<   2011年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧
7月10日(日) 大阪 Common Cafe インプログレ ワークショップ
7月10日(日) 大阪 Common Cafe インプログレ ワークショップ 
http://www.talkin-about.com/cafe/ http://ompasha.blog.shinobi.jp/
〒530-0015 大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F TEL: 06-6371-1800
谷町線中崎町駅すぐ
ワークショップ 15:00~18:00 ワークショップ参加費 3000円(1ドリンク付き) 20名限定  要予約

ライブ 19:30~ 1000円(+1ドリンクオーダー)

※世界でも珍しい、プログレッシブロックをベースとした即興音楽のワークショップ。
夜のライブは菊池誠(テルミン・ユニット and more.)をゲストパフォーマーに迎え、ユミとワークショップ参加者とでユニットを組んでの演奏になります。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-28 07:12 | Workshop ワークショップ
7月15日(金) 豊橋 即興音楽ワークショップ
7月15日(金) 豊橋 即興音楽ワークショップ オレンジピット(シライミュージック・南栄駅前))

開場19時、ワークショップ19時半~22時半、撤収23時まで
2500円 主催:牛田牛蔵

普段から即興演奏をしている人はもちろんのこと、
楽器は弾いてて、即興演奏に興味はあるけど、これまでやったことのない人、
楽器はたいして何も弾けないけど、何か音を出して即興演奏をしてみたい人、
その他、即興演奏に少しでも興味のある人は、是非ご参加ください。

また今回は、「自然な人間の体の構造と動き」と「楽器という不自然なものを弾くということ」の折り合いのつけ方について、リラックス法、無理のない体の動かし方などについてのお話と実技もいたします。私は医学部出身かつ、体力筋力が非常にないため、とってもアンチ体育会系アプローチで、体に無理をしない演奏というのをつねづね考え実践してきているのです。

※今回の豊橋ワークショップは「インプログレ」ではありません。
ノンジャンルで、どなたでもご参加いただけます。
ご予約はこちら
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-28 07:07 | Workshop ワークショップ
7/23(土)第3回ヴォーカルワークショップ: 英語の歌い方、無理しない発声法、音楽知識を強化する
好評のヴォーカル・ワークショップです。ロック/ポップス歌モノコピー系の方に適しています。英語曲のダメ出し希望者大歓迎。懇切丁寧に指導いたします。最後は豪華バックバンド付きでの発表会を予定! お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしています。

■日程・会場

2011年7月23日(土)

東京・奥沢/自由が丘 マジックトーンスタジオ Aスタ(30畳)
 東京都世田谷区奥沢5-1-16 奥沢駅前ビルB1
 (東急目黒線奥沢駅前、東急東横線/大井町線自由が丘駅南口徒歩6分)
 電話03-5701-0047 http://magic-tone.com/

12:00 WS参加者集合、セッティング
12:30 第1部:WS開始
16:00 WS終了、休憩、セットチェンジ
16:30 第2部:発表会開演
18:30 発表会終演
19:00 撤収~希望者は近所で打ち上げ懇親会

発表会のみ観覧の方は、16:00までに会場ロビーでお待ちください。

■参加条件

1. プロ・アマを問わず、ヴォーカル/コーラス担当(志望)の方。
 バンドやセッションで、ロック/ポップス系の英語の歌モノを歌う方
 (便宜上「インプログレ」コミュニティ内にイベントを設けましたが、
 即興をする必要はありません)。
2. マイクを使う前提ですので、クラシックやミュージカルをやりたい方には不向きです。
 また、デスメタル系の方にも不向きです。
3. WSで歌っていただく曲は、当方でリストを用意し、その中から選んでいただく方式を採ります。曲は近日中に発表いたします。
4. 事前に申込が必要です。下記「申込」欄をご覧ください。
 募集人数は15名程度までとし、定員に達した時点で締め切らせていただきます。
5. WSの趣旨から、遅刻早退のないようにご参加ください。

