タグ:Chris Cutler ( 22 ) タグの人気記事
2017年11月下旬-12月上旬
年末にむかっての予定ですが

2 Dec 2017, Sakedelic Space Shuyukan, Oumi Hachiman, Yumi Hara, Chris Cutler & Tim Hodgkinson
3 Dec 2017, Takamatsu, Yumi Hara, Chris Cutler & Tim Hodgkinson

だけ日程決定したところです
ホジキンスン先生何十年ぶりかの来日となります
11月24日ごろから12月4日ごろまでのスケジュールを考えています
私事の事情で7月に入ると全く仕事ができませんため、今から今月末ぐらいまでには日程固めてしまうつもりですのでオファーはお早めに!!

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-06-15 08:35 | Performance ライヴ関係のお話 | Comments(0)
Half the Sky: Music of Lindsay Cooper
c0129545_06211771.jpg
22 June 2017, Cafe OTO, London, 19.30 https://www.cafeoto.co.uk/events/half-the-sky/

25 June 2017, Avantgarde Festival, Schiphorst, Germany, 14.15 http://www.avantgardefestival.de/TICKETS.html

Half the Sky: Music of Lindsay Cooper (Yumi Hara, Chris Cutler, Miwazow, Wataru Ohkuma, Mitsuru Nasuno, Chloe Herington, Dagmar Krause)
plus DJs (at Cafe OTO only)
James Larcombe (North Sea Radio Orchestra, William D. Drake, Stars In Battledress etc)
Marina Organ (The Other Rock Show)

‘… a solid ensemble with the music perfectly rehearsed but also with an unusual warmth ...…a very emotional finale to the festival...' Victorio Calvo

ABOUT LINDSAY COOPER:Lindsay Cooper (1951-2013) brought the bassoon and the compositional techniques of 20th century art music into the world of ‘70s experimental rock. She was a musical polyglot, equally fluent in classical, rock, jazz, and free improvisation and the author of many film and theatre soundtracks. She was a member of the groups Comus, Henry Cow, National Health, David Thomas and the Pedestrians and the Mike Westbrook Orchestra. She co-founded News from Babel and the Feminist Improvising Group and led her own projects Music for Films and Oh Moscow. She lived for many years with multiple sclerosis, which eventually forced her to retire from performing in the 1990s.

PROGRAMME:A selection of Lindsay’s compositions for the groups Henry Cow and News From Babel and Music for Films, 1978 – 1982.

ENSEMBLE:
Yumi Hara: arrangements, piano, keyboards, lever harp, voice (The Artaud Beats, you me & us, Jump for Joy! etc)
Miwazow: koto, ching-dong percussion, voice (CICALA-MVTA)
Chlöe Herrington: bassoon, soprano sax, melodica (Knifeworld, Chrome Hoof, VÄLVĒ)
Dagmar Krause: voice (Henry Cow, News from Babel, Slapp Happy etc)
Wataru Okhuma: alto sax, clarinet (CICALA-MVTA)
Nasuno Mitsuru: bass (Korekyojinn, Altered States, etc)
Chris Cutler: drums (Henry Cow, News from Babel, The Artaud Beats, etc)

HISTORY:
In 2013, soon after Lindsay Cooper passed away, Matthew Watkins made a call for arrangements of her mini-composition Slice for a special edition of his podcast ‘Canterbury Sans Frontières: Episode 8’. I made a transcription of the piece and recorded it for solo clavichord. Chris Cutler and I also played it in Japan and NY. A little later, inspired by the three memorial concerts Chris Cutler organised in 2014 with the original bands, I put Half the Sky together to play Lindsay’s music in Japan. The gender split follows Lindsay’s general practice and the example of the original bands - Henry Cow (50% female) and News from Babel (75% female).

SOURCES:
With the exception of Slice, it was only after - and because of - the 2014 concerts that any working scores for the Henry Cow pieces became available, having been painstakingly assembled from Lindsay’s notebooks, original band-members’ surviving parts and careful analysis of the recordings. A handful of the News from Babel songs – none of which had ever been performed live – had already been reconstructed for the memorial concert by Zeena Parkins; the rest I had to work out from scratch – as well as rearranging everything for a mixture of occidental and oriental instruments. This programme is approached very much as a music of the present - and not as an academic reconstruction. (YH)

photos and audio/video recordings policy for Half the Sky:
Members of audience are allowed to take photos and make audio/video recordings as long as they:

don't use flash and make any shutter sound
don't cause any disturbances for other members of audience (i.e., no standing and walking around)
give us raw data immediately and allow us to use the data whatever we like for no charges
don't sell
if they want to upload on the internet, they must let us know and if we don't like, they must take them down



‘Women hold up half the sky’ Mao Tse Tung

https://www.facebook.com/halfthesky


At our forthcoming London (22 June) and Schiphorst (25 June) performances, we will be playing UK/Germany premieres of News from Babel pieces including Dry Leaf, Arcades, Heart of Stone, Banknote and Auschwitz/Babel which were transcribed by myself and specifically arranged for Half the Sky which includes Japanese instruments (koto and ching-dong percussion) and three parts vocal harmony by Dagmar Krause, こぐれ みわ and myself, not only truthfully recreating the original multi-track recording, but also extending it...you have never heard anything like this...don't miss!!

Now we are very pleased to announce that we will have brilliant DJs to set the mood and atmosphere, before, after and in between our sets...and not too loud so that the music will not intervene your socialising (well, this will surely become a big socialising opportunity for our audience!) ... Please welcome Marina Organ of The Other Rock Show (Resonance FM) and James Larcombe of Stars In Battledress, North Sea Radio Orchestra, William D. Drake, etc! Expect music that you want to hear but "The music the record companies don't want you to hear", of course
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-06-13 06:24 | Half the Sky | Comments(0)
物販物のおしらせ
皆様お待ちかね本日からの日本日程での物販のブツのお知らせです

1.NEW!! 「CC2 100」CDJAPAN16CDR 
LIMITED EDITION OF 100 SIGNED COPIES JAPAN 2016
2000円
c0129545_02281713.jpg


今回の来日のために特別に作られたカトラー先生未発表秘蔵音源集 1998年に日本で行われたクリス・カトラー初のソロライヴをはじめ最近にいたるまでのさまざまなライヴやスタジオ音源が収録された、100枚限定自筆サインが盤面とジャケットに入ったナンバー入りCDR。自分でプリントして自分で切ったジャケット、その解説も自分で書いてます。指紋もついちゃってます(ついてない場合はつけてくれると思う)

