タグ:佐藤行衛 ( 20 ) タグの人気記事
5月日本ツアー

ユミ5月日本ツアー日程 <全日程禁煙です>

<録音録画撮影についてのお願いは下にあります>



5月18日 (木) 福岡箱崎水族館喫茶室 19:30 2000円(ド別)
ユミ・ハラ (p, vo) &佐藤行衛 (g, toys) with 武井庸郎 (d), 参加者とのジャムセッションあり  〒812-0053 福岡市東区箱崎1-37-21
http://www.hakosui.net/ 予約: 092-986-4134
18 May 2017 Fukuoka, Hakozaki Suizokukan Kissashitsu Yumi HARA & SATO Yukie, with Tsuneo Takei (ds)
c0129545_06333122.jpg

5月19日(金)大分AT HALL

開場19:00/開演19:30

前売り2000円/当日3000円

出演:Yumi Hara&佐藤行衛/PROJECT G/あかしももか/NINJAMAN

問い合わせtel:097-535-2567mail:info@athall.com

〒870-0035 大分市中央町2-6-4 エムライフシティビル3F

http://www.athall.com/

19 May 2017 Oita, AT HALL Yumi HARA & SATO Yukie

c0129545_19241185.jpg
5月20日(土)神戸BIG APPLE


ユミ・ハラ (p, vo) &佐藤行衛 (g, toys) 、Andmo' (児島佐織: テルミン、菊池誠: テルミン, g) 、炭鎌悠(solo electronics)

c0129545_06345024.jpg
20 May 2017 Kobe, Big Apple Yumi HARA & SATO Yukie, Andmo' (Theremin duo), Haruka Sumikama (electronics solo)
18:30 open 19:30 start 前2800円 当3000円 〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目14-14 ト-アハイツB-1 http://www.geocities.jp/kbigapple/予約: kbigapple@yahoo.co.jp 078-251-7049

5月21日 広島OTIS!『プログレッシヴ・即興の権化たち』 
ユミハラ (PIANO) ロンドン  佐藤行衛 (GUITAR) 韓国  小林義男 (GUITAR) pm6:30オープン  p.m7:30スタート 前\2,500/ 当日\2,800 広島市中区加古町1-20 TEL 082-249-3885 http://otis.world.coocan.jp/live.html 
21 May 2017 Hiroshima, OTIS!, Yumi HARA & SATO Yukie, Yoshio Kobayashi



c0129545_19244390.jpg
5月22日(月) 19:30~ 2500円 
Yumi Hara+佐藤行衛、 リョウガイ [小埜涼子(fl)+ガイ(g)]
22 May 2017 Nagoya, Nan'ya, Yumi HARA & SATO Yukie, Ryogai (Ryoko Ono & Gai)   http://www.nanyagokiso.com/ 
〒466-0022 名古屋市昭和区塩付通1-47-4     ☎052-762-9289  
ロンドン在住のユミ・ハラ(key, vo, へんなもの)とソウル在住の佐藤行衛 (g, おもちゃ, へんなもの) が両方とも日本里帰り中のときだけ成立する先輩後輩デュオと、異能の天才小埜涼子(sax)と名古屋の天皇ガイさん(g, 語り)による無敵の脱力癒し系デュオ、リョウガイが、いくら脱力してもかまわないなんやの2階のお座敷で繰り広げる特濃即興演奏の一夜  マスターのpuyoさんの笑顔が嬉しい、アジア料理がいただけるお店です!
c0129545_19254315.jpg
5月23日(火)代々木Barbara Hot Ratz presents Sweet Lady Night vol.1 陣羽織亭(The Tabard)plays カンタベリー名曲集 (ユミハラ: vo, p 清水一登: vo, key, ルイス稲毛: b, 長部悠也: dr) with 佐藤行衛 (g)、 Roomdinerz カンナ (vo) Junji (G) くぅた (B) Minoru.K (P)
Open 18:30 Start 19:00 前売2500円 +1D 当日3000円 +1D 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1丁目42−4 代々木P1ビルB1

23 May 2017, Yoyogi Barbara, Tokyo The Tabard (Yumi Hara, Kazuto Shimizu, Louis Inage, Yuya Osabe) with guest SATO Yukie play Canterbury Favourites, Roomdinerz

c0129545_19261190.jpg
5月24日(水)所沢MOJO ユミ・ハラ&佐藤行衛with 須藤俊明, ×PCPC ×ノイズの友  
Open/19:00 Start/20:00 予約2500円 当日3000円(ドリンク別、えびせん食べ放題) 04-2023=3323 埼玉県所沢市東住吉7-9 T.ingビル201 
石橋英子、ジム・オルークらのベーシストとして、またMachine and the Synergetic Nutsのドラマーや現ナスカ・カーの「音楽的な部分を主として受け持っている」マルチプレイヤーとして名高い須藤俊明が参加します!

c0129545_19263660.jpg

24 May 2017 Tokorozawa MOJO, Yumi HARA & SATO Yukie, with Toshiaki Sudoh (b) more tbc
http://mojo-m.com/schedule


5月25日(木)大阪心斎橋Rock Bar Starless なにわ友あれプログレファンクラブ&Rock Bar Starless PRESENTS:レコメンデッド&アヴァンギャルドナイト guest:ユミ・ハラ 
7:30pm 1000円+バーチャージ500円(1ドリンク別)
大阪市中央区東心斎橋2-7-22 日宝シルキータワー4階5号 06-6484-7027、080-4709-7960
http://uni-hiron.wixsite.com/tavern
(ご好評につきおかげさまで満席です、只今立ち見若干名とキャンセル待ち受付中です) 
レコードをみんなで一緒に聴きお話をするのと、皆で一緒にO Caroline (Matching Mole) と Anno Mirabilis (News from Babel)を歌う企画進行中です ユミが責任もって歌唱ご指導いたします。珍しい物販物も持参いたします、よろしくお願い申し上げます。
c0129545_19270030.jpg
5月26日(金)山口湯田温泉Organ's Melody ユミ・ハラ ソロ
19:30 open ¥2,000/¥2,300(drink別) 学生\500-off 山口市湯田温泉3-7-7 090-2809-8136
https://organs2005.jimdo.com/

26 May 2017 Yamaguchi Yuda-onsen Organ’s Melody Yumi Hara solo

c0129545_19274412.jpg
5月27日(土)萩 玉ネギ畑 「菊ヶ浜音楽夜会 SideB」
出演: Yumi Hara / たくまる / 竹内ゆえ / ピアノぼんじ / カンズ / おおたにあき

open 18:00 start 18:30 ¥2500 (1D付) 
758-0052 山口県萩市今魚店町106-2   080-5610-5996  
https://www.facebook.com/tamanegibatake/