■ワークショップ内容

1. マイクの基礎知識、扱い方、マイクテクニック、バンドで歌う心得全般
2. 呼吸を止める技術、発声法全般
3. 英語で歌うときの知識、技術
4. 各自が持ってきた曲の歌唱指導
5. (合唱)
6. バンドとのリハーサル
7. お客様を入れての発表会

■参加費(軽食と飲み物付き、税込)

WS参加者:6500~11000円(参加者数により変動します)
ミニライブのみ観覧:2000円前後(参加者数により変動します)
(打ち上げ懇親会は別途)

■申込

受付開始:6月11日(土)午前10時
受付第1次締切:7月8日(金)18時
andomewアットマークnifty.comまでメールでお申込ください。

・件名を【7/23WS申込】または【7/23発表会申込】としてください。
・お名前と電話番号(できれば携帯)を明記ください。
・歌いたい曲については追ってご連絡いたします。

■その他

・会場内は飲食可です。主催者側でも軽食と飲み物を用意しますが、のど飴や自前の飲み物などは各自ご用意ください。
・WSについてご希望のある方は、主催者までお知らせください。
・参加はしたいがどの曲を選んだらいいかお悩みの方、音源や歌詞について再生/閲覧環境にないなどお困りの方は、お気軽に主催者までご相談ください。
・WS内容等について、会場への直接のお問合せはご遠慮ください。
・以上の告知内容は、変更する場合があります。

■主催/問合せ

TOAPP(トゥアップ)音楽事務所(代表:MEW)
電話:080-5684-5150
Eメール:andomewアットマークnifty.com

■講師紹介

ユミ・ハラ・コークウェル(Pf, Vo)
ロンドン在住の作曲家/キーボード奏者/ヴォーカリスト/インプロヴァイザー。ソロヴォーカリストとして即興演奏を行うほか、デヴィッド・クロス(元キング・クリムゾン)、ヒュー・ホッパー(元ソフト・マシーン)、ジェフ・リー(元ヘンリー・カウ)、スティーブ・ハウ(イエス、エイジア)などとのデュオプロジェクトでも活動。1996年から在英日本人パフォーマンスグループ、フランク・チキンズのメンバー。日本で精神科医として勤務の後、1993年に渡英。現在はイーストロンドン大学音楽学講師として音楽教育に携わるほか、即興ワークショップも精力的に行っている。

★こんな心当たりのある人は、ぜひご参加ください!

・バンドやセッションで、楽器隊の演奏はいいのに、
 自分の歌だけはどうもカラオケっぽい。
・自分ではそこそこ歌えているつもりだけど、
 本当はみんなどう思ってるんだろう?
・歌(声)は、その人の肉体に直結するイメージがあるので、
 もし下手でも周囲が指摘しにくいのでは?

・楽器は、専門誌があったり、演奏者同士で情報交換できるのに、
 ヴォーカリストの情報量は少ない。教室に通うと、レッスン料が高い。
・楽器は手足の動きが見えるので、どこをどうすればいいかが
 本人にもわかるし、周囲も指摘しやすいが、歌だとそれが難しい。
・音楽仲間内では、歌が上達できる機会に乏しい。
 権威を持ってダメ出ししてくれる人や、そういう場がほしい。
・一人で歌っているけど、機会があればバンドと一緒に歌ってみたい。

・ボイストレーニングを受けてみたが、どうもしっくりこなかった。
・ロックを歌いたいのに、クラシック(ミュージカル、歌謡曲)ばかり歌わされた。
・体育会系的な指導をされ、のどを傷めてしまった。
・体力がない(肺活量が少ない、漢方で言う虚証系)ので、ついていけない。

・バンドやセッションで、以下のような用語を聞くが、意味がよくわからない/数えられない。
 ○拍子、○小節、○拍、○分音符(休符)、○ビート、オモテ・ウラ、クう、ハネる、Aメロ・Bメロ・サビ …

「私は最初に日本で日本人の先生に英語ヴォーカルを習い、
その後、英国で英国人、インド人、ニュージーランド人に歌を習ったのち、
英国で日本人を教えるようになり、
今は英国で英国人および各地からの留学生を教えています。