2.CC 100 2000円
昨年の来日の際新発売だったカトラー先生未発表マル秘音源集100枚限定自筆サインが盤面とジャケットに入ったナンバー入りCDR。
ヒュー・ホッパーのデュオや大人数ファズオルガンアンサンブルとかいろんなのが盛りだくさん
ファン必聴

3.Bat Pullover Jump for Joy! LP3500円 CD2500円
ユミ、カトラー、ジェフ・リーのアルトー・ビーツチームにペロン、ザッピ、ジェラルディンのファウスト軍団が合流し、物凄いことになっているスウェーデンでのライヴアルバム。
LPは透明ホワイト180g盤豪華4ページブックレットつき。CDはデジパック豪華16ページブックレットつき、ボーナストラック入り(アンコールでやったファウストの曲です)

c0129545_02420354.jpg
4.NEWS from BABEL 3枚組ミニボックスセット 5000円
2枚の正規盤プラスなにやら美しい透明盤面にプリントの入った1曲入りのボーナスCDが入ったもの。
Half the Skyが演奏するNews from Babelのレパートリーは全て入ってます

5.CASSIBER 3枚組 5000円
CASSIBERのボックスセットの中から正規盤部分を取り除いたもの、つまりすべてすでに持ってる人におすすめ

6.Henry Cow Box その1その2その3各1万円ですが全部買ってくれた人には先生がおまけをしてくれる。(過去の例ではなにかをぽ~んとくれちゃったりあっと驚くディスカウントをしてくれたのを目撃)なので、大物を買おうか迷ってる人にはチャンス。

あと以前ももってきてますが、
7、Henry Cow 秘蔵音源集 こけむした靴下(がジャケットなので私はそう呼んでいる)
8、File under Popular英語版
9、The Artaud Beats LOGOS
10、you me & us Poesy at Play
などひとそろい持っていきます

皆様よろしくお願いいたします!!

11月29日荻窪ルースター カトラー&ユミwith須藤俊明
11月30日秋葉原グッドマン Half the Sky (オープニング:みわぞうsingsブレヒト)
12月1日秋葉原グッドマン Half the Sky (オープニング:カンタベリー名曲集Part 1)
12月2日秋葉原グッドマン Half the Sky (オープニング:カンタベリー名曲集Part 2)
12月3日横浜エアジン カトラー&ユミwith須藤俊明
12月4日午後千駄木バーIsshee リンジー・クーパー ワークショップ&トーク
 夕方 カトラー&ユミ デュオ
12月5日所沢MOJO カトラー&ユミwith須藤俊明






[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-11-29 02:34 | Chris Cutler & Yumi
Half the SKy: Music of Lindsay Cooper 2016 日替わりオープニング決定!
★日替わりオープニング決定しました!

11月30日 <みわぞうsings ブレヒト> こぐれみわぞう、大熊ワタル、清水一登
12月1日 <カンタベリー名曲集 part 1> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
12月2日 <カンタベリー名曲集 part 2> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky

1日目はみわぞうファンにひとつぶで2度おいしすぎる<みわぞうSingsブレヒト>
2日目と3日目はオルガン音色とピアノ音色が同時進行することの多いカンタベリーの名曲をユミと清水一登さんのデュオを中心に、Half the Skyのメンバーも加わって日替わりでおおくりします

Half the Sky: Music of Lindsay Cooper

c0129545_20223284.jpg



























c0129545_20224852.jpg

































ユミ・ハラ Yumi Hara (p, harp, vo)
こぐれみわぞう Miwazow (ching-dong perc, koto, vo)
クローイ・ヘリントン Chloe Herington (Bassoon, soprano sax, melodica, vo, from Knifeworld)
大熊ワタル Wataru Ohkuma (cl, b,cl)
ナスノミツル Mitsuru Nasuno (b)
クリス・カトラー Chris Cutler (d)
special guest 清水一登 Kazuto Shimizu (key, vo)

2016 11/30(水)12/1(木)12/2(金)<全日程禁煙です>
19:00 open 19:30 start 前売4300円 当日4800円 
http://clubgoodman.com/

★ご予約はこちら:
11/30 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12887
12/1 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12898
12/2 http://www.clubgoodman.com/blog/?p=12907

プレイガイドは、イープラスにて。

★リンジー・クーパー (1951-2013)が作曲したヘンリー・カウと、今やロック・イン・オポジショナーの
アンセムとなった「アンノ・ミラビリス」をはじめとするニュース・フロム・ベイベルの珠玉の名曲に
ミュージック・フォー・フィルムズのレパートリーを加え、
英ガーディアン紙2016年上半期ベストアルバムKnifeworldのバス―ン奏者クローイ・ヘリントンを迎え、
ロック・イン・オポジション フランス2016で「ベストライヴ」 「ソリッドなアンサンブルというだけではなく、
まれにみる暖かさにあふれた演奏」と絶賛を博し 主催者をはじめ多くの聴衆の感涙を誘ったHalf the Sky:
あの感動をふたたび…

★日替わりオープニング:
11月30日 <みわぞうsings ブレヒト> こぐれみわぞう、大熊ワタル、清水一登
12月1日 <カンタベリー名曲集 part 1> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
12月2日 <カンタベリー名曲集 part 2> ユミ・ハラ&清水一登 + members of Half the Sky
東京秋葉原CLUB GOODMAN 19:00 open 19:30 start
前4300円 当4800円 (ドリンク別500円)
千代田区神田佐久間河岸55 ASビルB1F  tel: 03-3862-9010 www.clubgoodman.com

★12/4(日) ワークショップ&ライヴ クリス・カトラー&ユミ・ハラ
東京千駄木Bar Isshee 13:00-16:00 楽曲分析解説とワークショップ、17:00 ライヴ
文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階

第1部 13:00-16:00 リンジー・クーパー作品分析解説とワークショップ (聴講見学のみの方も参加可能)では
クリス・カトラーとユミがHenry Cowのために書かれたHalf the Skyなど難曲の作品の拍子のとり方や演奏方法の変遷などを解説し、
その謎に迫る。楽器を持参される方は一部一緒に演奏、演奏されない方も拍子を一緒にとるなどにより、一層理解と鑑賞が深まる
のを目指す。また、今やロック・イン・オポジショナーのアンセムとなった、News from BabelのAnno Mirabilisを全員で歌う
第2部 17:00- ライヴではカトラー&ユミがリンジー作品を中心に演奏。