27 May 2017 (SAT) Hagi, Tamanegibatake, Yumi Hara solo

c0129545_19280617.jpg


5月31日(水)名古屋バレンタインドライブ ユミ・ハラ ソロ 出雲麻紀子ソロ  鵜飼恭子 ソロ 
open 18:30  start 19:30 2,000-
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1-9-3 西今池ビルB1F 052-733-3365
http://valentinedrive.com/live.html
31 May 2017 Nagoya Valentine Drive, Yumi Hara / Makiko Izumo / Kyoko Ukai 
c0129545_19283307.jpg

<撮影、録画、録音について> いつものユミ関係のライヴと同条件です、よろしくお願いいたします! 写真撮影、ビデオ録画、録音は、ただちにデータを無条件、無償でお渡し下さる方に限り許可いたします。 インターネットへのアップなどは必ずご連絡下さい、ほとんどの場合不許可にはしませんので、安心してご連絡下さい。
写真撮影に関して:フラッ シュ使用は厳禁です。一眼レフは大きい会場で音が大きい場合、あるいは消音カバー使用など以外はご遠慮下さい。小さめの会場で、静かな場面での一眼レフカ メラの使用は厳禁です。シャッター音が他のお客様のご迷惑になります。コンデジとかの場合、シャッター音とAF補助光(ピントを合わせる際にオレンジに光 るやつ)が出ないように設定して下さい。


18 May 2017

Fukuoka, Hakozaki Suizokukan Kissashitsu

Yumi HARA & SATO Yukie, with Tsuneo Takei (ds)


19 May 2017

Oiata, AT HALL

Yumi HARA & SATO Yukie, more tbc


20 May 2017

Kobe, Big Apple

Yumi HARA & SATO Yukie, Andmo' (Theremin duo), Yu Sumikama (electronics solo)


21 May 2017

Hiroshima, OTIS!

Yumi HARA & SATO Yukie, more tbc


22 May 2017

Nagoya, Nan'ya

Yumi HARA & SATO Yukie, Ryogai (Ryoko Ono+ Gai)


23 May 2017,

Yoyogi Barbara, Tokyo

The Taberd (Yumi Hara, Kazuto Shimizu, Louis Inage, Yuya Osabe) with guest SATO Yukie play Canterbury Favourites,

Roomdiners


24 May 2017

Tokorozawa MOJO

Yumi HARA & SATO Yukie, with Toshiaki Sudoh (b) more tbc


25 May 2017

Osaka Shinsaibashi STARLESS, ReR & Avant night, guest: Yumi Hara


26 May 2017

Yamaguchi Yuda Onsen Organ's Melody

Yumi Hara solo


27 May 2017

Hagi Tamanegi Batake

Yumi Hara solo


31 May 2017

Nagoya Valentine's Drive

Yumi Hara solo, Makiko Izumo solo


[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-03-20 00:44 | Performance ライヴ関係のお話
ユミ&行衛
今月半ばー下旬に短期間だけ東京に行きます
たまたま韓国より佐藤行衛も滞在中ですので
久々のユミ&行衛をやります
今回私のライヴはこちら1本だけですがよろしくお願い申し上げます

c0129545_05342199.jpg
《Yumi & Yukie Strange Sunday Night in Tokyo》
1月22日(日) 8:00pm 千駄木 Bar Isshee Tel.070-5598-1339
https://www.facebook.com/BarIsshee
http://www.bloc.jp/barisshee/
出演:Ymi Hara(vo,key)+佐藤行衛(g)

(Yumi & Yukie↓)
https://www.youtube.com/watch?v=mdhi9SZN5vs
https://www.youtube.com/watch?v=Vq7IlGN9OxE

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-01-11 05:35 | Performance ライヴ関係のお話
Dollhouse Residents mini-tour
c0129545_5361279.jpg


10月29日(木) 名古屋Valentine Drive ★ドールハウス・レジデンツ (ユミ・ハラ 宮崎りえ Emmy☆Kunocovic)、★出雲麻紀子(vo,pf) ソロ 
予約2000円 当日2300円 open19:00 start19:30
〒464-0850 愛知県名古屋市千種区今池1-9-3 西今池ビルB1 http://valentinedrive.com/
FBイベントページ https://www.facebook.com/events/422104837979206/
Thu 29 Oct, Nagoya VALENTINE DRIVE: ★Dollhouse Residents (Yumi Hara, Rie Miyazaki, Emmy☆Kunocovic) ★Makiko Izumo (pf, vo)

10月30日(金) 大阪難波ベアーズ <アヴァンな夕べ、、、> ★ドールハウス・レジデンツ (ユミ・ハラ 宮崎りえ Emmy☆Kunocovic)+佐藤行衛, ★Sarry, ★andmo'
open.18:30/start.19:00  adv.2000/door.2300
〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中3-14-5 新日本難波ビルB1
06-6649-5564 http://namba-bears.main.jp info@namba-bears.main.jp
FBイベントページ https://www.facebook.com/events/829427243822943/
Fri 30 Oct, Osaka, Nanba BEARS: Dollhouse Residents (Yumi Hara, Rie Miyazaki, Emmy☆Kunocovic) + SATO Yukie 
★sarry ★andmo’ open.18:30/start.19:00 adv.2000/door.2300

10月31日(土) 神戸BIG APPLE 「音楽嗚呼愉快!!!」
★ドールハウス・レジデンツ(ユミ・ハラ 宮崎りえ Emmy☆Kunocovic) +佐藤行衛★出雲麻紀子+フェイターン

OPEN 18:30 START19:30 前売2,000円 当日2,300円
〒650-0003 神戸市中央区山本通3丁目14-14 ト-アハイツB-1 http://www.bekkoame.ne.jp/i/big-apple/
予約: big-appleアットマークi.bekkoame.ne.jp 078-251-7049

Sat 31 Oct, Kobe, BIG APPLE: ★Dollhouse Residents (Yumi Hara, Rie Miyazaki, Emmy Kunokovic) + SATO Yukie, ★Makiko Izumo (pf, vo) +FATERN (Theremin, Vo)
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2015-09-27 05:38 | Performance ライヴ関係のお話
Reviews: Yumi & Yukie <Reviews, interviews, articles>
ユミ・ハラ・コークウェル&佐藤行衛関係のプレス掲載の記事、レビュー、インタビューなどをこちらにまとめておきます。
Reviews, interviews, articles related to Yumi Hara Cawkwell & Sato Yukie

c0129545_9322840.jpg Yumi Hara Cawkwell & Sato Yukie



Ride a White Rabbit Album reviews:
United Mutations http://united-mutations.blogspot.co.uk/2011/04/yumi-hara-cawkwell-sato-yukie-ride.html
Sonic Ciruosityhttp://www.soniccuriosity.com/sc482.htm

