言っていいのかわかりませんが、あえて言わせてください)の皆様に本当に喜んでいただけたこと、楽しんでいただけたことを思いますと、なにやらなにか私自身の音楽活動ということだけではない、なにやら、この世の善き事の何かの一部に貢献できたような、そんな有難い気持ちさえ起こってくるのでございます。
今回は完全に作曲されたものの演奏(Half the Sky によるリンジー・クーパー作品の演奏)、作曲された歌ものではあるが、即興的に反応しながら演奏したもの(清水一登さんとのカンタベリー名曲集)、即興ではあるがあらかじめ用意された歌詞を用い、激しくビート志向な演奏(カトラー&ユミwith須藤俊明)の3つの方向性が全てお互いによい方向に脳内で作用していたように思いますし、今後もこれら3つが私の基本になっていくように思われます。
皆様、本当にありがとうございました!!
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-12-08 07:35 | Performance ライヴ関係のお話
物販物のおしらせ
皆様お待ちかね本日からの日本日程での物販のブツのお知らせです

1.NEW!! 「CC2 100」CDJAPAN16CDR 
LIMITED EDITION OF 100 SIGNED COPIES JAPAN 2016
2000円
c0129545_02281713.jpg


今回の来日のために特別に作られたカトラー先生未発表秘蔵音源集 1998年に日本で行われたクリス・カトラー初のソロライヴをはじめ最近にいたるまでのさまざまなライヴやスタジオ音源が収録された、100枚限定自筆サインが盤面とジャケットに入ったナンバー入りCDR。自分でプリントして自分で切ったジャケット、その解説も自分で書いてます。指紋もついちゃってます(ついてない場合はつけてくれると思う)

2.CC 100 2000円
昨年の来日の際新発売だったカトラー先生未発表マル秘音源集100枚限定自筆サインが盤面とジャケットに入ったナンバー入りCDR。
ヒュー・ホッパーのデュオや大人数ファズオルガンアンサンブルとかいろんなのが盛りだくさん
ファン必聴

3.Bat Pullover Jump for Joy! LP3500円 CD2500円
ユミ、カトラー、ジェフ・リーのアルトー・ビーツチームにペロン、ザッピ、ジェラルディンのファウスト軍団が合流し、物凄いことになっているスウェーデンでのライヴアルバム。
LPは透明ホワイト180g盤豪華4ページブックレットつき。CDはデジパック豪華16ページブックレットつき、ボーナストラック入り(アンコールでやったファウストの曲です)

c0129545_02420354.jpg
4.NEWS from BABEL 3枚組ミニボックスセット 5000円
2枚の正規盤プラスなにやら美しい透明盤面にプリントの入った1曲入りのボーナスCDが入ったもの。
Half the Skyが演奏するNews from Babelのレパートリーは全て入ってます

5.CASSIBER 3枚組 5000円
CASSIBERのボックスセットの中から正規盤部分を取り除いたもの、つまりすべてすでに持ってる人におすすめ

6.Henry Cow Box その1その2その3各1万円ですが全部買ってくれた人には先生がおまけをしてくれる。(過去の例ではなにかをぽ~んとくれちゃったりあっと驚くディスカウントをしてくれたのを目撃)なので、大物を買おうか迷ってる人にはチャンス。

あと以前ももってきてますが、
7、Henry Cow 秘蔵音源集 こけむした靴下(がジャケットなので私はそう呼んでいる)
8、File under Popular英語版
9、The Artaud Beats LOGOS
10、you me & us Poesy at Play
などひとそろい持っていきます

皆様よろしくお願いいたします!!

11月29日荻窪ルースター カトラー&ユミwith須藤俊明
11月30日秋葉原グッドマン Half the Sky (オープニング:みわぞうsingsブレヒト)
12月1日秋葉原グッドマン Half the Sky (オープニング:カンタベリー名曲集Part 1)
12月2日秋葉原グッドマン Half the Sky (オープニング:カンタベリー名曲集Part 2)
12月3日横浜エアジン カトラー&ユミwith須藤俊明
12月4日午後千駄木バーIsshee リンジー・クーパー ワークショップ&トーク
 夕方 カトラー&ユミ デュオ
12月5日所沢MOJO カトラー&ユミwith須藤俊明






[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-11-29 02:34 | Chris Cutler & Yumi
Half the SKy: Music of Lindsay Cooper 2016 日替わりオープニング決定!
★日替わりオープニング決定しました!