【参加費】 ワークショップ参加+ライヴ(要予約):5000円+バーチャージ500円+2ドリンクオーダー
ワークショップ聴講見学+ライヴ: 3800円+バーチャージ500円+2ドリンクオーダー
ライヴのみ: 3000円+バーチャージ500円+1ドリンクオーダー
【ご予約方法】 「12/4ワークショップ予約」のタイトルで フルネームと参加/見学のどちらか、参加の場合は持参楽器名を明記の上
barisshee@keh.biglobe.ne.jp にメールでお申し込みください。携帯からの方は、PCからのメールを受け取れるようにしておいてください。
楽器、機材は持ち込みとなります。
12/4ライヴのみ予約はタイトルを「12/4ライブ予約」とし、上記アドレスにフルネームと人数(最大2名)をお知らせください。

★リンジー・クーパー (1951-2013) について: バスーン、サックス奏者、作曲家、即興演奏家。
Comus、Henry Cow、Mike Oldfield、Hatfield and the North、National Health、Egg、Mike Westbrook などと活発に活動していたが
90年代から多発性硬化症の闘病生活に入り、2013年に惜しくも他界。

★Half the Skyについて:
リンジー・クーパーが初めてHenry Cowのために書いた曲名で、
ゆっくりとした中間部はティム・ホジキンソンの作。
「空の半分は女性が支えている」という意味。
2013年、リンジー・クーパーが亡くなった直後、マシュー・ワトキンス
のポッドキャスト「Canterbury Sans Frontieres 国境なきカンタベリー:
Episode 8」で彼女の追悼のため「Slice」のアレンジが募集された。
これに応じたユミがクラヴィコードソロで録音し、放送される。
これがユミの初のリンジー作品のアレンジ、演奏となった。
2014年、英国とイタリアで主にリンジーゆかりの人々による
追悼コンサートが開催され、このとき演奏された曲のベーシックな譜面は
Henry Cow 作品は主にティム・ホジキンソン、News from Babel作品は
ジーナ・パーキンスによって作成された。
これと前後して日本初のRIO(ロック・イン・オポジション)JAPANフェスで、
RIO創始者のクリス・カトラーが「日本勢、特に女性ミュージシャンたちが素晴らしい」と激賞。
このふたつの出来事にヒントを得て、ユミはリンジー作品を後期Henry CowやNews from Babelのように少なくとも半数以上が
女性ミュージシャンのバンドで演奏することによりリンジー・クーパーとその作品に敬意を表することに思い至った。
このプロジェクトのためユミは2014年に作成された譜面を完全に書き直し、2014年には演奏されなかった曲も譜面に起こし、
2015年末にコンサートのタイトルをHalf the Skyとして大阪、名古屋、東京でリンジー・クーパー・トリビュート・コンサートを開催した。
その成功を受けてRIO フランス2016に招聘されたが、この時よりKnifeworld, Chrome Hoofのバスーン奏者クローイ・ヘリントンが
参加し、コンサートのタイトルであったHalf the Skyは正式にバンドの名称となった。

★演奏曲目について: 主にリンジー・クーパーがHenry Cowと News from Babelのために書いた作品と、
今回初めてMusic for Films (The Golddiggersより) の曲も演奏予定。

★オープニングについて: 清水一登氏をゲストに招き、初日は「みわぞうsingsブレヒト」、そして2日目と最終日はピアノ音色と
オルガン音色が共存することの多いカンタベリー系名曲の数々をユミとのデュオを軸に他のメンバーも加わって日替わりで演奏する

★詳細アップデートは: www.facebook.com/halfthesky http://yumihara.exblog.jp/
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-11-07 20:46 | Half the Sky
12月6日 リンジー・クーパー・トリビュート後夜祭@Bar Isshee
c0129545_1185327.jpg
12月6日 リンジー・クーパー・トリビュート後夜祭@Bar Issheeのごあんないです。
至近距離でカトラー・ドラミングの謎を解明するチャンスとともに、リンジー作品の謎解明も可能、大熊ワタルが二人に聞きだしたい話を聞きだす企画などマニアにはまたとないチャンスです。ちなみに当日カトラー先生使用のドラムキットはるしろうの菅沼さんご提供のすばらしいセットでございます

第1部 午後2時 ユミ&カトラーの即興演奏ワークショップ(体験会)
4500円+バーチャージ500円+ドリンクオーダー
夜のライブも観られる方(予約者限定)は6500円+バーチャージ500円+ドリンクオーダー
参加資格は特にありません。ぜんぜんこわくないですよ~ ユミとカトラー先生と楽しく演奏いたしましょう。楽器、機材は持ち込みとなります
ご要望がございましたらリンジー・クーパー作品の解説、体験演奏なども可能です。現在のところゴングの曲のリフを使うという案が参加希望者から出ています(ユミ&クリスはyou me & us他でゴングの曲をよく演奏しています)

【ご予約方法】(下記注意事項をよくお読みください)
・予約受付メールアドレス:barisshee@keh.biglobe.ne.jp
タイトルを「12/6ワークショップ予約」とし、
下記アドレスに氏名(フルネーム)と持参楽器をお知らせください。
barisshee@keh.biglobe.ne.jp
定員(10名予定)になり次第予約締め切りとなります

第2部 午後7時 ユミ&カトラーのライヴ(ゲストパフォーマーありかも)
休憩をはさんでリンジー・クーパー・トリビュートのメンバーである大熊ワタルによるインタビュー形式のユミ&カトラーのトークがあります。お客様からのQ&Aコーナーももちろんございます
予約3000円 当日3500円+バーチャージ500円+ドリンクオーダー
午後のワークショップを受けられる方(予約者限定)6500円+バーチャージ500円+ドリンクオーダー

【ご予約方法】(下記注意事項をよくお読みください)
・予約受付メールアドレス:barisshee@keh.biglobe.ne.jp
タイトルを「12/6ライブ予約」とし、上記アドレスに氏名(フルネーム)と人数(最大2名)をお知らせください。
整理番号を返信いたします。
メールにてご予約、整理番号順の入場となります。
携帯からメールされる方は、PCからのメールを受け取れるようにしておいてください。
座席に限りがあります(最大25席)。