Videos of Yumi Hara Cawkwell & Sato Yukie: http://www.youtube.com/playlist?list=PL81F31E983B03AACD



Track 1 虹を追いかけたよ Niji wo Oikaketa yo (I Followed the Rainbow) words by Yumi Hara Cawkwell

(Original in Japanese)

運転中に大雨のにわか雨のあと
急に日がさしてきて
大型トラックのはねる水しぶきの中に虹が
トラックを追い抜かないで私は虹を追いかけたよ

ゆっくり行こう ゆっくり行こう ゆっくり行こう
ゆっくり行こう ゆっくり行こう ゆっくり行こう

大雨のにわか雨のあと
急に日がさしてきて
大型トラックのはねる水しぶきの中に虹が
トラックを追い抜かないで私は虹を追いかけたよ


高速道路の虹
ゆっくり行く時だけに見える虹

つかもう虹を つかめない虹を
写真に撮れない虹を ビデオに撮れない虹を
ゆっくり行く時だけに見える虹

ゆっくり行こう 水しぶきの中の虹
ゆっくり行こう 水しぶきの中の虹


I Followed the Rainbow (translation) words and translation by Yumi Hara Cawkwell

I was driving in a heavy shower
All of a sudden the sun began to shine
I saw a rainbow in splashes made by a big truck
I didn’t overtake, I followed the rainbow instead

Go slow, go slow, go slow
Go slow, go slow, go slow

After a heavy shower
The sun began to shine all of a sudden
I saw a rainbow in splashes made by a big truck
I didn’t overtake, I followed the rainbow instead

Rainbow on the motorway
Rainbow you can see only when you go slow
Catch the rainbow which you wouldn’t be able to catch
The rainbow which you can’t photograph
The rainbow which you can’t video
Rainbow you can see only when you go slow

Go slow, the rainbow in splashes
Go slow, the rainbow in splashes


Track 2 Ride a White Rabbit words by Yumi Hara Cawkwell

(Original in English)

Ride, ride, ride on a White Rabbit
Ride, ride, ride on a White Rabbit
Ride, ride, ride on a White Rabbit
Ride, ride, ride on a White Rabbit

Don’t worry about the Mad Hatter
Don’t worry about those Queens
Don’t worry about the Tea Party
Don’t worry about anything

Just ride, just ride, just ride, ride on a White Rabbit
Just ride, just ride, just ride on a White Rabbit

Head for the sand, dune, head!
Head for the dune on the land of west
Head for the dune on the land of west
Head for the dune, meet the full moon
You will see the rabbit on the moon
You will see the White Rabbit on the moon

Go ahead, go ahead!



Track 7 Dakitsuki Obake (Clinging Bogy) words by Yumi Hara Cawkwell

(Original in Japanese)


私の旅は品川駅から始まる
新幹線の品川駅はJR東日本ではない
JR東海の品川駅から新幹線ひかりに乗ってまずは京都へ向かう

ここは現職衆院議員を辞めさせてまで参院に鞍替えさせた因縁の場所
ああそんな手もあったわね

そんなことはおかまいなしに
京都駅からいよいよと
スーパーはくとの旅が始まる

おべんと買ってくの忘れちゃだめよ
だってスーパーはくとには車内販売ありません
お茶は買ってかなくても大丈夫
だって自動販売機だけはあった

いざ、スーパーはくとに乗って行こう!

スーパーはくとの車両はとっても和テイスト
木目のシート、絣ののれんがトイレの前に
だってスーパーはくとの車両はJR西日本ではなくって
第3セクター智頭急行…ゴージャス

しかも車両は振り子式
ヴァージン・トレインのペンドリノみたい

鳥取駅に着いてまずは駅前観光案内所

「私、宿、予約してこなかったのよ
だって出かける前にラップトップの調子が悪かったから
なるべく駅から近いところがいいわ
水周りがきれいな所がいい
だって私、女の子ですもの」

「そうかい、ならここがいいよ
源泉かけ流しの温泉付、二食付きだよ」

「そうね、じゃあそこにするわ」

駅前のちょっと小ぎれいな旅館に着いた
出てきた若女将はきれいだったけど
だけど着物の趣味が、ちょっと、変
これだったら私の去年のユニクロのゆかたの方がいいぐらいじゃない?

愛想のいい若女将で良かったけど
通されたお部屋も小ぎれいで…ああ、いい感じ

まずは鳥取砂丘へと
空には丸い、丸いお月様
月の上には白うさぎ
お餅を搗いて何千年も何万年も何十万年もそのまま
あのうさぎとスーパーはくとの白うさぎ
みんな同じうさぎかしら

月の砂丘
ああ、何てロマンチック…いいわあ

歩き疲れてお宿に帰る
さっきの若女将が出てきて

「お客さん、今日はお一人ですから
ゆっくり男湯をお使い下さいね
手足を伸ばしてゆっくりお入り下さいね
だけどお客さん、どんなに暑くても窓は開けないで下さい
お部屋の窓も開けないで下さいね
ちゃんとエアコンがついておりますから
お客さんがお風呂にお入りのときにおふとんも敷いておきますから
押入れのふすまも開けないで下さいね
隣のお部屋から音がしても
忘れないで下さいね、お客さん、今夜はお一人ですから」

お部屋の窓も 廊下の窓も お風呂の窓も開けないで
お部屋の窓も お風呂の窓も 廊下の窓も開けないで

だって、抱きつきお化けに抱きつかれちゃう
ああ~
抱きつきお化け、抱きつかれちゃう
抱きつきお化けに抱きつかれちゃう
ああ~、ああ~、ああ~

歩き疲れてそのまま爆睡
それが本当だったのか夢の中だったのか
全然覚えがないけれど

朝になって鳥取駅からスーパーはくと
京都駅に戻ってそこから新幹線ひかり
そのまま霞ヶ関へ…永田町だったかしら

そしてIMFから勧告があったように
消費税を10%にせねばこの国は滅びるぞよ
消費税を10%にせねば
あと10年のうちにこの国は滅びるぞよ!


