<   2016年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ユミ カンタベリー関連音源1時間mix
私がリンジー・クーパーの曲をやるようになったきっかけのポッドキャスト、マシュー・ワトキンスの「国境なきカンタベリー」が、なんと!!私の1時間特集ミックスをしてくれまして!!ヒュー・ホッパーとのデュオHUMI、The Artaud Beats, Jump for Joy!, Half the Sky、you me & usなどなどかけまくってくれております!!こんなふうにして自分で聴くことはないので、なんか、私の過去10年の集大成って感もあります。YouTubeのオーディオなども入っているので音質的には最高ではありませんが、もしよかったら聴いてみてください。私のコーナーの他も興味深い音源揃いです。
http://canterburywithoutborders.blogspot.co.uk/2016/12/episode-41.html


  • Half the Sky — "Waited/Justice" (live at RIO festival, Carmaux, France, 2016-09-18)
  • You, Me & Us — "Masta Builder" (from Poesy At Play, 2014)
  • Artaud Beats — Ipso Facto (from Logos, 2015)
  • Bat Pullover — "Jump for Joy! part 1: Time" (from Jump For Joy!, 2016, live in Göteborg, Sweden, 2016-08-12)
  • Delta Saxophone Quartet [with Hugh Hopper, Yumi Hara and Simon Pearson] — "Wrapped 25/4 Box (With Ribbons)" (live at Kettle's Yard, Cambridge, 2008-02-08)
  • HUMI — "The Wind That Divides" (live at Club Integral, London, 2007-11-01)
  • Artaud Beats — "The Floating Word" (from Logos, 2015)
  • Bat Pullover — "InstruMental" (from Jump For Joy!, 2016, live in Göteborg, Sweden, 2016-08-12)
  • HUMI — "The Shape of a Haze" (live at Club Integral, London, 2007-11-01)
  • Daevid Allen, Yumi Hara and Ian East — "Who's Afraid?" (live in the woods, near Canterbury, 2013-05-01)
  • Yumi Hara — "O Caroline" (live in Tokyo, 2013-06-13)

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-12-14 08:46 | News ニュース
無事ロンドンに帰ってきました。
c0129545_07321471.jpg
Half the Sky photo by Naoko Shibuya
c0129545_06502824.jpg
Canterbury favourites photo by Atsushi Asano
c0129545_06532450.jpg
Chris Cutler & Yumi Hara with Toshiaki Sudoh photo by Takako Takahashi

無事ロンドンに帰ってきました。
Half the Sky とカトラー&ユミwith須藤俊明にお越しいただいた皆様本当にありがとうございました。
会場、リハーサルスタジオの皆様には尋常ならざるご好意をもって助けていただきました。
今回の日本滞在はあらゆる意味で私の音楽活動の新たなる局面を開いたような気がします。
と同時に、お客様、会場の皆様、バンドメンバー、共演者の皆様、サポートスタッフ(と言っていいのかわかりませんが、あえて言わせてください)の皆様に本当に喜んでいただけたこと、楽しんでいただけたことを思いますと、なにやらなにか私自身の音楽活動ということだけではない、なにやら、この世の善き事の何かの一部に貢献できたような、そんな有難い気持ちさえ起こってくるのでございます。
今回は完全に作曲されたものの演奏(Half the Sky によるリンジー・クーパー作品の演奏)、作曲された歌ものではあるが、即興的に反応しながら演奏したもの(清水一登さんとのカンタベリー名曲集)、即興ではあるがあらかじめ用意された歌詞を用い、激しくビート志向な演奏(カトラー&ユミwith須藤俊明)の3つの方向性が全てお互いによい方向に脳内で作用していたように思いますし、今後もこれら3つが私の基本になっていくように思われます。
皆様、本当にありがとうございました!!
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-12-08 07:35 | Performance ライヴ関係のお話