Bar Isshee​ 文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階
千代田線千駄木駅徒歩2分、団子坂下交差点すぐ
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-11-25 01:18 | Chris Cutler & Yumi
6月5日アルトー・ビーツ レコ発パリ近郊Le Triton 5 June The Artaud Beats LOGOS launch at Le Triton
というわけで明日ユーロスターでパリに向かいます
ユーロスターに乗るのは初めてなのでちと緊張ちう
車内でLOGOS日本仕様用の歌詞の日本語訳作業をカトラー先生に相談しながらやる予定
[日本仕様には歌詞対訳はつかないことになりましたが、後日こちらにアップしますね]
昨年11月のRIO JAPAN以来のABのライヴなので楽しみ~

I will be leaving for Paris tomorrow by Eurostar
This is the first time I use Eurostar, so a bit nervous...
I will work on Japanese translation of the text of LOGOS for Japanese version of the CD with cc in the train
It is the first AB gig after RIO JAPAN in Nov 2014, so really looking forward!

c0129545_196178.jpg

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-06-03 19:01 | The Artaud Beats
11月8日(土)カトラー史上初の特別企画 クリス・カトラー&ユミ・ハラ セッションワークショップ ソフト・マシーン、ロバート・ワイアット、ゴング、ヘンリー・カウをご一緒に! 見学もできます
カトラー&ユミが、you me & usやデュオおよびさまざまな共演で演奏してきた、ソフト・マシーン、ロバート・ワイアット、ゴング、ヘンリー・カウ、ユミオリジナルをはじめとする定番歌もの曲ものを、即興的に参加者の皆様と一緒に演奏する、カトラー史上初の特別企画です。曲ものではなく即興演奏での参加でもかまいません。
ドラムセット2台ご用意いたしますのでドラマーの方も先生と一緒に演奏できます。
リスナー参加も可。
軽食とアルコールも含む飲み物つきですので、セッションバーの雰囲気でお気軽にご参加ください(といっても先生なだけにお気軽にと言われましても、というのもわかりますが、笑、怖くないですよ、という意味です、笑)
現時点で可能性のある曲は下記のとおり、参加希望曲が特にあればお申し出ください。カトラー&ユミは完コピ状態の演奏はいたしませんので、原曲にご自身のパートがなくてもかまいません。逆に「ロン」しなくてもどんどん演奏しちゃうということもあります (なにせカトラー&ユミだけで、こんだけやっちゃう、ってこともあるぐらいですんで)。つまりネタを毎回違った状態に料理しながら即興演奏と渾然一体となって演奏する感じです。あと、ドラマーがリズムキープをしない状態というのを体験していただけます。いつもの即興ワークショップ同様、手数とか速く弾けるとかそういう意味でのテクニックは不要です

やる可能性の高そうな順に:
Steely Dan / Do It Again
Soft Machine / We did it again
Soft Machine / Box 25/4 Lid
Soft Machine / As Long As He Lies Perfectly Still
Robert Wyatt / Sea Song
Henry Cow / Slice
Robert Wyatt / Shipbuilding
Gong / Dynamite ~ I am Your Animal
The Artaud Beats / E=MC2
Yumi Hara / Plant(未リリース曲ですがすぐ覚えられます)
Yumi Hara / Cosmos Massive
Yumi Hara / Statement Heels
Yumi Hara / Baby Doll
Yumi Hara / 災後の子守唄
Matching Mole / O Caroline  
Soft Machine / Moon in June 
Soft Machine / Dedicated to You
Soft Machine / Facelift

c0129545_08541348.jpg
11月8日(土)14:00~18:00音楽スタジオ アフタービート 高円寺南口店 301スタジオ
東京都杉並区高円寺南4-34-14 http://www.after-beat.co.jp/studio/minami.html
※ワークショップについての申込・問い合わせは、 会場ではなく、TOAPP音楽事務所 MEW( andomew@nifty.com )までお願いいたします。

14:00 WS参加者・リスナー参加者とも集合、セッティング
14:30 セッションWS開始(適宜、休憩をはさみます)
17:45 セッションWS終了
18:00 撤収近隣にて打ち上げ懇親会

■参加条件1. 音楽演奏の経験がある方であれば、今回は広くどなたでも。
2. 楽器の持参が可能な方。 ギターアンプ4台、ベースアンプ2台、ドラム2セット、デジタルピアノ、 マイク、PAは会場にあります。
3. ボーカルも含め、楽器の指定はありません。
4. WS参加者募集人数は15名程度までとし、定員に達した時点で締め切ります。
5. WSの趣旨から、遅刻早退のないようにご参加ください。
6. リスナー参加者の定員は、会場のキャパシティから、若干名とさせていただきます。

■参加費(軽食とソフトドリンク/アルコール飲み物付き、税込)WS参加者:5600~16600円(参加者数により変動します)
リスナー参加者:3000円前後(参加者数により変動します)(打ち上げ懇親会は別途)

申込/問い合わせ/WS内容リクエスト:メールにて TOAPP音楽事務所 MEW( andomew@nifty.com )まで。
・件名を【11/8WS申込】または【11/8リスナー申込】としてください。
・お名前と電話番号(できれば携帯)を明記ください。
・WS参加者の方は、担当楽器(パート)を明記ください。
・リスナー申込の方は、人数を明記ください。
・ギターアンプ、ベースアンプについて 持参する予定の方は、その旨ご記載ください。 
予定はないが、持参「可能」な方も、その旨ご記載ください。 不足しそうな場合に、改めてご相談させていただきます。
※ メールを確認しだい、こちらから返信いたします。
※ すでに申し込まれた方は、少しお待ちください。個別にご連絡いたします。

■その他:・ユミが通訳いたします
・今回は軽食とソフトドリンクの他、軽いアルコール類もご用意いたします。 演奏に支障のない程度にお楽しみください。
・WSについてご希望のある方は、主催者までお知らせください。
・WS内容等について、会場への直接のお問合せはご遠慮ください。
・以上の告知内容は、変更する場合があります。
従来と形式は変わりますが、即興演奏の醍醐味は十分に体験していただけると思います。初めての試みでもあり、演奏同様、フレキシブルに進行してまいります。小さな会場・アットホームな雰囲気で、質疑応答や解説も随時織り込んでいただこうと思います。ご希望等にもなるべくお応えしますので、どうぞお寄せください(事前でも当日でも)。(MEW)