その経験から、日本人が英語圏の音楽を歌いたい時に遭遇する問題点の克服法を独自に発展させてきました。

私はけっして英語圏の音楽至上主義ではありませんが、もしロックやポップスを英語で歌うとしたら、やはりそれなりの基本をおさえておかないと、おかしなことになります。それは、英語という言語の独特な音節構造が、英語圏で発展した音楽のリズムと不可分な関係にあるからなのです。基本をおさえたうえで、あえてはずすのは、また別のことです。

今回はこの英語の音節構造と英語圏音楽のリズムの不可分の関係に焦点をあて、英語の歌の練習の仕方を指導致します。

また、発声練習では、音程練習、スケール練習、コード練習を取り入れて、インストルメンタリストに引けをとらない音楽の知識の積み重ねを目指します。また、これらの練習は即興にも非常に役に立ちます。

呼吸法、発声法については、観念的、体育会的練習は排し、医学部出身の知識、経験を生かした科学的アプローチで指導いたします。私自身筋力が弱く、肺活量も少ないため、無駄なく歌う方法を探求してきましたが、発声というものは、呼吸自体よりも呼吸の止め方が問題であると考えています。

歌唱指導では、楽曲の分析に踏み込んで、音楽を理解した上で歌う、「なめられないヴォーカリスト」育成を目指します。

一日で必ず上達する、という保証はできませんが、これからの練習に役立つ方法のいくつかは、必ず身につけていただけると確信しています」
(Yumi Hara Cawkwell)
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-28 07:02 | Workshop ワークショップ
7/24(日)「インプログレ」ワークショップ  東京・奥沢/自由が丘
世界でも珍しい、プログレッシブロックをベースとした即興音楽のワークショップ(以下WS)です。後半はお客様を入れてのミニライブ形式で行います。お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしております。

■日程・会場

2011年7月24日(日)

東京・奥沢/自由が丘 マジックトーンスタジオ Aスタ(30畳)
 東京都世田谷区奥沢5-1-16 奥沢駅前ビルB1
 (東急目黒線奥沢駅前、東急東横線/大井町線自由が丘駅南口徒歩6分)
 電話03-5701-0047 http://magic-tone.com/

12:00 WS参加者集合、セッティング
12:30 第1部:WS開始
16:00 WS終了、休憩、セットチェンジ
16:30 第2部:ミニライブ開演
18:30 ミニライブ終演
19:00 撤収~希望者は近所で打ち上げ懇親会

ミニライブのみ観覧の方は、16:00までに会場ロビーでお待ちください。

■参加条件

1. プロ・アマ、ジャンルを問いませんが、音楽演奏の経験があり、「この音を出そう」と思って演奏するとその音が出るレベルの方(★即興演奏の経験や、速く弾く技術は必要ありません)。
2. 楽器の持参が可能な方(ドラム、キーボード、マイク、アンプ、PAは会場にあります)。
3. ボーカルも含め、楽器の指定はありません。
4. 募集人数は15名程度までとし、定員に達した時点で締め切ります。
5. WSの趣旨から、遅刻早退のないようにご参加ください。

■ワークショップ内容

第1部(WS):引き続き「リズム」に焦点を当てます。変拍子のリフを作って、その上にリズムを面白くするリフをどんどん重ねていき、さらにシンコペーションしたり、ソロをとったり…というようなことをします。ほかに、即興が基盤となったプログレ名録音実例の分析、小グループ編成で実技を交えた実践的な講義、フリーセッション、など。さらに、参加者のリクエストにも、できる限りお応えしていきますので、どしどしお寄せください。

第2部:WSを踏まえての、公開ミニライブ(ユミ講師も共演!)