Clinging Bogy (translation) words and translation by Yumi Hara Cawkwell

My journey began at Shinagawa Station
Shinagawa Station of Shinkansen is not owned by JR East (i)
First of all, I took Shinkansen ‘Hikari’ from JR Central’s Shinagawa Station to Kyoto
This was where the party asked an MP to step down in order for him to be able to stand for the Upper House election
Ah, what a good idea it was…
Anyway, I didn’t care such matters
Now that, from Kyoto Station, My Super-Hakuto journey began
Don’t forget to buy a bento-box (ii)
‘Cause there’s no trolley service in Super-Hakuto
But no need to buy a bottle of tea
‘Cause there’s a vending machine in the train
Now, let’s go riding on Super-Hakuto!

The carriage design had a very Japanese taste
Wooden seatback, hand woven curtains in front of washrooms
‘Cause Super-Hakuto was not owned by JR West
It was owned by a local public-private cooperation company Chizu-Kyuko…Gorgeous! (iii)
Moreover, the trains had the pendulum suspension system Like the Pendolino of Virgin Trains

As soon as I arrived Tottori Station, I went to the tourist information centre
‘I haven’t booked an accommodation
‘Cause my laptop didn’t behave when I left home
I would prefer somewhere close to the station
And I like clean bathrooms, ‘Cause I’m a girl’

‘OK, then, how about this one
With natural flowing hot spa, dinner and breakfast’ (iv)
‘I like it, I will book this one’
I arrived a nice and clean little ryokan (v)
The hostess looked beautiful
But her taste for kimono seemed rather dubious
I guess my last year’s UNIQLO yukata is better than hers (vi)
Anyway, good that the hostess seemed very nice and friendly
The room she showed me was very clean too…bliss!

Then I went to the Tottori Dune
There was a big, round full moon on the sky
And the white rabbit was on the moon
Making rice cake for thousands, ten thousands, hundred thousands of years (vii)
That rabbit and the rabbit of Super-Hakuto
Are they the same white rabbit? (viii)
The dune under the moon
How romantic…love it!

As my legs were aching from a long walk, I went back to the ryokan
The hostess appeared and said:

‘You are the only one guest today
Please use the men’s bath (ix)
Take your time and stretch out your arms and legs in the bath
But please don’t open the window even if it gets really hot
Also don’t open the windows in your room
There’s an air conditioner, so you need not open the window anyway
We will make the futon while you are having a bath (x)
So don’t open the sliding screen of the closet, either
If you hear some noises from the next room, Don’t forget, you are the only guest tonight’

Don’t open the windows of the room, of the corridor, of the bath
Don’t open the windows of the room, of the bath, of the corridor
Otherwise, the clinging bogy will cling to you! Aahhh!
The clinging bogy will cling to you!
The clinging bogy will cling to you!
Aahhh! Aahhh!

For I slept so tight as I was exhausted from the walk on the dune
I really can’t remember whether it was real or in my dream
The morning came and I went to Tottori Station and took Super-Hakuto Back to Kyoto Station, then Shinkansen Hikari
I went to Kasumigaseki straight away…or was it Nagata-cho? (xi)

Then the IMF’s report says If you don’t raise the sales tax to 10%, this country will collapse (xii)
If you don’t raise the sales tax to 10%, this country will collapse in a matter of 10 years!


---------------------------------------------------------------
i The former state owned Japanese Railways split into several private companies.

ii Bento=boxed lunch you can buy in stations and often in long-distance trains.

iii When JR became private companies, some routes which are not economically efficient were discontinued, but some routes were saved by setting up part private, part public railway companies. While most of these companies are in deficit, Chizu Kyuko is one of the very rare successful examples.

iv Natural flowing hot spa are better than circulated and heated spa.

v ryokan =Japanese style inn.

vi Yukata is casual kimono for summer which is easier to wear than proper kimono.

vii The pattern of the craters of the surface of the moon seemed like rabbits making rice cake for the ancient Japanese.

viii ‘Hakuto’ means ‘white rabbit’ and Tottori is the location of the white rabbit story of Japanese mythology.

ix Men’s communal baths tend to be larger than women’s, so it is a common practice to offer the men’s bath to women guests when there is no male guest.

x It is common practice at a ryokan to spread and prepare the futon for the guests while they are having a bath.

xi Kasumigaseki is the equivalent to Whitehall and Nagata-cho to Westminster.

xii Japanese sales tax is currently 5%. Jimin Party (Liberal Democrat, it had been in power for a long time, but currently opposition party) had proposed raising it to 10% when the prime minister Kan (Minshu Party, Democratic Party) stated that he would support this proposal out of the blue during the Upper House election campaign. Shigeru Ishiba MP (Jimin Party) commented on the prime minister’s statement that ‘Sounds like a clinging bogy’, but no such bogies were known to Japanese people at all.
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2012-03-19 09:46 | Reviews & Interviews
2010年暮れの「ダブルレコ発ツアー報告その6:ユミ&行衛CD発売延期騒動と名古屋のプログレ怪人復活」
なんとなく不安感は漂っていたのだが、それは的中してしまった。。。

ユミ&行衛の「ライド・ア・ホワイト・ラビット」はツアー初日に間に合わないという知らせ。

初日の高円寺ペンギンハウスにリリース元のKOOTOWNのくぅたさんが現れ、おっしゃることは、

本日予約いただけた方にはKOOTOWNリリースのペーター・ブロッツマンのCD(2500円)をその場でお持ち帰り頂きます。「ライド・ア・ホワイトラビット」到着次第、KOOTOWNから責任をもって、送料当社負担でお届けいたします。

つまり、2000円で4500円分の商品プラス送料無料でユミ&行衛の「ライド・ア・ホワイトラビット」をお届け!!

くぅたさん、太っ腹ありがとう!

しかし、これってユミ&行衛を待ってる間、ペーター・ブロッツマンでガマンしててね、つう、我々的にはペーター・ブロッツマン大明神に申し訳ないような。。。

ともかく、かなりの人数のお客様が高円寺から名古屋まで予約して下さいました、ありがとうございました!!

で、その名古屋のK.D.ハポンに現れたるは、昨年スリー・フレンズのライブに東京に行く途上、脳血管障害にて倒れられ、東京で入院された名古屋のプログレ怪人ことpawnheartsさん!!