■ワークショップリーダー紹介:ユミ・ハラ Yumi Hara (key, vo)はロンドン在住の日本人ミュージシャン。ピアノサーカスなどに曲を提供する現代音楽作曲家であるとともに、2008年に元ソフト・マシーンのヒュー・ホッパーとアルバム「Dune」をMOONJUNEよりリリース、即興演奏でも知られるようになる。その後宮崎りえ、タバタミツル、渡邊靖之と「マンマル・マシーン」を、元ヘンリー・カウのクリス・カトラー、ジョン・グリーヴス、ジェフ・リーと「アルトー・ビーツ」を結成。2011年には吉田達也をゲストに迎えて初のソロアルバム「ステートメント・ヒールズ」をリリース。イーストロンドン大学音楽学講師。元精神科医という異色の経歴を持つ。 http://yumihara.exblog.jp/

クリス・カトラーは英国の演奏家、研究者、そして数々の先鋭的な音楽やサウンドアートを紹介してきたレコメンデッド・レーベル(ReR Megacorp)の主宰者である。70年代に実験的ロックグループHenry Cowのドラマーとして、「top-down」と彼自身が呼ぶ独創的なアプローチで知られるようになった。これはまずあるべき音を全体として想定し想像した上で、体の各部分をその音を作るために訓練するというものである。また彼は通常のドラムスティック以外のものを用いて叩くのみならずミュートすることによっても独特な音色を、そして音の強弱の徹底的なコントロールと極端なシンコペーションやリズムのバリエーションによって緊張感を創り出す。クリス・カトラー(英語) http://www.ccutler.com/ccutler/レコメンデッドレコーズ(クリス・カトラーが1980代から続ける自主レーベル)の購入はこちら http://www.locus-solus.co.jp/
c0129545_09021103.jpg

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2014-10-30 09:09 | Workshop ワークショップ
Chris Cutler & Yumi Hara / The Artaud Beats Japan Tour Dates クリス・カトラー&ユミ・ハラ / アルトー・ビーツ 11月日本ツアー全日程

SCROLL DOWN FOR ENGLISH

クリス・カトラー&ユミ・ハラ / アルトー・ビーツ 日本ツアー全日程<全会場禁煙です>

カトラー&ユミのライヴは例によってなんでもあり、小編成ならではの自由度高しのスリリングかつ楽しい演奏をお楽しみください

トークがある場合はライヴの後に行います。内容は毎回異なります ユミと先生の対話形式で随時ユミが通訳します Q&Aもあります

話してほしいテーマのリクエストありましたらご遠慮なくどうぞ

前回6月の秋葉原グッドマンでのトークの一部はこちらにアップしてあります こんな感じで難しいお話を和やかで楽しい雰囲気で進めてまいります:

http://youtu.be/RPpHYgF6Vyw



11月8日 クリス・カトラー&ユミ・ハラ 即興音楽ワークショップ 東京 音楽スタジオ アフタービート高円寺南口店 (ドラム2セット用意します)

ワークショップ14.00

申込・問い合わせは会場ではなくTOAPP音楽事務所MEW andomew@nifty.com にお願いいたします。

参加費(WSは軽食と飲み物付き、税込) WS参加者:5600~16600円(参加者数により変動します)ライブのみ観覧:3000円前後(参加者数により変動します) (打ち上げ懇親会は別途) お問い合わせお申し込み: andomew@nifty.com 詳細はこちら http://yumihara.exblog.jp/22923785/ 


11月9日 クリス・カトラー&ユミ・ハラ ライヴ&トーク2DAYS その1 東京千駄木 新バーIsshee ライヴ共演: ナスノミツル

Open 19.30, Start 20.00, 3500 yen 

11月9日と14日の2DAYSともご予約もしくはRIO JAPANのチケットお持ちの方のご予約特典:

Henry Cow BoxをReRから直接予約注文した人への限定特典だった、未発表アウトテイクとライヴ音源を集め、ボブ・ドレイクが驚異のリマスターを施した1000枚限定非売品スペシャルCD「A Cow Cabinet of Curiosities」をプレゼント! 特典準備の都合上10月31日までのご予約とさせていただきます

c0129545_11394100.jpg

限定25名の予約制、整理番号順の入場となります。
「11/9予約」のタイトルで下記アドレス宛に、
氏名(フルネーム)と人数をメールしていただければ、
こちらから整理番号を返信致します。
PCよりのメールを受け取れるようにしておいてください。
予約・問い合わせ受付メールアドレス: barisshee@keh.biglobe.ne.jp

http://www.bloc.jp/barisshee/ 文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階
千代田線千駄木駅徒歩2分、団子坂下交差点すぐ 「千駄木ラーメン あさくら」の地下


11月10日 クリス・カトラー&ユミ・ハラ ライヴ&トーク 大阪 難波ベアーズ ライヴ共演: 山本精一  

サポート:あんども (菊池誠&児島佐織)

open 18.30, start 19.00 adv. 3500円 door 3800円 ドリンク持ち込み自由

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-14-5 新日本難波ビルB1
06-6649-5564 http://namba-bears.main.jp info@namba-bears.main.jp

11月12日 クリス・カトラー&ユミ・ハラ ライヴ Rock in Opposition and Joy? at 沖縄 浦添GROOVE ライヴ共演坂元健吾、上地gacha一也

サポート: 大宇宙卵: 坂元健吾(高円寺百景)[keybords.voice]上地gacha一也[bass.voice]仲嶺タケアキ(doudou)[drums]若谷正信(ピラルク)[guitar]末吉司(宇宙卵) [guitar]大宜味洋介 (宇宙卵) [guitar]はな (宇宙卵) [voice]

前売2,500円+オーダー 当日3,000円+オーダー 開場20:30 開演21:00

〒901-2122 沖縄県浦添市勢理客 2-18-10 地下一階

groove@cosmos.ne.jp  098-879-4977 http://www.cosmos.ne.jp/~groove/

イベント特設サイトはこちら: http://starandskymusic.com/rio/1112%E6%B0%B4%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%86%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A9


11月13日 アルトー・ビーツ The A
rtaud Beats
(Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves) 

神戸ビッグアップル 全員トーク&ライヴ 今回 アルトー・ビーツとしてはRIO JAPAN以外の唯一のライヴです

前¥4,500- 当¥5,000- 開場6:30 開演7:30

〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目14-14 ト-アハイツB-1 http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/
予約: big-appleアットマークi.bekkoame.ne.jp 078-251-7049