■参加費(軽食と飲み物付き、税込)

WS参加者:6500~11000円(参加者数により変動します)
ミニライブのみ観覧:2000円前後(参加者数により変動します)
(打ち上げ懇親会は別途)

■申込&問合せ:

受付開始:6月11日(土)午前10時
受付第1次締切:7月8日(金)18時
andomewアットマークnifty.comまでメールでお申込ください。

・件名を【7/24WS申込】または【7/24ミニライブ申込】としてください。
・お名前と電話番号(できれば携帯)を明記ください。
・WS参加者の方は、担当楽器を明記ください。

■その他:

・会場内は飲食可です。主催者側でも軽食と飲み物を用意いたします。
・WSについてご希望のある方は、主催者までお知らせください。
・WS内容等について、会場への直接のお問合せはご遠慮ください。
・以上の告知内容は、変更する場合があります。

■主催/問合せ

TOAPP(トゥアップ)音楽事務所(代表:MEW)
電話:080-5684-5150
Eメール:andomewアットマークnifty.com

■講師紹介:

ユミ・ハラ・コークウェル(Pf, Vo)
ロンドン在住の作曲家/キーボード奏者/ヴォーカリスト/インプロヴァイザー。ソロヴォーカリストとして即興演奏を行うほか、デヴィッド・クロス(元キング・クリムゾン)、ヒュー・ホッパー(元ソフト・マシーン)、ジェフ・リー(元ヘンリー・カウ)、スティーブ・ハウ(イエス、エイジア)などとのデュオプロジェクトでも活動。1996年から在英日本人パフォーマンスグループ、フランク・チキンズのメンバー。日本で精神科医として勤務の後、1993年に渡英。現在はイーストロンドン大学音楽学講師として音楽教育に携わるほか、即興ワークショップも精力的に行っている。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-28 06:58 | Workshop ワークショップ
ユミ東京日程決定: with 石橋英子 蔦木俊二 マンマル・マシーン ヴォーカルWS インプログレWS
いや~、今年の東京日程は決定までなかなか大変でした。
実は今回のほとんどの日程は2月までに決まっていて、
航空券も買ってあり、だったのですが、
東京は相談中問い合わせ中の最中に3月11日が到来し、
しばらくは話が様子見となり。。。

私はいつもルフトハンザを使っているのですが、
3月中しばらく成田便が全てなくなり、中部発着に振り替えとなっていたのですよ。
その中部発着便も関空便も全てソウル経由で、乗務員の交代と給油をソウルでやっていたそうです。つまり、日本には乗務員も飛行機もステイさせてなかったんですね。

それで、それ以前に航空券を買ってあった私の所にも旅行をキャンセルまたは延期したい方はできます、という連絡があり。成田便の航空券を持っている人は名古屋までの新幹線代も出たそうです。私はもともと中部発着便なので、キャンセルとか延期は全然考えてなかったんですが。

ここで思ったのは、「+J」が今年の秋冬が最後のコレクションになるという話(Я様情報ありがとうございました)。ジル・サンダーはずいぶん日独間を往復してたみたいだから、もう日本に来るのが難儀になっちゃったんじゃないかなあ、なんて想像。海外から人がだんだん来なくなるよなあ、現実に難儀になっちゃっちゃなあ、などとも思う今日この頃。


まあ、いろいろありましたが、めでたく話がまとまった東京日程をお知らせいたします~!

まずは
7月8日(金) 東京 七針 http://www.ftftftf.com/index.html
「恐慌する魔女と段ボールは微笑」
ユミ蔦木俊二石橋英子
〒104-0033 東京都中央区新川2-7-1 オリエンタルビル 地下 TEL: 03-6806-6773 
日比谷線八丁堀駅徒歩3分 日比谷線/東西線茅場町駅徒歩5分
open 19:30/start 20:00 2000円 

暮れの高円寺ペンギンハウスで共演した蔦木さんとの「魔女と段ボール」としての最共演に、
私は初共演になる、石橋英子さんをお迎えしておおくりする怪しくも妖しい一夜!!
石橋さんを知ったのは吉田達也さんとソフトマシーンセカンドの曲をカバーしてるってこと!こりゃあツボだあ!と思ったのが最初。それから共通の共演者がいっぱいいることを知ったのですがご本人にお会いするのはこれが最初になります。