名古屋のリハビリ病院に転院された折、客席王さんのご尽力で、私と小埜涼子ちゃん、臼井康浩さんの3人で「お見舞いライブ」を行って、あれから1年。

嬉しいではありませんか!!
pawnheartsさんもきっちりユミ&行衛CDをご予約下さいました。

翌日の大阪ハードレインにどうやら完成したCDが届きそうとの報を受け、今まで予約してくださった方のリストをくぅたさんにホテルからFAX。住所など読みにくいところがあれば翌朝お電話下さいとメールして、その晩は就寝。

翌朝くぅたさんから電話あり、やはり数箇所FAXでは読みにくい所があったようで、2人で読み方を検討。pawnheartsさんの住所にも一部不鮮明なところがあり、それなら最終日にもう一度名古屋に行くから、その時客席王さんには必ず会うので、手渡しお願いできるかも、などと話し合っておりました。

名古屋から行衛さんと同じ新幹線に別々に乗り、降りる時「何号車~?」と携帯で現在位置を確認。新大阪のホームで合流して、エレベーターに乗ろうとするも工事中で乗れず、エスカレーターに向かい、乗ろうとしたその時、

やだっ、あれpawnheartsさんじゃない!?

pawnheartsさんは昔から名古屋以外のどこにでも現れるので知られていたそうですが、まあ、確かに大柄で目立つということはあるんでしょうけども、それにしても、何で大阪に!?

「pawnheartsさ~ん!!なんでこんな所に!?」
「いや、ちょっと野暮用が」
そこで私、いきなり、「すいません、ちょっと住所確認させていただいていいですか」
エスカレーターに乗っている間に懸案事項の住所確認を済ませ、
そのあと我々は大阪駅に向かって在来線に乗り換えねばならなかったので、
「すいません、pawnheartsさん、んでは、我々急いでますので」
あたふたしててゆっくりお話できなくてすみませんでした。

ホント、よく駅で人に遭うツアーです。

こないだのコメントで行衛さん書いてたけど、京都から名古屋に向かうとき、タバタさんが同じ電車の同じ車両に乗ってきた、ってのもあったし。。。



それから大阪駅に着いて降りる時、私のスーツケースひっぱる取っ手がズボッ、っと抜けてしまい、ひえ~~~~。これはもうスーツケース買うしかない。しかしこの大阪駅、工事中で駅中のショップもいまいちで、駅の中には売っている所が無いことが判明、最も近くてヨドバシの地下ということで、仕方なく行衛さんにスーツケース持ってもらって(重いのありがとうございました!!)ヨドバシへ。ここで購入して詰め替えて、古いのは引き取ってくれないっていうからそれまた行衛さんに持ってもらって、私は引っこ抜けた取っ手も持って、宿に向かいました。

宿は駅からも会場にも近い公共系のお宿で、まあ、そこそこだったんだけど、
それにこわれたスーツケースも捨てといてくれる、ってことで、それも助かったんだけど、
なんと、LANケーブルを借りようとしたらこれが有料!!

文句を言うにかけては行衛さんと海外在住日本人二人、無敵だっ!!

「別に有料でもいいですけど、予約サイトに一言書いておいていただければビックリしないで済みましたのに~」とか、いろいろ言ってると、フロントのおじさま、「いや~、私も心苦しいのですが、。。。。ん~~~~、どうぞ、お使いください」
と、無料でせしめに成功!!

にゃはは。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2012-01-27 02:52 | Performance ライヴ関係のお話 | Comments(0)
2010年暮れの「ダブルレコ発ツアー報告その5: どこに行っても美味しい日本」
神戸サウンドバーモッチーで美味しいおでんをいただいて感激したのに始まって、
関西ツアー2日目京都Viva la Musicaの時は、近くのオーガニックカフェで、メニュー全部がベジで、選びきれないというシアワセ。

日本でのツアーはどこに行ってもおいしいものが食べられるのですばらしい。
っていうか、おいしすぎて食べすぎちゃう?(ってかおいしすぎて呑み過ぎ?)

移動中の駅弁だって最近はすごいハイレベル!

ツアー3日目名古屋K.D.ハポンのライブからマンマル・マシーン合流で、この日のライブ前は、近くの「バリバリ屋」に行ったら「コスプレの日」とか言って、スタッフがサンタギャルの格好してたりしてました。
私は「ちんぽん」という逸品、じゃなかった、一品料理を注文。
「レンジでチンしてポン酢でいただく」お豆腐でございます。


焼き魚、私が行衛さんの頭のすぐそばの壁に書いてあったアジにしようかメニューにあったカレイにしようか迷っていたら、行衛さんが「アジがいいよ、今だけだから」と言うので、それもなるほどと思ってアジを注文。

なかなか素晴らしいのが出てくる、とたんに行衛さんがものすごいイキオイでどんどん食べるので、注文した私が間に合わない!
「ちょっとお~、行衛さんが食べたかったから私に勧めたんでしょう、もう、このイキオイじゃあ、行衛さん一人分にしたって足りないからもう一匹注文しましょ」

と、もう一匹注文すると、出てきた二匹目は一匹目よりデカい。
「あの一匹目は何だったんですか」と文句をつけようとするも、二匹目の方が大きかったんだから何だか変な文句になっちゃうからやめました。

この調子でみんなどんどん食べまくり(りえさん以外)呑みまくっているうち(りえさん含む)、誰かが、
「これ全員一人っ子末っ子なんだよね」

ええ~~~っ、何だかみんな兄弟7~8人いそうな食べっぷりだヨ!?


5日目近江八幡サケデリック館のライブ後の忘年会では、いつも楽しみなお約束の特産赤こんにゃくハート 私は残念ながら日本酒が呑めないんだけど、呑める皆さんはえらい呑んだみたいで、

翌日行衛さんが、
「昨日Tabaやんが大トラになっちゃって。
うわ~って脱ぎだすから例の脱ぎが始まったかと思ったら、もう寝るって着替えのつもりだったらしいんだけど、着替えの途中で力尽きてそのままそこで寝ちゃって、夜中に「さむっ、何でハダカで寝てるんや、」っつってそのままsam_mrmtさんのふとんに入っちゃって、sam_mrmtさんは2階に上がっちゃったんだよ~」


最終日「なんや」では、私は午後のワークショップ前のお昼ごはんに沖縄うどんをいただいて、午後のお茶には「べいくどちーずけーき」をいただいて、夜のライブの後にはしっかりいろいろ食べて、一日中「なんや」のお料理三昧!