11月30日 <みわぞうsings ブレヒト> こぐれみわぞう、大熊ワタル、清水一登
12月1日 <カンタベリー名曲集 part 1> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
12月2日 <カンタベリー名曲集 part 2> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky

1日目はみわぞうファンにひとつぶで2度おいしすぎる<みわぞうSingsブレヒト>
2日目と3日目はオルガン音色とピアノ音色が同時進行することの多いカンタベリーの名曲をユミと清水一登さんのデュオを中心に、Half the Skyのメンバーも加わって日替わりでおおくりします

Half the Sky: Music of Lindsay Cooper

c0129545_20223284.jpg



























c0129545_20224852.jpg

































ユミ・ハラ Yumi Hara (p, harp, vo)
こぐれみわぞう Miwazow (ching-dong perc, koto, vo)
クローイ・ヘリントン Chloe Herington (Bassoon, soprano sax, melodica, vo, from Knifeworld)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (cl, b,cl)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b)
クリス・カトラー Chris Cutler (d)
special guest 清水一登 Kazuto Shimizu (key, vo)

2016 11/30(水)12/1(木)12/2(金)<全日程禁煙です>
19:00 open 19:30 start 前売4300円 当日4800円 
http://clubgoodman.com/

★ご予約はこちら:
11/30 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12887
12/1 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12898
12/2 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12907

プレイガイドは、イープラスにて。

★リンジー・クーパー (1951-2013)が作曲したヘンリー・カウと、今やロック・イン・オポジショナーの
アンセムとなった「アンノ・ミラビリス」をはじめとするニュース・フロム・ベイベルの珠玉の名曲に
ミュージック・フォー・フィルムズのレパートリーを加え、
英ガーディアン紙2016年上半期ベストアルバムKnifeworldのバス―ン奏者クローイ・ヘリントンを迎え、
ロック・イン・オポジション フランス2016で「ベストライヴ」 「ソリッドなアンサンブルというだけではなく、
まれにみる暖かさにあふれた演奏」と絶賛を博し 主催者をはじめ多くの聴衆の感涙を誘ったHalf the Sky:
あの感動をふたたび…

★日替わりオープニング:
11月30日 <みわぞうsings ブレヒト> こぐれみわぞう、大熊ワタル、清水一登
12月1日 <カンタベリー名曲集 part 1> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
12月2日 <カンタベリー名曲集 part 2> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
東京秋葉原CLUB GOODMAN 19:00 open 19:30 start
前4300円 当4800円 (ドリンク別500円)
千代田区神田佐久間河岸55 ASビルB1F  tel: 03-3862-9010 www.clubgoodman.com

★12/4(日) ワークショップ&ライヴ クリス・カトラー&ユミ・ハラ
東京千駄木Bar Isshee 13:00-16:00 楽曲分析解説とワークショップ、17:00 ライヴ
文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階

第1部 13:00-16:00 リンジー・クーパー作品分析解説とワークショップ (聴講見学のみの方も参加可能)では
クリス・カトラーとユミがHenry Cowのために書かれたHalf the Skyなど難曲の作品の拍子のとり方や演奏方法の変遷などを解説し、
その謎に迫る。楽器を持参される方は一部一緒に演奏、演奏されない方も拍子を一緒にとるなどにより、一層理解と鑑賞が深まる
のを目指す。また、今やロック・イン・オポジショナーのアンセムとなった、News from BabelのAnno Mirabilisを全員で歌う
第2部 17:00- ライヴではカトラー&ユミがリンジー作品を中心に演奏。

【参加費】 ワークショップ参加+ライヴ(要予約):5000円+バーチャージ500円+2ドリンクオーダー
ワークショップ聴講見学+ライヴ: 3800円+バーチャージ500円+2ドリンクオーダー
ライヴのみ: 3000円+バーチャージ500円+1ドリンクオーダー
【ご予約方法】 「12/4ワークショップ予約」のタイトルで フルネームと参加/見学のどちらか、参加の場合は持参楽器名を明記の上
barisshee@keh.biglobe.ne.jp にメールでお申し込みください。携帯からの方は、PCからのメールを受け取れるようにしておいてください。
楽器、機材は持ち込みとなります。
12/4ライヴのみ予約はタイトルを「12/4ライブ予約」とし、上記アドレスにフルネームと人数(最大2名)をお知らせください。

★リンジー・クーパー (1951-2013) について: バスーン、サックス奏者、作曲家、即興演奏家。
Comus、Henry Cow、Mike Oldfield、Hatfield and the North、National Health、Egg、Mike Westbrook などと活発に活動していたが
90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも他界。