7月13日(水) 東京・大井町 グル-ヴァ-ズ・パラダイス

http://d.hatena.ne.jp/meiteizz/ http://www.bloc.jp/zzking69/
マンマル・マシーン
〒140-0014 東京都品川区大井1-1-16 飲食店街オ-イBF TEL: 03-6429-9451
open 18:00/ start 19:30 投げ銭+テーブルチャージ300円+要オーダー 
出演: マンマル・マシーン (ユミ、宮崎りえ、タバタミツル、渡邊靖之)
Love-A (Love: B, サチエ: Dr)

なんとっ!!地元大井町での凱旋ライブ!!
小学校の時の鼓笛隊指揮者以来、初の地元ライブなんですよ~!!!
マンマル・マシーンは今回この東京公演1回のみ!!!
いっしーさんに紹介していただいたお店グル-ヴァ-ズ・パラダイスに皆様終結し、激飲食してってくださいね~~~!!
ウチの実家の店があった(今はない)昭和30年代から変わらぬ飲み屋横丁「東小路」などの世界遺産級(笑)町並みが残る大井町、一度観光がてらお越し下さいませ!!


そして恒例のワークショップx2、

7月23日(土) 東京 ヴォーカルワークショップ 英語の歌い方、ステージ読経、じゃなかった度胸、振り、動き、等等、ヴォーカリストに必要ないろいろをご要望に応じて網羅!!

マジックトーンスタジオ Aスタ(30畳) http://magic-tone.com/
〒 158-0083 東京都世田谷区奥沢5-1-16 奥沢駅前ビルB1 TEL: 03-5701-0047 
東急目黒線奥沢駅前、東急東横線/大井町線自由が丘駅南口徒歩6分

12:00 WS参加者集合、セッティング
12:30 第1部:WS開始
16:00 WS終了、休憩、セットチェンジ
16:30 第2部:発表会開演
18:30 発表会終演
19:00 撤収~希望者は近所で打ち上げ懇親会

WS参加者:6500~11000円(軽食と飲み物付き、税込、参加者数により変動します)
ミニライブのみ観覧:2000円前後(参加者数により変動します)
(打ち上げ懇親会は別途)

発表会のみ観覧の方は、16:00までに会場ロビーでお待ちください。
andomew@nifty.comまでメールでお申込ください。
詳細は こちら 


7月24日(日) 東京 インプログレ ワークショップ 

最近はいろいろ体の故障を訴えるミュージシャンの話を聞きますので、今回はご要望があればちょっと健康管理というか、演奏、練習における正しい体の動かし方や姿勢保持なんかについてもお話、実技をしようかな?

マジックトーンスタジオ Aスタ(30畳) http://magic-tone.com/
〒 158-0083 東京都世田谷区奥沢5-1-16 奥沢駅前ビルB1 TEL: 03-5701-0047 
東急目黒線奥沢駅前、東急東横線/大井町線自由が丘駅南口徒歩6分

12:00 WS参加者集合、セッティング
12:30 第1部:WS開始
16:00 WS終了、休憩、セットチェンジ
16:30 第2部:ミニライブ開演
18:30 ミニライブ終演
19:00 撤収~希望者は近所で打ち上げ懇親会

ミニライブのみ観覧の方は、16:00までに会場ロビーでお待ちください。
WS参加者:6500~11000円(軽食と飲み物付き、税込、参加者数により変動します)
ミニライブのみ観覧:2000円前後(参加者数により変動します)
(打ち上げ懇親会は別途)
andomew@nifty.comまでメールでお申込ください。

詳細は こちら 
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-28 06:51 | Performance ライヴ関係のお話
「Nota Bene」video at Drusko Manija, Audio improved!!
「リトアニアの旅3」でご紹介した、ビルビーネとアコーディオンで演奏された私の曲、「Nota Bene」(ノウタ・ビー二)ですが、
音質向上ヴァージョンをアップしました。
画像は以前と同じで私のデジカメで撮ったビデオですが、
音の方はフェスティヴァルの公式レコーディングを用いて、ビデオ用にさらに手を加え、音質向上をはかりました。お楽しみ下さい!!