ただひとつだけ心残りがあって。
実は東京にいる間に月島のピアノスタジオを下見に行ったんですが、
せっかく月島に行ったのにもんじゃ焼きを食べる時間がなくって、
あんまりくやしいので、東京駅のキオスクで「もんじゃ焼きセット、はがし付き」を購入。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2012-01-27 02:50 | Performance ライヴ関係のお話 | Comments(0)
2010年暮れの「ダブルレコ発ツアー報告その4: 携帯要らずな私たち」
そういうわけで、成田ーロンドンは、ま~ずエライ目に遭ってしまったわけなんですけど、ツアー中の国内移動は超らくちんでありました。

何がらくちんと言って、集合場所はどこそこで何時、とEメールやメッセで業務連絡一発で、行けばみんなそこにいる。

そんなの当たり前といえば当たり前なんでしょうが、日本以外では

「遅刻すんなよ」
「時間厳守」
「バイザウェイ、その時間とは日本人時間だかんね~!!」

と念押ししないと日本人でも現れない。
昔、マンチェスターでライブやるって時、ロンドンからの電車に乗り遅れたロンドン在住日本人がいたぐらい。

あるいは迷子になる人が出たり。


ところがこのツアーでは私が一番遅い位なのである!!

それに、現場に行けばいるどころか、現場に着く前にもういる!!


ユミ&行衛の関西初日は12月14日の神戸サウンドバーモッチー。
最寄の駅は兵庫駅。

私は先に東京出発していたので、行衛さんとは、

「んでは当日現場でね~」

と、現地集合の約束をしていたんです。

私は当日の昼間、H&Mの関西唯一のランバンコラボ取り扱い店である戎橋店をチェックするため心斎橋をうろついていたのでありました。
それが終わって、地下鉄御堂筋線で新大阪に戻り、神戸線のホームに降りて行き、階段直下では落ち着かないから、あの柱の向こうならおさまりがいいかな~、と歩いていくと、そこに行衛さんが!!
(しかし目立つなあこの人、って自分のことは棚に上げる)

「行衛ちゃ~ん!」
「おお~」

と、現地集合のはずが新大阪駅集合に。


翌日は京都へ移動。
神戸から京都、大阪方面って、在来線はむちゃくちゃ混むことが多く、ツアーの時みたいに大荷物持ってるとホント大変。

以前、神戸大学に行った時、小学校中学年ぐらいの女の子とそのおじいちゃんらしき人の2人連れがすぐそばに乗り合わせてて、その女の子がませてるっていうか、頭良さそうっていうか、言うことがいちいち面白い。

「おじいちゃん、ツメツメやなあ。はよ大阪駅着かんかなあ
大阪駅に着くやろ、そしたらいっぱい降りるやんか。
その時、す~っと動いて席とるんや。
はよ大阪駅着かんかなあ」

要はオバタリアン予備軍である。

そういう経験をしているので、なんとか神戸方面から特急座席指定席で京都大阪に行く方法を探究していたのですが、これがなかなかない。

地元の皆さんは、特急、座席指定、というと、「え~っ」って感じなんですけど、
私も行衛さんも海外在住なので、「ジャパンレールパス」というのが使えるのです。
これは、1週間単位の定額で、JR在来線普通列車のみならず、のぞみ以外の新幹線と寝台車以外の特急に座席指定で乗れるというものなんです。


それでしつこく調べているうちにわかったのが、

スーパーはくと

という特急なのでした。
これは2時間に1本ぐらいしかないのですが、

三ノ宮、大阪、新大阪、京都

に止るのです。

あと、

はまかぜ

っていうのもあるんだけど、これは神戸駅にも止るからいいなあ~、と一瞬思うんだけど、あと、三ノ宮と大阪だけで、つまり、新幹線に接続しないのよね。その点、新大阪と京都両方で新幹線に接続するスーパーはくとは使える!!

しかもスーパーはくとはその停車駅のチョイスがするどいだけではない。

車内が異常に快適なんですよ。
初めて乗ったとき、「なんだこれは~」と衝撃を受けました。
とにかく、どこもかしこも和テイストでおしゃれでキレイ。
シートも腰のサポートが良く、フットレストも付いて新幹線より疲れない。
ディーゼルエンジンの加速感と振り子式車両の乗り心地もものすごく、

そんなわけですっかりスーパーはくとにはまってしまったのでした。

それにしてもおかしいなあ、スーパーはくとって余りにも何かが違いすぎる、と思っていたら、
スーパーはくとはJR西日本ではなく、何と、第3セクター智頭急行の車両。
第3セクターの鉄道といえばどこも青息吐息なのですが、智頭急行はスーパーはくとのおかげでかなりいけてるらしいのです。


またスーパーはくとにはまったのはそれだけではない。

昨年夏の参院選挙前、菅総理の突然の「自民党案を参考に、消費税10%」発言に対して自民党政調会長石破茂氏が、
「まあ、抱きつきおばけみたいなもんでしょう」とおっしゃり。

この石破茂政調会長というのは鳥取県選出の衆院議員!!

スーパーはくとの行き先は鳥取!!!


これらが私の脳内醗酵機序に激しく関与したのは言うまでもありません。


その夏の日本ツアー中、徐々に徐々に「抱きつきおばけ」が形を現してゆき、
しまいにはバーいっしーでの30分にわたる一大エピックとなるまでに至ったのであります。

それのやや短縮版がCD収録の「Clinging Bogy(抱きつきおばけ)」というわけです。


話は長くなりましたが、そういうわけで、京都への移動日に戻りますが、

昼間は行衛さんはモッチーさんの案内で元町のレコード屋に行くことになっており、
私はハーバーランドに行きたいので、

「んでは三ノ宮のスーパーはくとのホームで」

私は各駅停車で神戸駅から三ノ宮まで、
駅に着いてホームに降りたら、
そこに行衛さんがいたヨ。

いえ、2両編成とかじゃありませんよ。
神戸ですからね、もう、長~い車両編成とホームです、前日の新大阪でもそうだったけど。

このとき初めて、「そ~いえば念のため」って言って、携帯番号を交換したのでした(笑)



<つづく>
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2012-01-27 02:48 | Performance ライヴ関係のお話 | Comments(0)
日本ツアー2週目 月食観測付インプログレ、スタジオライブ、はとよけ部長
日本ツアーも中盤に入り、ますます盛り上がったりくたびれたり、といろいろです。

魔女と段ボール@バーいっしーのあとは、神戸ビッグアップルでインプログレワークショップ&ライブ、月食観測付、でしたが、その前に2日間のオフだったので、京都→大分と旅行をしてから神戸入りしました。

京都は藤家旅館の新猫女将見習いリリーちゃんに会うのが目的。
まだ4ヶ月のやんちゃ盛りで、猫女将業務はひとりでできないため、人間の女将さんにお部屋まで連れてきてもらいました。