★Half the Skyについて:
リンジー・クーパーが初めてHenry Cowのために書いた曲名で、
ゆっくりとした中間部はティム・ホジキンソンの作。
「空の半分は女性が支えている」という意味。
2013年、リンジー・クーパーが亡くなった直後、マシュー・ワトキンス
のポッドキャスト「Canterbury Sans Frontieres 国境なきカンタベリー:
Episode 8」で彼女の追悼のため「Slice」のアレンジが募集された。
これに応じたユミがクラヴィコードソロで録音し、放送される。
これがユミの初のリンジー作品のアレンジ、演奏となった。
2014年、英国とイタリアで主にリンジーゆかりの人々による
追悼コンサートが開催され、このとき演奏された曲のベーシックな譜面は
Henry Cow 作品は主にティム・ホジキンソン、News from Babel作品は
ジーナ・パーキンスによって作成された。
これと前後して日本初のRIO(ロック・イン・オポジション)JAPANフェスで、
RIO創始者のクリス・カトラーが「日本勢、特に女性ミュージシャンたちが素晴らしい」と激賞。
このふたつの出来事にヒントを得て、ユミはリンジー作品を後期Henry CowやNews from Babelのように少なくとも半数以上が
女性ミュージシャンのバンドで演奏することによりリンジー・クーパーとその作品に敬意を表することに思い至った。
このプロジェクトのためユミは2014年に作成された譜面を完全に書き直し、2014年には演奏されなかった曲も譜面に起こし、
2015年末にコンサートのタイトルをHalf the Skyとして大阪、名古屋、東京でリンジー・クーパー・トリビュート・コンサートを開催した。
その成功を受けてRIO フランス2016に招聘されたが、この時よりKnifeworld, Chrome Hoofのバスーン奏者クローイ・ヘリントンが
参加し、コンサートのタイトルであったHalf the Skyは正式にバンドの名称となった。

★演奏曲目について: 主にリンジー・クーパーがHenry Cowと News from Babelのために書いた作品と、
今回初めてMusic for Films (The Golddiggersより) の曲も演奏予定。

★オープニングについて: 清水一登氏をゲストに招き、初日は「みわぞうsingsブレヒト」、そして2日目と最終日はピアノ音色と
オルガン音色が共存することの多いカンタベリー系名曲の数々をユミとのデュオを軸に他のメンバーも加わって日替わりで演奏する

★詳細アップデートは: www.facebook.com/halfthesky http://yumihara.exblog.jp/
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-11-07 20:46 | Half the Sky
演奏活動・ライヴ日程 2016
<全日程禁煙です>


11月29日(火)荻窪ROOSTER本店 
クリス・カトラー&ユミ・ハラ with 須藤俊明(b)


open 19:00, start 20:00 3500
〒167-0051 東京都杉並区荻窪 5-16-15 井上ビル B1

www.ogikubo-rooster.com 03-5347-7369

ユミの来年完成予定の2ndソロアルバムからのプレミアや数だけで構成された新曲含む怒涛のプログラムでおとどけします!!
石橋英子、ジム・オルークらのベーシストとして、またMachine and the Synergetic Nutsのドラマーや現ナスカ・カーの「音楽的な部分を主として受け持っている」マルチプレイヤーとして名高い須藤俊明が昨年に続いて参加します!必見!
c0129545_21570170.jpg

 


































2016 11/30(水)12/1(木)12/
2(金)


東京秋葉原 GOODMAN 

Half the Sky: Music of Lindsay Cooper

c0129545_20223284.jpg
c0129545_20224852.jpg

ユミ・ハラ Yumi Hara (p, harp, vo, from the Artaud Beats)

こぐれみわぞう Miwazow (ching-dong perc, koto, vo, from Jinta-la-Mvta)
クローイ・ヘリントン Chloe Herington (Bassoon, soprano sax, melodica, vo, from Knifeworld)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (cl, b,cl, from Jinta-la-Mvta)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b, from SOLA)
クリス・カトラー Chris Cutler (d, from the Artaud Beats)

with special guest Kazuto Shimizu 清水一登


リンジー・クーパー (1951-2013)が作曲したヘンリー・カウと、今やロック・イン・オポジショナーの
アンセムとなった「アンノ・ミラビリス」をはじめとするニュース・フロム・ベイベルの珠玉の名曲に
ミュージック・フォー・フィルムズのレパートリーを加え
英ガーディアン紙2016年上半期ベストアルバムKnifeworldのバス―ン奏者クローイ・ヘリントンを迎え、
ロック・イン・オポジション フランス2016で「ベストライヴ」 「ソリッドなアンサンブルというだけではなく、
まれにみる暖かさにあふれた演奏」と絶賛を博し 主催者をはじめ多くの聴衆の感涙を誘ったHalf the Sky:
あの感動をふたたび…