「Nota Bene」(ノウタ・ビー二) ユミ作曲
アンサンブルの名前は「BAccK」
ビルビーネ: イルマンタス・アンドリウーナス
アコーディオン: ダニエリウス・ロゾヴァス


[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-23 10:23 | News ニュース
ユミ&行衛 Yumi & Yukie 'Ride A White Rabbit' lyrics, translation and transliteration
ユミ&行衛 Ride A White Rabbit収録曲の歌詞、英訳、和訳

Words of the songs written by Yumi from Yumi & Yukie's CD 'Ride a White Rabbit'

Original words in Japanese and English
Transliteration in Roma-ji if original is in Japanese
Translation to English

I haven't included the words originally from Japanese traditional songs here.


c0129545_745486.jpg


Track 1 虹を追いかけたよ Niji wo Oikaketa yo (I Followed the Rainbow) words by Yumi Hara Cawkwell

(Original in Japanese)

運転中に大雨のにわか雨のあと
急に日がさしてきて
大型トラックのはねる水しぶきの中に虹が
トラックを追い抜かないで私は虹を追いかけたよ

ゆっくり行こう ゆっくり行こう ゆっくり行こう
ゆっくり行こう ゆっくり行こう ゆっくり行こう

大雨のにわか雨のあと
急に日がさしてきて
大型トラックのはねる水しぶきの中に虹が
トラックを追い抜かないで私は虹を追いかけたよ


高速道路の虹
ゆっくり行く時だけに見える虹

つかもう虹を つかめない虹を
写真に撮れない虹を ビデオに撮れない虹を
ゆっくり行く時だけに見える虹

ゆっくり行こう 水しぶきの中の虹
ゆっくり行こう 水しぶきの中の虹

(Transliteration in Roma-ji)

Untenchuu ni ooame no niwaka ame no ato
Kyuu ni hi ga sashite kite
Oogata torakku no haneru mizu shibuki no naka ni niji ga
Torakku wo oinukanai de watashi wa niji wo oikaketa yo

Yukkuri ikou, yukkuri ikou, yukkuri ikou
Yukkuri ikou, yukkuri ikou, yukkuri ikou

Ooame no niwaka ame no ato
Kyuu ni hi ga sashite kite
Oogata torakku no haneru mizu shibuki no naka ni niji ga
Torakku wo oinukanai de watashi wa niji wo oikaketa yo

Kousoku douro no niji
Yukkuri iku toki dake ni mieru niji

Tsukamou niji wo tsukamenai niji wo
Shashin ni torenai niji wo
Video ni torenai niji wo
Yukkuri iku toki dake ni mieru niji

Yukkuri ikou, mizushibuki no naka no niji
Yukkuri ikou, mizushibuki no naka no niji


I Followed the Rainbow (translation) words and translation by Yumi Hara Cawkwell


I was driving in a heavy shower
All of a sudden the sun began to shine
I saw a rainbow in splashes made by a big truck
I didn’t overtake, I followed the rainbow instead

Go slow, go slow, go slow
Go slow, go slow, go slow

After a heavy shower
The sun began to shine all of a sudden
I saw a rainbow in splashes made by a big truck
I didn’t overtake, I followed the rainbow instead

Rainbow on the motorway
Rainbow you can see only when you go slow
Catch the rainbow which you wouldn’t be able to catch
The rainbow which you can’t photograph
The rainbow which you can’t video
Rainbow you can see only when you go slow

Go slow, the rainbow in splashes
Go slow, the rainbow in splashes


Track 2 Ride a White Rabbit words by Yumi Hara Cawkwell

(Original in English)

Ride, ride, ride on a White Rabbit
Ride, ride, ride on a White Rabbit
Ride, ride, ride on a White Rabbit
Ride, ride, ride on a White Rabbit

Don’t worry about the Mad Hatter
Don’t worry about those Queens
Don’t worry about the Tea Party
Don’t worry about anything

Just ride, just ride, just ride, ride on a White Rabbit
Just ride, just ride, just ride on a White Rabbit

Head for the sand, dune, head!
Head for the dune on the land of west
Head for the dune on the land of west
Head for the dune, meet the full moon
You will see the rabbit on the moon
You will see the White Rabbit on the moon

Go ahead, go ahead!