11月14日 クリス・カトラー&ユミ・ハラ ライヴ&トーク2DAYS その2 東京千駄木 新バーIsshee ライヴ共演: 瀬尾高志

Open 19.30, Start 20.00, 3500 yen

11月9日と14日の2DAYSともご予約もしくはRIO JAPANのチケットお持ちの方のご予約特典:

Henry Cow BoxをReRから直接予約注文した人への限定特典だった、未発表アウトテイクとライヴ音源を集め、ボブ・ドレイクが驚異のリマスターを施した1000枚限定非売品スペシャルCD「A Cow Cabinet of Curiosities」をプレゼント! 特典準備の都合上10月31日までのご予約とさせていただきます

限定25名の予約制、整理番号順の入場となります。
「11/14予約」のタイトルで下記アドレス宛に、
氏名(フルネーム)と人数をメールしていただければ、
こちらから整理番号を返信致します。
PCよりのメールを受け取れるようにしておいてください。
予約・問い合わせ受付メールアドレス: barisshee@keh.biglobe.ne.jp

http://www.bloc.jp/barisshee/ 文京区千駄木3-36-11 千駄木センチュリー21 地下1階
千代田線千駄木駅徒歩2分、団子坂下交差点すぐ 「千駄木ラーメン あさくら」の地下


11月15日 15 Nov 2014, アルトー・ビーツ The Artaud Beats (Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves) at Rock in Opposition JAPAN, Tokyo TSUTAYA

締めくくりはもちろんRock in Opposition Japan!

O-EASThttp://www.rockinopposition-japan.com/index_jp.html

https://www.facebook.com/riofestivaljapan

トレイラービデオはこちら: http://goo.gl/Hz9hX6


Chris Cutler & Yumi Hara Japan tour Dates 

8 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara Improvisation Workshop, Tokyo, Koenji, AFTER BEAT STUDIO (Koenji South Branch)

Workshop: 12.00-18.00、Performance with participants: 16.00~

There will be two drum kits

reservation & enquiries: andomew@nifty.com

fee will be between 8700 yen-18500 yen depend on the number of participants (with snack and soft drink)

tickets for performance (as a member of audience) around 2500 yen ( depend on the number of participants)

details in Japanese: http://yumihara.exblog.jp/22592992/ 


9 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara TALK + PERFORMANCE with Mitsuru Nasuno (b, Korekyojinn, Altered States etc),

Tokyo, Sendagi, new BAR ISSHEE Open 19.30, Start 20.00, 3500 yen

limited to 25 seats
reservation & enquiries: barisshee@keh.biglobe.ne.jp
Please email your full name and number of seats you require under the subject of 'reservation for 9 Nov'.

We will send you back the reservation number. (Entry is in the order of reservation number)


10 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara TALK + PERFORMANCE with Seiichi Yamamoto (g), support: andmo'

Osaka, BEARS open 18.30, start 19.00, adv. 3500 yen door 3800yen <you can bring in your own drink!>

06-6649-5564 http://namba-bears.main.jp info@namba-bears.main.jp

12 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara with Kengo Sakamoto (b, Koenjihyakkei) and Gacha, support: Dai Uchu Tamago (Big World Egg) at Rock in Opposition and Joy?, Okinawa, Urasoe, GROOVE

adv. 2500 yen+ drink order required, door 3000 yen+ drink order required, open 20.30, start 21.00
groove@cosmos.ne.jp  098-879-4977 http://www.cosmos.ne.jp/~groove/

Special website: http://starandskymusic.com/rio/1112%E6%B0%B4%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%BC%EF%BC%86%E3%83%A6%E3%83%9F%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A9


13 Nov 2014, Kobe, BIG APPLE, The Artaud Beats (Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves) adv. 4500 yen, door5,000 yen
This is the only The Artaud Beats date apart from RIO JAPAN this time
http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/

reservation: big-apple'at' bekkoame.ne.jp 078-251-7049


14 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara TALK + PERFORMANCE with Takashi Seo (db),

Tokyo, Sendagi, new BAR ISSHEE Open 19.30, Start 20.00, 3500 yen

limited to 25 seats
reservation & enquiries: barisshee@keh.biglobe.ne.jp
Please email your full name and number of seats you require under the subject of 'reservation for 9 Nov'.

We will send you back the reservation number. (Entry is in the order of reservation number)


15 Nov 2014, The Artaud Beats (Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves) at Rock in Opposition JAPAN, Tokyo TSUTAYA

O-EASThttp://www.rockinopposition-japan.com/index_jp.html

https://www.facebook.com/riofestivaljapan

Trailer video: http://goo.gl/Hz9hX6



[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2014-10-19 11:15 | Chris Cutler & Yumi
クリス・カトラー&ユミ・ハラ トーク&ライヴ 11月9日&14日千駄木 Bar Isshee 予約受付開始!

予約受付本日開始しました~

トラー&ユミ デュオの東京日程はこの2日のみ!

(アルトー・ビーツのRIO JAPAN出演は15日です)

c0129545_07544755.jpg

11月9日(日)千駄木 Bar Isshee

クリス・カトラー(drums)、ユミ・ハラ(keyboards) with ナスノミツル(bass)

11月14日(金)千駄木 Bar Isshee

文京区千駄木3-36-11

クリス・カトラー(drums)、ユミ・ハラ(keyboards) with 瀬尾高志(bass) 
両日とも予約3500円、当日4000円、開場19.30、開演20.00


各日限定25名の予約制、整理番号順の入場となります。

「11/9予約」または「11/14予約」のタイトルで下記アドレス宛に、
氏名(フルネーム)と人数をメールしていただければ、
こちらから整理番号を返信致します。
PCよりのメールを受け取れるようにしておいてください
予約・問い合わせ受付メールアドレス: barisshee@keh.biglobe.ne.jp
予約開始は10月1日午前0時より


初日のゲストは前回一緒にスティーリーダンまでやっちゃったナスノミツルさん。

14日の瀬尾さんとのトリオはyou me & usデヴィッド急病のときいっしーさんのご紹介で実現したこのメンツでの札幌限定ライヴ、今回いっしーさんの新店舗での再会感激ライヴです。RIO JAPAN前日ですので東京以外からおいでになる方も、前泊して今まで聞きたくてしょうがなかった質問カトラー先生に直接聞くチャンス!