日替わりオープニング:
11月30日 <みわぞうsings ブレヒト> こぐれみわぞう、大熊ワタル、清水一登
12月1日 <カンタベリー名曲集 part 1> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
12月2日 <カンタベリー名曲集 part 2> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
東京秋葉原CLUB GOODMAN 19:00 open 19:30 start
前4300円 当4800円 (ドリンク別500円)
千代田区神田佐久間河岸55 ASビルB1F  tel: 03-3862-9010 www.clubgoodman.com
★ご予約はこちら:
11/30 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12887
12/1 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12898
12/2 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12907

★リンジー・クーパー (1951-2013) について: バスーン、サックス奏者、作曲家、即興演奏家。
Comus、Henry Cow、Mike Oldfield、Hatfield and the North、National Health、Egg、Mike Westbrook などと活発に活動していたが
90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも他界。

★Half the Skyについて:
リンジー・クーパーが初めてHenry Cowのために書いた曲名で、
ゆっくりとした中間部はティム・ホジキンソンの作。
「空の半分は女性が支えている」という意味。
2013年、リンジー・クーパーが亡くなった直後、マシュー・ワトキンス
のポッドキャスト「Canterbury Sans Frontieres 国境なきカンタベリー:
Episode 8」で彼女の追悼のため「Slice」のアレンジが募集された。
これに応じたユミがクラヴィコードソロで録音し、放送される。
これがユミの初のリンジー作品のアレンジ、演奏となった。
2014年、英国とイタリアで主にリンジーゆかりの人々による
追悼コンサートが開催され、このとき演奏された曲のベーシックな譜面は
Henry Cow 作品は主にティム・ホジキンソン、News from Babel作品は
ジーナ・パーキンスによって作成された。
これと前後して日本初のRIO(ロック・イン・オポジション)JAPANフェスで、
RIO創始者のクリス・カトラーが「日本勢、特に女性ミュージシャンたちが素晴らしい」と激賞。
このふたつの出来事にヒントを得て、ユミはリンジー作品を後期Henry CowやNews from Babelのように少なくとも半数以上が
女性ミュージシャンのバンドで演奏することによりリンジー・クーパーとその作品に敬意を表することに思い至った。
このプロジェクトのためユミは2014年に作成された譜面を完全に書き直し、2014年には演奏されなかった曲も譜面に起こし、
2015年末にコンサートのタイトルをHalf the Skyとして大阪、名古屋、東京でリンジー・クーパー・トリビュート・コンサートを開催した。
その成功を受けてRIO フランス2016に招聘されたが、この時よりKnifeworld, Chrome Hoofのバスーン奏者クローイ・ヘリントンが
参加し、コンサートのタイトルであったHalf the Skyは正式にバンドの名称となった。

★演奏曲目について: 主にリンジー・クーパーがHenry Cowと News from Babelのために書いた作品と、
今回初めてMusic for Films (The Golddiggersより) の曲も演奏予定。

★オープニングについて: 清水一登氏をゲストに招き、初日は「みわぞうsingsブレヒト」、そして2日目と最終日はピアノ音色と
オルガン音色が共存することの多いカンタベリー系名曲の数々をユミとのデュオを軸に他のメンバーも加わって日替わりで演奏する



12月3日(土)横浜エアジン 

クリス・カトラー&ユミ・ハラ with 須藤俊明(b)


open 19:00, start 19:30 adv.3000円 door 3500円 (+ Drink order required)
〒231-0013 横浜市中区住吉町5-60 
http://umemotomusica.jugem.jp/ 045-641-9191

ユミの来年完成予定の2ndソロアルバムからのプレミアや数だけで構成された新曲含む怒涛のプログラムでおとどけします!!
石橋英子、ジム・オルークらのベーシストとして、またMachine and the Synergetic Nutsのドラマーや現ナスカ・カーの「音楽的な部分を主として受け持っている」マルチプレイヤーとして名高い須藤俊明が昨年に続いて参加します!
c0129545_22164372.jpg

















12/4(日)
東京千駄木Bar Isshee

ワークショップ&ライヴ クリス・カトラー&ユミ・ハラ


13:00-16:00 楽曲分析解説とワークショップ、17:00 ライヴ
文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階
http://www.bloc.jp/barisshee/
c0129545_22122788.jpg