Track 7 Dakitsuki Obake (Clinging Bogy) words by Yumi Hara Cawkwell

(Original in Japanese)


私の旅は品川駅から始まる
新幹線の品川駅はJR東日本ではない
JR東海の品川駅から新幹線ひかりに乗ってまずは京都へ向かう

ここは現職衆院議員を辞めさせてまで参院に鞍替えさせた因縁の場所
ああそんな手もあったわね

そんなことはおかまいなしに
京都駅からいよいよと
スーパーはくとの旅が始まる

おべんと買ってくの忘れちゃだめよ
だってスーパーはくとには車内販売ありません
お茶は買ってかなくても大丈夫
だって自動販売機だけはあった

いざ、スーパーはくとに乗って行こう!

スーパーはくとの車両はとっても和テイスト
木目のシート、絣ののれんがトイレの前に
だってスーパーはくとの車両はJR西日本ではなくって
第3セクター智頭急行…ゴージャス

しかも車両は振り子式
ヴァージン・トレインのペンドリノみたい

鳥取駅に着いてまずは駅前観光案内所

「私、宿、予約してこなかったのよ
だって出かける前にラップトップの調子が悪かったから
なるべく駅から近いところがいいわ
水周りがきれいな所がいい
だって私、女の子ですもの」

「そうかい、ならここがいいよ
源泉かけ流しの温泉付、二食付きだよ」

「そうね、じゃあそこにするわ」

駅前のちょっと小ぎれいな旅館に着いた
出てきた若女将はきれいだったけど
だけど着物の趣味が、ちょっと、変
これだったら私の去年のユニクロのゆかたの方がいいぐらいじゃない?

愛想のいい若女将で良かったけど
通されたお部屋も小ぎれいで…ああ、いい感じ

まずは鳥取砂丘へと
空には丸い、丸いお月様
月の上には白うさぎ
お餅を搗いて何千年も何万年も何十万年もそのまま
あのうさぎとスーパーはくとの白うさぎ
みんな同じうさぎかしら

月の砂丘
ああ、何てロマンチック…いいわあ

歩き疲れてお宿に帰る
さっきの若女将が出てきて

「お客さん、今日はお一人ですから
ゆっくり男湯をお使い下さいね
手足を伸ばしてゆっくりお入り下さいね
だけどお客さん、どんなに暑くても窓は開けないで下さい
お部屋の窓も開けないで下さいね
ちゃんとエアコンがついておりますから
お客さんがお風呂にお入りのときにおふとんも敷いておきますから
押入れのふすまも開けないで下さいね
隣のお部屋から音がしても
忘れないで下さいね、お客さん、今夜はお一人ですから」

お部屋の窓も 廊下の窓も お風呂の窓も開けないで
お部屋の窓も お風呂の窓も 廊下の窓も開けないで

だって、抱きつきお化けに抱きつかれちゃう
ああ~
抱きつきお化け、抱きつかれちゃう
抱きつきお化けに抱きつかれちゃう
ああ~、ああ~、ああ~

歩き疲れてそのまま爆睡
それが本当だったのか夢の中だったのか
全然覚えがないけれど

朝になって鳥取駅からスーパーはくと
京都駅に戻ってそこから新幹線ひかり
そのまま霞ヶ関へ…永田町だったかしら

そしてIMFから勧告があったように
消費税を10%にせねばこの国は滅びるぞよ
消費税を10%にせねば
あと10年のうちにこの国は滅びるぞよ!

(Transliteration in Roma-ji)

Watashi no tabi wa Shinagawa eki kara hajimaru
Shinkansen no Shinagawa eki wa JR Higashinihon de wa nai
JR Tokai no Shinagawaeki wa eki kara Shinkansen Hikari ni notte Mazuwa Kyoto e mukau
Koko wa genshoku shuuin giin wo yamesasete made San’in ni kuragae saseta innen no basho
Aa, sonna te mo atta wa ne
Sonna koto wa okamai nashi ni Kyoto eki kara iyoiyo to Super-Hakuto no tabi ga hajimaru
Obento katteku no wasurecha dame yo
Datte Super-Hakuto ni wa shanai hanbai arimasen
Ocha wa kattekanakute mo daijoubu
Datte jidou hanbaiki dake wa atta
Iza, Super-Hakuto ni notte ikou!