c0129545_07551965.jpg

全日程は


2014年11月8日 8 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara Improvisation Workshop, Tokyo, Koenji, AFTER BEAT STUDIO
音楽スタジオ アフタービート 高円寺南口店

12:00-18:00 (ワークショップ参加者をまじえたミニライヴの観覧のみも可能、16.00~) (ドラム2セット用意します)

お問い合わせご予約:TOAPP音楽事務所 andomew@nifty.com

■参加費(WSは軽食と飲み物付き、税込) WS参加者:8700~18500円(参加者数により変動します)ライブのみ観覧:2500円前後(参加者数により変動します(打ち上げ懇親会は別途)詳細はこちら http://yumihara.exblog.jp/22592992/


2014年11月14日 千駄木 Bar Isshee 文京区千駄木3-36-11

クリス・カトラー&ユミ・ハラ トーク&ライヴ with ナスノミツル(bass)
予約3500円、当日4000円、開場19.30、開演20.00


2014年11月10日 クリス・カトラー&ユミ・ハラ トーク&ライヴ with 山本精一(g), 大阪、難波BEARS 3500円


2014年11月12日 12 Nov 2014, Rock in Opposition and Joy?

Chris Cutler & Yumi Hara with Kengo Sakamoto (b, Koenjihyakkei) and Gacha, Okinawa, Urasoe, GROOVE

+ 大宇宙卵: 坂元健吾(高円寺百景)[keybords.voice]上地gacha一也[bass.voice]仲嶺タケアキ(doudou)[drums]若谷正信(ピラルク)[guitar]末吉司(宇宙卵) [guitar]大宜味洋介 (宇宙卵) [guitar]はな (宇宙卵) [voice]

開場20:30 開演21:00 前売2,500円+オーダー 当日3,000円+オーダー

●昨年11月、那覇桜坂劇場での「アバウト・ロック・イン・オポジション」の上映+you me & usのトークイヴェント、そして浦添GROOVEでのyou me & usのライヴを含むRock in Opposition and Joy?というイヴェントが2日間にわたって開催された。以後Rock in Opposition and Joy?は浦添GROOVEでシリーズ化され、沖縄に根ざした独自の発展をとげる。そして1年後の2014年11月、クリス・カトラーとユミ・ハラが沖縄に再来、Rock in Opposition and Joy?から発生した大宇宙卵と共演する。

10月のイヴェントでは高知のOPERA、愛媛のスズキリウイチ、沖縄のbomachiecaが出演、各地に根ざす音楽を紹介したいというオリジナルRIOの精神を継承するライヴがくりひろげられる。


2014年11月13日 神戸 BIG APPLE, アルトー・ビーツ The Artaud Beats (Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves) 

開場6:30 開演7:30 前¥4,500- 当¥5,000-

今回 アルトー・ビーツとしてはRIO JAPAN以外の唯一のライヴです


2014年11月14日 千駄木 Bar Isshee 文京区千駄木3-36-11

クリス・カトラー&ユミ・ハラ トーク&ライヴ with 瀬尾高志(bass) 
予約3500円、当日4000円、開場19.30、開演20.00


2014年11月15日 15 Nov 2014, Tokyo TSUTAYA O-EAST、 アルトー・ビーツ The Artaud Beats at Rock in Opposition
http://www.rockinopposition-japan.com/index_jp.html


c0129545_07560634.jpg


Chris Cutler & Yumi Hara Special Talk & Performance events at Tokyo Bar Isshee residency (sort of) limited capacity up to 25 people only, so book now to avoid disappointment!
9 Nov: doors open 19.30, start 20.00 with Mitsuru Nasuno (b, Korekyojinn, Altered States etc) 3500yen
14 Nov: doors open 19.30, start 20.00 with Takashi Seo (db) 3500 yen
for booking: email to barisshee@keh.biglobe.ne.jp

If you are considering to go to RIO JAPAN, here are more reasons to go!!

Chris Cutler & Yumi Hara events in Japan:
8 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara Improvisation Workshop, Tokyo, Koenji, AFTER BEAT STUDIO

9 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara TALK + PERFORMANCE with Mitsuru Nasuno (b, Korekyojinn, Altered States etc), Tokyo, Sendagi, new BAR ISSHEE

10 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara TALK + PERFORMANCE with Seiichi Yamamoto (g), Osaka, BEARS

12 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara with Kengo Sakamoto (b, Koenjihyakkei) and Gacha, Dai Uchu Tamago, at Okinawa, Urasoe, GROOVE

13 Nov 2014, Kobe, BIG APPLE, The Artaud Beats (Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves)

14 Nov 2014, Chris Cutler & Yumi Hara TALK + PERFORMANCE with Takashi Seo (db), Tokyo, Sendagi, new BAR ISSHEE

15 Nov 2014, The Artaud Beats (Geoff Leigh, Yumi Hara, Chris Cutler, John Greaves), Rock in Opposition Japan, Tokyo, O-EAST, JAPAN


[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2014-10-01 07:56 | Chris Cutler & Yumi
クリス・カトラー&ユミ・ハラ ワークショップのお知らせ
クリス・カトラー&ユミ・ハラ ワークショップのお知らせ
Chris Cutler & Yumi Hara workshop

世界でも珍しい、
プログレッシブロックをベースとした即興音楽のワークショップ(以下WS)を、
おなじみユミ・ハラ・コークウェル氏をWSリーダーに迎えて開催します。
c0129545_23133589.jpg
今回は、翌日からユミ氏とのデュオツアーを行う、
ドラムのクリス・カトラー氏をゲストリーダーに迎え、
ツインドラムをセッティングして開催する、特別版です。
c0129545_23133975.jpg
スタジオという小さめの空間で、至近距離で演奏や講義を体験できます。
この貴重で濃密な機会を、どうぞお見逃しなく!
c0129545_23132743.jpg


後半は、お客様を入れてのミニライブ形式で行います。
お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。

■日程・会場

11月8日(土)12:00~18:00
音楽スタジオ アフタービート 高円寺南口店 301スタジオ
東京都杉並区高円寺南4-34-14
電話 03-3311-2663
http://www.after-beat.co.jp/studio/minami.html
(地図がわかりにくいので、追って補足いたします)