第1部 13:00-16:00 リンジー・クーパー作品分析解説とワークショップ (聴講見学のみの方も参加可能)では

クリス・カトラーとユミがHenry Cowのために書かれたHalf the Skyなど難曲の作品の拍子のとり方や演奏方法の変遷などを解説し、
その謎に迫る。楽器を持参される方は一部一緒に演奏、演奏されない方も拍子を一緒にとるなどにより、一層理解と鑑賞が深まる
のを目指す。また、今やロック・イン・オポジショナーのアンセムとなった、News from BabelのAnno Mirabilisを全員で歌う
第2部 17:00- ライヴではカトラー&ユミがリンジー作品を中心に演奏。

★第1部予約者には予習用楽譜を事前にメール添付ファイルで配布いたします。メールの添付ファイルが見られない方は予約時に住所を記載していただければ郵送、もしくはお店に取りに来ていただくことも可能です。

【参加費】 ワークショップ参加+ライヴ(要予約):5000円+バーチャージ500円+2ドリンクオーダー
ワークショップ聴講見学+ライヴ: 3800円+バーチャージ500円+2ドリンクオーダー
ライヴのみ: 3000円+バーチャージ500円+1ドリンクオーダー

【ご予約方法】 「12/4ワークショップ予約」のタイトルで フルネームと参加/見学のどちらか、参加の場合は持参楽器名を明記の上
barisshee@keh.biglobe.ne.jp にメールでお申し込みください。携帯からの方は、PCからのメールを受け取れるようにしておいてください。
予約締切は11月30日24時。それ以前でも定員になり次第締切ます.
楽器、機材は持ち込みとなります。
12/4ライヴのみ予約はタイトルを「12/4ライブ予約」とし、上記アドレスにフルネームと人数(最大2名)をお知らせください。
予約締切は12月3日24時 それ以前でも定員になり次第閉め切ります

12月5日(月)所沢MOJO 

クリス・カトラー&ユミ・ハラ with 須藤俊明(b)


open 18:30, start 19:30 adv.3000円 d
3500円

埼玉県所沢市東住吉7-9 T.ingビル201 
http://mojo-m.com/  04-2923-3323
 

ユミの来年完成予定の2ndソロアルバムからのプレミアや数だけで構成された新曲含む怒涛のプログラムでおとどけします!!
石橋英子、ジム・オルークらのベーシストとして、またMachine and the Synergetic Nutsのドラマーや現ナスカ・カーの「音楽的な部分を主として受け持っている」マルチプレイヤーとして名高い須藤俊明が昨年に続いて参加します!

c0129545_22202401.jpg





















終了日程ーーーーーーーーーーーー


10月21日(金)大阪北堀江FUTURO Yumi Hara solo
(ハモンドオルガン、ハープ、歌)
大阪市西区北堀江1-15-18 tomtom2 1F

http://futurolive.exblog.jp

予約:06-6532-5830 または jakocro@yahoo.co.jp に 「ユミ・ハラ予約」の件名で人数をお書き添えください

open 19:00 start 19:30, adv. 2000円 door 2500円

The Artaud Beats/Half the Sky/Dollhouse Residentsなどで知られる英国在住のキーボード奏者ユミ・ハラがこんなもん普通弾き語るかという曲の数々をお店のハモンドと持参のハーブで弾き語ります。普通ソロでやるかっていうインストもやります。
{おにぎり販売あります}
c0129545_22354605.jpg

10月22日(土)近江八幡 サケデリックスペース酒游舘 Yumi Hara & Haco (solos and duo)
open16:30 start 17:00 end 19.00  adv. 3000円  door 3500円 (ドリンク付 地酒のみおかわり自由)
終演後 囲む会 19.30 要予約会費3000円(郷土料理、ソフトドリンクつき) アルコール類はキャッシュ・オン・デリバリー
〒523-0862 滋賀県近江八幡市仲屋町中21 0748-32-2054 http://www.shuyukan.com/

c0129545_22363729.jpg

10月23日(日)神戸BIG APPLE "Sound conversation"

Yumi Hara & Haco (duo), 「打音のバラード」(横沢道治、ワタンベ), BMC (ex Black Mountain College)
koen (Calligraphy, Painting) ...

open 18:30 start 19:00 adv. 2300円 door 2500円 (+ Drink order required)
〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目14-14 ト-アハイツB-1 http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/
ご予約: big-appleアットマークi.bekkoame.ne.jp 078-251-7049