夏に大分に行ってすごく気に入ってしまったので、本当はライブもやりたかったのだけど、あんまりそうしょっちゅうやってもナンかなあ、と思って今回は遠慮しちゃったんですが、同じ特急ソニックで楽器を抱えて大分駅で降りる一団と遭遇して、ああ~やっぱりライブブッキングすればよかった~などと、往生際の悪い私

大分では前回会えなかった大分第一ホテル8階テラスの「はとよけ部長」3代目いち ちゃんと、「はとよけ部員」もも ちゃんに会えて感激:



c0129545_23275672.jpg
c0129545_23285655.jpg
c0129545_23281852.jpg




大分第一ホテルは来年秋までに営業終了だそうで、はとよけ部員たちの処遇が気になるところ。ご自身も猫6匹を飼っておられる8階レストラン従業員の方も、それが目下緊急の課題だとおっしゃっていました。

神戸インプログレワークショップは今回非常に充実した内容となり、夜の部のライブにぴったりと照準をあわせ、8分の5、4分の5、4分の7、など変拍子でリフをつくり、その上でスケールを指定したり途中で変化させていったり、などをやり、また、セッション中自然発生したウエストアフリカンリズムの練習を改めてやったり、など。音量バランスや役割バランスが非常に良かったのが印象的でした。

東京でもやったStatement Heelsのリフを使ったインプロも、全く雰囲気の異なる演奏となり、これも大変興味深かったです。

ライブの後はみんなで月食観測へ。

はじめ、お店の外に出て路上で観察していたのですが:


c0129545_23312089.jpg


ビッグアップルのマスターの案内で、ビルの屋上へ。
街灯などにじゃまされなくなって、空が格段に暗く、星の数もものすごくたくさんになり、月が立体的に、かつ、近く見えるようになりました:


c0129545_23314139.jpg




翌日曜日お昼過ぎから東京、田町のアワーハウスでスタジオライブ。
Guignol's Band にゲストで入るという形態で、
ユミ・ハラ・コークウェル Vo, Key
くぅた Sax
ルイス稻毛 Bass
尾城典一 Drums
という編成。

さっそく月食観測ネタを白兎ネタにからめて語り物インプロと、
脱力系で始めて「災後の子守唄」の歌詞のヴァリエーションを使ったインプロを。
後半でのくぅた さんのかそけき単音ロングトーンと、ルイスさんのソロが特に印象的でした。
私も追加の歌詞(にげてゆけないこどもらよ)が浮かんできて、自分で胸が苦しくなってしまった瞬間があり、ちょっと特別な空間が出現したように思います。

明日からの日程です:

12月13日(火) 京都 五条 パーカーハウスロール open 19:00/start 19:30
charge 2000円(要1オーダー) 
ユミ・ハラ・コークウェル/環(taiqui&izumo makiko)/びろうどねこ with 河端一(Acid Mothers Temple)
〒600-0000 京都市下京区烏丸通松原下る東側五条烏丸町397 メンバーズゴルフビルBF 075-352-8042
http://parker-house-roll.com/ *歌モノ多めで行く予定です

12月16日(金) 阿佐ヶ谷 JambJamb 20:00 投げ銭
《佐藤行衛&ユミ・ハラ・コークウェル! インプロ・ライヴ》乱入予定: くぅた
03-3338-2912
http://www.cosmomagicpro.com/jambjamb/index.html
*ラジオx2+声とかクラリネオとか、いつもと違うセットになりそう!!

12月17日(土)所沢音楽喫茶モジョ
 「とくべつな夜 vol.4」
Open 19:00/Start 20:00〜3:30 2300円(ドリンク別)
メチル/魔女と段ボール(ユミ&蔦木俊二)/石原顕三郎(THE TRAVELLERS)ナカムラ(モアリズム)/THE LOCALS(ルイ、塚本功、キンタロー、ナオキ)/赤い疑惑/ノイズの友
〒359-1124 埼玉県所沢市東住吉7-9 T.ingビル201 TEL 04-2923-3323
http://www.mojo-m.com/
*魔女と段ボール(ユミ・ハラ・ コークウェル、蔦木俊二)は21:00〜21:50 の予定

12月18日(日)神戸 西元町 のらまる食堂2F 19:30 投げ銭 
ユミ・ハラ・コークウェル/デカルコ・マリィ(dance)/石井与志子(dance)
/のらまるばんど(もとき、ありもと、たなか,and more)      
〒650-0022 神戸市中央区元町通5丁目8-12 TEL 090-1240-0442
http://www5.hp-ez.com/hp/noramaru/page1
阪神西元町駅東出口階段上がると目の前
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-12-12 23:37 | Performance ライヴ関係のお話
日本夏ツアー報告: 7月2日~5日 ユミ&行衛白うさぎツアー
この7月の夏ツアーは7月2日~5日 ユミ&行衛白うさぎツアーから始まったのでした。
もう、私も行衛さんも絶好調の大さわぎ、あったことを全て書いていたらもう1冊の本になってしまう勢いで、なので、なかなか書けずにいたようなもの。

7月2日(土) 神戸旧グッゲンハイム邸

着くなり踏み切り、階段、と大荷物持った私にはえらい大変なところだったけど、通りがかりの人が助けてくれて、階段上がったところで、「行衛さ~ん!」と叫んで荷物運んでもらった。

ソウルからタヘちゃんが同行してて、なにかと手伝ってくれたので、大助かり。
今回のかなりの写真はタヘちゃんに撮ってもらったもの。





とても素敵な会場と鳴りのいいグランドピアノで大ハッピ~!

泊めてもらったお部屋は海の見える想像以上に素敵なお部屋。




エアコンがこわれていたけど、夜は海風が入る、とのことで、本当に涼しくよく眠れましたけど、
その話をしてくれた会場の方、管理人さん?マネージャーさん?て聞いたら、

「達久みたいなもんです」

だって! う~ん、この人あなどれないぞ、
で、窓をあけて、

「風がでてきましたね。。。マイナスイオンの感じですね」

はあ?、マイナスイオンって?