※ワークショップについての申込・問い合わせは、
 会場ではなく、 TOAPP音楽事務所 MEW( andomew@nifty.com )までお願いいたします。


12:00 WS参加者集合、セッティング
12:30 第1部:WS開始
15:45 WS終了、休憩
16:00 第2部:ミニライブ開演
17:45 ミニライブ終演
18:00 撤収
近隣にて打ち上げ懇親会

ライブのみ観覧の方は、15:45をめどにご来場ください。

■参加条件

1. プロ・アマ、ジャンルを問いませんが、音楽演奏の経験があり、
 「この音を出そう」と思って演奏するとその音が出るレベルの方
 (※ 即興演奏の経験や、速く弾く技術は必要ありません)。
2. 楽器の持参が可能な方。
 ギターアンプ4台、ベースアンプ2台、ドラム2セット、デジタルピアノ、
 マイク、PAは会場にあります。
3. ボーカルも含め、楽器の指定はありません。
4. WS参加者募集人数は15名程度までとし、定員に達した時点で締め切ります。
5. WSの趣旨から、遅刻早退のないようにご参加ください。
6. ライブ観覧者の定員は、会場のキャパシティから、若干名とさせていただきます。

■ワークショップ内容

第1部(WS):
小グループ編成での実技を交えた実践的な講義や、
ゲスト講師からもそれぞれ「お題」が提示されます。
参加者のリクエストにもできる限りお応えしていきますので、
メールにてどしどしお寄せください。
第2部:
WSを踏まえての、公開ライブパフォーマンス(講師のお2人も共演!)

■参加費(WSは軽食と飲み物付き、税込)

WS参加者:8700~18500円(参加者数により変動します)
ライブのみ観覧:2500円前後(参加者数により変動します)
(打ち上げ懇親会は別途)

■申込&問い合わせ(WSから参加・ライブのみ とも):

受付開始:9月12日(金)午前10時
受付第1次締切:10月13日(月祝)18時
主催/申込/問い合わせ/WS内容リクエスト:
メールにて TOAPP音楽事務所 MEW( andomew@nifty.com )まで。

・件名を【11/8WS申込】または【11/8ライブ申込】としてください。
・お名前と電話番号(できれば携帯)を明記ください。
・WS参加者の方は、担当楽器(パート)を明記ください。
・ライブのみお申込の方は、人数を明記ください。
・ギターアンプ、ベースアンプについて
 持参する予定の方は、その旨ご記載ください。
 予定はないが、持参「可能」な方も、その旨ご記載ください。
 足りなくなりそうな場合に、改めてご相談させていただきます。

※ メールを確認しだい、こちらから返信いたします。

■その他:

・英語は、ユミさんが通訳してくださいます。
・WSには飲み物の持ち込みが可能です。
 主催者側でも途中の休憩に、軽食と飲み物を用意いたします。
・WSについてご希望のある方は、主催者までお知らせください。
・WS内容等について、会場への直接のお問合せはご遠慮ください。
・以上の告知内容は、変更する場合があります。

■ワークショップリーダー紹介:

ユミ・ハラ・コークウェル Yumi Hara Cawkwell(key, vo)は
ロンドン在住の日本人ミュージシャン。
ピアノサーカスなどに曲を提供する現代音楽作曲家であるとともに、
2008年に元ソフト・マシーンのヒュー・ホッパーとアルバム「Dune」を
MOONJUNEよりリリース、即興演奏でも知られるようになる。
その後宮崎りえ、タバタミツル、渡邊靖之と「マンマル・マシーン」を、
元ヘンリー・カウのクリス・カトラー、ジョン・グリーヴス、
ジェフ・リーと「アルトー・ビーツ」を結成。
2011年には吉田達也をゲストに迎えて
初のソロアルバム「ステートメント・ヒールズ」をリリース。
イーストロンドン大学音楽学講師。元精神科医という異色の経歴を持つ。
ユミ・ハラ・コークウェル http://yumihara.exblog.jp/

クリス・カトラーは英国の演奏家、研究者、
そして数々の先鋭的な音楽やサウンドアートを紹介してきた
レコメンデッド・レーベル(ReR Megacorp)の主宰者である。
70年代に実験的ロックグループHenry Cowのドラマーとして、
「top-down」と彼自身が呼ぶ独創的なアプローチで知られるようになった。
これはまずあるべき音を全体として想定し想像した上で、
体の各部分をその音を作るために訓練するというものである。
また彼は通常のドラムスティック以外のものを用いて叩くのみならず
ミュートすることによっても独特な音色を、
そして音の強弱の徹底的なコントロールと
極端なシンコペーションやリズムのバリエーションによって緊張感を創り出す。
クリス・カトラー(英語) http://www.ccutler.com/ccutler/
レコメンデッドレコーズ(クリス・カトラーが1980代から続ける自主レーベル)
の購入はこちら http://www.locus-solus.co.jp/

■関連情報

クリス・カトラー&ユミ・ハラ 絶賛お目玉トーク炸裂ツアー
11月9日(土)東京・千駄木 トーク&ライヴ
11月10日(日)大阪・灘波 トーク&ライヴ
11月12日(火)沖縄・浦添 ライヴ
11月13日(水)神戸 AB at BA
11月14日(木)東京・千駄木 トーク&ライヴ
11月15日(金)東京・渋谷 RIO JAPAN AB

クリス・カトラー&ユミ・ハラのライヴビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=-0AcDM0-BcE
人力ドラムンベースの雰囲気でものすごい緊張感です。
カトラー先生はソロやデュオはエレクトロニックス付きの
ドラムスでないと普通はやらないそうですので、
今までの生ドラムスでのデュオはヒュー・ホッパーとのみ、
その場合もヒューはループマシーンとかありでしたから、
双方ともエレクトロニックスなしで生のみというのは
おそらくカトラー&ユミだけだと思われます。(ユミ)
2013年11月9日 日本音楽即興学会第5回大会、広島大学にて

(参考)
アルトー・ビーツ全員参加によるワークショップビデオです。
https://www.youtube.com/watch?v=-_245mwzkXw
WSリーダーは、ユミ&カトラーの両氏に加えて、
ジェフ・リー&ジョン・グリーヴスの両氏も参加し、会場も今回と違いますが、
WSはだいたいこんな感じで行っていますので、ご参考まで。(MEW)
2012年6月10日 近江八幡・サケデリックスペース酒遊館にて
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2014-09-14 23:15 | Workshop ワークショップ