FBイベントページ: https://www.facebook.com/events/155497534902395/
c0129545_22371901.jpg

 
10月24日(月)横浜エアジン ユミ・ハラ 恒例『休日返上LIVE!!』 
ヨッシーYUMI山 
(吉田達也、ユミ・ハラ、ホッピー神山)『ネオヴィコードお披露目LIVE!!!』
open 19:00, start 19:30 adv.2500円 door 3000円 (+ Drink order required)
〒231-0013 横浜市中区住吉町5-60  http://umemotomusica.jugem.jp/ 予約 045-641-9191
ネオヴィコード:神奈川工科大学にて開発中の電気クラヴィコード。クラヴィコードは唯一ビブラートやポルタメントが可能な鍵盤楽器で、ユミはクラヴィコードが大好きで2台も自宅に所持しているのですが音が小さすぎるのと重過ぎるのでライヴでは使ったことがありません。電気化されたネオヴィコードはユミにとってまさしく夢の楽器なのです。当日神奈川工科大学からネオヴィコードが運び込まれ、ユミとホッピーがネオヴィコードとグランドピアノを弾きまくります。https://www.kait-acoustics.jp/neovichord/
c0129545_07123999.jpg

10月26日(水)春日井高蔵寺 Cafe 花音 -kanon- Yumi Hara solo / 小向サダム solo <同時開催:宮地リエ 悪巧みヌコ展・どうぞよろしくニャー!」ヌコグッズも買えるニャ~

open 18:30, start 19:30 2500円
愛知県春日井市高蔵寺町2丁目48番2
, 0568-37-0685, cafe.kanon.taizo@gmail.com http://cafekanontaizo.wixsite.com/cafekanon
c0129545_07171170.jpg
c0129545_07180416.jpg

10月28日(金)東京 江古田 カフェ フライング・ティーポット ハラ・ユミ(key)/石原雄治(dr)/山下渉(g)

同時開催 山下カエル写真展2016 (10.19-10.31)
20:00, 2000円+order

〒176-0006 東京都練馬区栄町27-7 榎本ビルB1 03-5999-7971 http://www.geocities.jp/flyingteapot1997/index.html
c0129545_07205243.jpg

10月29日(土)
東京 神保町試聴室『魔女とファズ男』ユミ・ハラ+山崎怠雅 Yumi Hara + Taiga Yamazaki
open 18:00, start 18:30 adv. 2500円 door 2800円 (with 1 drink and snack!!)
東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階 
http://shicho.org/

山崎怠雅 Taiga Yamazaki(guitar, vo)
5月25日生まれの双子座。90年代半ばより音楽活動を開始。2002年よりギター弾き語りを始める。現在は弾き語りソロと並行し、自身のバンドである山崎怠雅グループ、なかおちさとの鳥を見た、ハナヲとのジンギス・パンチ、灰野敬二とのThe Hardy Rocks、福岡林嗣の魔術の庭、チバ大三とのサヴァン道などのバンドでも活動中。2014年にはミュージシャンが真に求めるケーブルやエフェクターを特別受注製作する「山崎ケーブル」を立ち上げたところ、マイク・ラトリッジの音のするキーボード用ファズを探していたユミとめぐりあったことをきっかけに今回のデュオ共演となる。

c0129545_07183419.jpg
10月30日(日)
東京 HEAVEN青山 :HIGH BRIDGE presents 『天国への架け橋』Dollhouse Residents (Yumi Hara 宮崎理絵、Emmy☆Kunokovic) , イトギクモナカ (出雲麻紀子、鵜飼桃子)+フェイターン
open 18:00, start 18:30 adv. 2500円 door 3000円 (+ drink order required)
aoyama@caparvo.co.jp 03-6447-0558 http://www.heaven-aoyama.jp/

〒107-0061 東京都港区北青山2-7-29 WEEZ北青山ビル地下2F


c0129545_07200933.jpg
10月31日(月)阿佐ヶ谷イエロービジョン Yumi Hara (Key, vo), ルイス稲毛(b), 長部悠也 (dr, ex-煙客)
Open 19.00 Start 19.30, adv.2500円 door 2800円 
ソフトマシーン的即興とソフトマシーンカバーでお送りするキーボード、ベース、ドラムスのソフトマシーン的トリオの一夜 長部くんはReR Quarterly をレコメンの「機関誌」だと思っていたという頼もしい若者です!!(季刊誌ではなく) 
ご予約:yellow_vision@lake.ocn.ne.jp  http://www.yellowvision.jp/1610.html
<スペースに限りがございますのでございますので、ご予約を強くおすすめいたします>
c0129545_07132009.jpg