「いや~俺ね、マイナスイオンって水蒸気だと思うんですよね」

あのう。。。(爆)


対バンがこれまたすごかった。

沼田里衣(ぬまたりい) ピアノソロ。

のらまるバンド (本木良憲 hand made instruments 田中康之 percussion 有本羅人 sax、clarinet、trumpet 近石 レイ/g) が、バンマスのモッチーさんがネパールに行っていていなくて。

私と行衛さんとタヘちゃんで出番前に何か食べに行こう、って、どこに行くとは言っておらず、たこ焼き屋に入っていたら:





のらまるバンドのギタリストの近石 レイくんがやってきた。何でここにいるってわかったのよ(笑)

で、ここのマスターも親切で気が利くし、4人ですっかり盛り上がってゆっくり会場に戻ると、何とのらまるバンドの出番は終わっていた。。。

テルミン・ユニットand more…(児嶋佐織 theremin,key,etc. 菊池誠 theremin,gt)
(and more…部分は森川訓恵、箏)



テルミン・ユニットand more…には私も行衛さんもすっかりヤられてしまい、2人の間で大ブレークし、ツアー中行く先々でテルミン・ユニットand more…の話ばっかし。

どういう話かというと、例えば、

菊池誠さんはMAGMA Tシャツ(MAGMA印だけでMAGMAの字は入ってないやつ)を着ていたので、私、話題を振るつもりで

「おおっ、菊池さん、MAGMA Tシャツですねっ」

と言ったら、菊池さん、

「当然でしょう」

だって。

すごいでしょう(笑)

それでもう、私、完全にツボにはまって、ツアー先で全員にそういう話をした(笑)
で、みんな、「MAGMA Tシャツに当然は、ない」という意見なので、7月10日大阪コモンカフェでまた菊池さんに会ったとき、「みんな当然はないって言ってますヨ~」って言ったら、

「いやっ、当然でしょう」

ってまだ言ってるの~(笑)

「僕がこれ着てるとみんなMAGMA Tシャツですね、って言いますよ」

って、どういう世界なんじゃ。

という、ひとつの話だけでもこんなになるぐらいスゴイのであるっ!!


翌日7月3日は山口湯田温泉Organ's Melody。
私は初めての山口。





Organ's Melodyに着くと外にいきなり「出張円盤」と書いてあるのですぐわかった。
とてもいい感じの小さいながらも設備完備のお店である。

打ち上げはいい感じのお座敷居酒屋。

 
 

ここで行衛さんは絶好調になってしまい、
何故か隣にいた対バンのシノワのギタリストの膝に手をついて、そのまた隣の人に向かってエアーテルミン(何のこっちゃ)をかけたのである!!
シノワのギタリストは完全に固まってしまい、目が点になったまま数秒経過したため、私が「大丈夫ですか?」と声をかけると、

「なんか、膝にあたたかいものが。。。」とかぼそい声でお答えになり、すると行衛さんが、

「いいじゃないの、体感マシーンみたいなものだから」

って、「体感マシーンみたいなもの」って言われましても、その、「体感マシーン」って何なのヨ(笑)


翌日7月4日は福岡箱崎水族館喫茶室。
できれば午前中に秋吉台に行きたかったのだけれど、雨で断念、かわりにホテルの屋上の露天風呂。

博多のホテルに着いても行衛さんは爆睡を選択、
私はひとりでうどんを食べに外出。

博多はうどんがやわらかいという情報があって、あえてチェーン店の杵屋に行く。ごぼ天などがあって、チェーン店でもやはりローカル色あり。

この日はドラマーの武井庸郎さんと共演。
ピアノも素敵、とてもいい感じのセットになった。
福岡でのライブは初めてなんだけど、私のことを昔から知っていて、来てくれたというお客さんがいて感激。いろんな所に行くべきだ、とつくづく思う。


7月5日最終日は大分At Hall。

大分At Hallなんだかとても便利な場所にあり、「半径50mで」(行衛談)大分を満喫してしまう。

この時のお話は以前ちょっと書いた: 大分のとうがらし






翌朝行衛さんたちはフェリーで韓国に帰るため早朝出発。
私はひとりで大分名産品を揃えたホテルの朝食。






そのあと、念願の水族館へ。サル山で有名な高崎山の向かいにある「うみたまご」。本当は最近できた別館「イルカ島」の方に行きたかったんだけど、公共交通機関では絶望的に不便なため、バスで行ける本館の「うみたまご」の方へ。




こんな感じのこじんまりしたショーのあと、イルカがまだ泳いでいるのでなんとなく残って眺めていたら、ボールが出てきた:




係員の人が、「イルカがボールを投げてくるかもしれません、そしたら投げ返してあげると喜びます」と言うのである!! 

で、このあとえんえん1時間ばかりイルカとキャッチボールしちゃった。


その時撮ったビデオは、ソロアルバムのプロモビデオに使いました!


[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-08-30 11:05 | Performance ライヴ関係のお話
日本夏ツアー2011: それは「セロテープ・ひも・福助」から始まった
皆さん、海外から日本の空港に着くと、まず、「検疫」ゲートを通りますよね。

あそこで私、いつも気になるんですが、
「犬・猫・コウモリなどに噛まれた方はお申し出下さい」
って大書してあるでしょう。

もちろん狂犬病の恐れがあるからなんですけど、それにしても、
「犬猫」と「コウモリ」は「など」でくくるのがとっても不自然で、笑っちゃいけないんだけど、毎度日本に着くたびに笑っちゃうんですヨ~。

で、今回7月に中部国際空港に着いたあと、何故か栄に直行したんだけど、
スカイルのダイソーでこんなの発見:

c0129545_7151273.jpg


「セロテープ・ひも・福助」~!?

「犬・猫・コウモリ」と同じ感じがする。

セロテープとひもは確かに台の上にある:

c0129545_7164067.jpg


ので、「福助」とは、何か私の知らない隠語かなんかで、台の上にあるもののことなのか!?

余りにも気になるので、レジのお姉さんの手がすくのを見計らって、

「あのう、セロテープ・ひも・福助の福助ってなんですか?」

と聞いてみた。

すると妙に慌てた様子で、

「ああっ、それ、あの、こっちのことなんです、なんでもないんです」

などと言う。

そこで私は「セロテープとひもは台の上にあるんで、何か台の上にあるものが福助って名前なのを私が知らないのかと思って」と言うと、それでもなお、

「いえ、ちがうんです、こっちのことなんです」

と言う。

何なんだろう。。。それにしても、「セロテープ・ひも・福助」はおかしいぞ。



というわけで、ツアー中出会った変な立て看や張り紙:

これは行衛さんが気になった、新幹線西明石駅にて、「コメットいうか?」
しかし、「コメット・紙テープ・胴上げなど」などとは書いてない所は好感がもてる
c0129545_7192521.jpg


こちらは高山のスーパーで。
すべると「こわい」のでって
c0129545_720678.jpg

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-08-19 07:21