11月11日 London, 220 The Venue ESP Album Launch Tony Lowe, Mark Brzezicki, David Cross, David Jackson, Phil Spalding, Steve Gee, John Beagley, John Young, Alison Fleming, Yumi Hara (harp), Pat Orchard
tickets: https://www.ents24.com/london-events/229/tony-lowe/1073785097
http://sunncreative.com/latest/esp-a-prog-rock-tour-de-force/
229 Great Portland Street, W1W 5PN London, United Kingdom

c0129545_07441990.jpg



<撮影、録画、録音について> いつものユミ関係のライヴと同条件です、よろしくお願いいたします!
写真撮影、ビデオ録画、録音は、ただちにデータを無条件、無償でお渡し下さる方に限り許可いたします。データがSDカードに記録される場合は当日その場でユミにお渡し下さい。データコ ピー後、郵便にて返送いたします。それ以外の記録媒体の場合はデータディスクに 落としてなるべくお早めにユミのロンドン住所にご郵送下さい。 インターネットへのアップなどは必ずご連絡下さい、ほとんどの場合不許可にはしませんので、安心してご連絡下さい。
写真撮影に関して:フラッ シュ使用は厳禁です。一眼レフは大きい会場で音が大きい場合、あるいは消音カバー使用など以外はご遠慮下さい。小さめの会場で、静かな場面での一眼レフカ メラの使用は厳禁です。シャッター音が他のお客様のご迷惑になります。コンデジとかの場合、シャッター音とAF補助光(ピントを合わせる際にオレンジに光 るやつ)が出ないように設定して下さい。
ただちにデータを無条件、無償で提供して下さる方以外の撮影、録画、録音は厳禁です

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-10-02 06:05 | Gig dates ライヴ日程
Half the SKy: Music of Lindsay Cooper 2016 東京公演決定! 

Half the SKy: Music of Lindsay Cooper 2016 東京公演決定! 


c0129545_15523575.jpg


フランス合宿を経てRock in Opposition France 2016のベストライヴと絶賛され世界のリンジーファンを感動させたHalf the Skyがさらにパワーアップして2度目の東京公演を行います! 

11月30日ー12月2日の3Days, 日替わり企画も進行中 

リンジーの曲を一緒に演奏するワークショップは12月4日バーいっしーにて。


11月30日(水)12月1日(木)2日(金)
東京秋葉原 GOODMAN 
19:00 open 19:30 start 
前売4300円 当日4800円(ドリンク別500円) 

http://clubgoodman.com/
<会場禁煙です>

ユミ・ハラ Yumi Hara (p, harp, vo)
クローイ・へリントン Chloe Herington(bassoon,sax)
こぐれみわぞう Miwazow Kogure (ching-dong perc, koto, vo)
クリス・カトラー Chris Cutler (d)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (cl,sax)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b)


[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-09-26 15:56 | News ニュース
あけましておめでとうございます
皆様、あけましておめでとうございます、
今年もどうぞよろしくお願いいたします!!

2015年はセカンドソロアルバムのためのレコーディングで幕を開け、
大きなイベントだけでも
3月にHacoさんがロンドンにいらしてUELでワークショップ&ライヴをご一緒し
5月には坂元健吾さんと上地一也さんがロンドンにいらして沖縄音楽シーンに関するトークとライヴを一緒に企画
5月にはデヴィッド・クロスのCD「スターレス・スターライト」のロンドンレコ発コンサートの仕切りと出演
6月はアルトー・ビーツの初スタジオアルバムのリリースとパリでのレコ発
8月はガイ・ハリーズとのセカンドデュオアルバム「WHEELS within WHEELS」のリリースとJump for Joy!でのスウェーデンでのフェスティヴァル出演、
秋にドールハウス・レジデンツ+佐藤行衛 日本ツアー
そしてカトラー&ユミ デュオとHalf the SKyの日本ツアーで締めくくった感じでしたが
Half the SKyのためのリンジー・クーパー作品のアレンジし直しと世界初演曲の採譜に予想以上の時間がかかり、また自分史上最大の練習量を必要としたため、年初から始めたソロアルバムが全く進行せず、2016に持ち越しとなりました。

リンジー・クーパー・プロジェクトが終わったら即ソロアルバムに専念するのだ!と思っていたらなんとHalf the SkyのRIO2016出演が決定、しかもダグマー・クラウゼつき、ついでにJump for Joy!も、でこれらのプロモマテリアルの制作に追われている新年となっております。。。うれしい悲鳴状態ですがどうなりますことやら。。。セカンドソロお待ちの皆様、どうか気長にお待ちくださいませ。

それからyou me & usのRain Checkをお持ちの皆様
残念ながらRain Checkを使う機会はなくなってしまいましたが、どうかまだ大事に取っておいてくださいませ、なんらかの記念品をプレゼントさせていただくことを考えています。こちらもどうか気長にお待ちくださいませ。

2016年で今のところ決定しているライヴは4つで、

最初は2月3日に勤務先のUEL (イーストロンドン大学)にカトラー先生を迎えて、教え子20名と先生と同僚のガイ・ハリーズと共に先生のインストラクション・ピースとアール・ブラウンのグラフィックスコアを演奏。

2月26日はアルトー・ビーツで初めてデンマークでコンサート。コペンハーゲンウィンタージャズフェスティヴァルの一環だそうです。

9月17日はJump for Joy!で18日はHalf the Sky、どちらもフランスのRIOフェスティヴァル。

現時点では日本行きの予定はまだたっておりませんが、なんとかソロアルバムレコ発ツアーを年内にはやりたいと思っております。そのほかご提案、オファーございましたらお気軽にお知らせくださいませ。
それでは本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます!

c0129545_17523038.jpg
c0129545_17535990.jpg

c0129545_1753378.jpg
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-01-02 17:58 | News ニュース
Half the Sky リンジー・クーパー・トリビュート+ ありがとうございました
無事ロンドンに帰ってまいりまして即爆睡、起きたら14時間経っておりました。。。お越しくださったお客様、物販物をお買い上げくださった皆様、会場の皆様、物販、ローディー、撮影その他もろもろお手伝いくださったボランティアスタッフの皆様(そうなんです、スタッフ全員ボランティアなんです!)、そして一緒に演奏してくださったミュージシャンの皆様、ほんとうにほんとうにありがとうございました!

c0129545_214390.jpg
photo by Hiromoto Ohira

 今回のツアーの目的は、Half the Skyに関しては、英国の女性作曲家リンジー・クーパーの作品を日本初演すること、また世界初演曲も演奏すること、それによってもっと彼女の作品がたくさん演奏されるように、たくさんの人に聴いてもらえるようにすること
リンジー・クーパーの意思をついで女性ミュージシャンの認知度を向上させること
日英のミュージシャンが共演して両国の音楽家同士の交流を深めること
などが主なものですが、これらはHtSコンサートそのもののみならず、シカラムータが年末のライヴでリンジーの曲を2曲セットリストに入れることになり、予想以上の成果がありました。

c0129545_1433318.jpg
photo by Telle Kumazawa

 HtS以外のカトラー&ユミ日程に関しては、今まで行ったことのない仙台と郡山での地元そして遠方からのミュージシャンとのライヴ、特に郡山では若い世代のミュージシャンとファンとの交流があり、お互いにとって非常に有意義なものになりました。所沢と横浜は須藤俊明さんが私とクリスのみならず梅津さん鬼怒さんとも初共演で、われわれ共演者のみならずお客様に大変な衝撃を与え、ものすごい演奏となりました。最終日リンジートリビュート後夜祭は、ワークショップでは参加者があっという間にSlice, Waited, Anno Mirabillisをマスター、私、クリス、大熊の3人でのHenry Cowの’Half the Sky’演奏とともに夜のライヴでの披露となりました。これもリンジー作品がもっとたくさん演奏されるようにする、ということでは予想以上の成果であります。トークでは大熊さんが面白い話をクリスからたくさん引き出してくださり、てんこもり大充実の一日となりました。

c0129545_1581462.jpg
workshop photo by Naoko Watanabe

 仙台、郡山以外はオーガナイザーなしですべて自分たちだけで企画実行いたしましたので何かと至らない部分は多々ありましたし、心身ともに大変なことや共演の皆様にあれだけの努力と演奏に見合ったレベルの報酬が支払えない金銭的現実ではありますが、ともあれ、目的は達成し、それ以上の成果をあげることができたことに、改めて皆様にお礼と感謝の気持ちを表したく思います。本当に本当にありがとうございました。

HtSに関して現時点ではまだ詳細は述べることはできませんが、海外のフェスティヴァルから打診が入っております。今後の展開にもご注目くださいませ。

c0129545_144134.jpg

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-12-09 02:00 | Chris Cutler & Yumi