Super-Hakuto no sharyou wa tottemo wa teisuto
Mokume no shiito, kasuri no noren ga toire no mae ni
Datte Super-Hakuto no sharyou ha JR Nishinihon de wa nakutte Dai san sekutaa Chizu Kyuko…Gorgeous!
Shikamo sharyou wa furiko shiki Virgin Train no Pendolino mitai

Tottori eki ni tsuite mazu wa ekimae kankou annai jo
‘Watashi yado yoyaku shite konakatta no yo
Datte dekakeru mae ni laptop no choushi ga warukatta kara
Narubeku eki kara chikai tokoro ga ii wa Mizumawari ga kireina tokoro ga ii
Datte watashi onna no ko desu mono’

‘Soukai, nara koko ga ii yo Gensen kake nagashi no onsen tsuki, nishoku tsuki da yo’

‘Soune, jaa, soko ni suru wa’

Ekimae no chotto kogirei na ryokan ni tsuita
Detekita waka okami wa kirei data kedo
Dakedo kimono no shumi ga chotto, hen
Kore dattara watashi no kyonen no UNIQLO no yukata no hou ga ii gurai ja nai?
Aiso no ii waka okami de yokatta kedo
Toosareta oheya mo kogirei de…aa, ii kanji

Mazu wa Tottori Sakyu e to
Sora ni wa marui, marui otsuki sama
Tsuki no ue ni wa shiro usagi
Omochi wo tsuite nan zen nen mo, nan man nen mo, nan ju man nen mo sonomama
Ano usagi to Super-Hakuto no shiro usagi
Minna onaji usagi kashira
Tsuki no sakyu Aa nante Romantic…ii waa

Aruki tsukarete oheya ni kaeru
Sakki no waka okami ga dete kite
‘Okyakusan, kyou wa ohitori desu kara Yukkuri otoko yu wo otsukai kudasai ne
Te ashi wo nobashite yukkuri ohairi kudasai ne
Dakedo okyakusan, donna ni atsukutemo mado wa akenaide kudasai
Oheya no mado mo akenai de kudasai ne
Chanto eakon ga tsuite orimasu kara
Okyakusan ga ofuro ni ohairi no toki ni ofuton mo shiite okimasu kara
Oshiire no fusuma mo akenai de kudasai ne
Tonari no oheya kara oto ga shite mo
Wasurenai de kudasaine, okyakusan, konya wa ohitori desu kara’

‘Oheya no mado mo, rouka no mado mo, ofuro no mado mo akenai de
Oheya no mado mo, ofuro no mado mo, rouka no mado mo akenai de

Datte, Dakitsuki Obake ni dakitsukarechau
Aa! Dakitsuki Obake, dakitsukarechau
Dakitsuki Obake ni dakitsukarechau
Aa! Aa! Aa!

Aruki tsukare te sono mama bakusui
Sore ga hontou data no ka yume no naka data no ka
Zenzen oboe ga nai kere do
Asa ni natte Tottori eki kara Super-Hakuto
Kyoto eki ni modotte soko kara Shinkansen Hikari
Sono mama Kazumigaseki e…Nagata-cho data kashira

Soshite IMF kara kankoku ga atta you ni
Shohizei wo 10% ni seneba kono kuni wa horobiru zo yo
Shohizei wo 10% ni seneba Ato 10 nen no uchi ni kono kuni wa horobiru zo yo!

Clinging Bogy (translation) words and translation by Yumi Hara Cawkwell

My journey began at Shinagawa Station
Shinagawa Station of Shinkansen is not owned by JR East (i)
First of all, I took Shinkansen ‘Hikari’ from JR Central’s Shinagawa Station to Kyoto
This was where the party asked an MP to step down in order for him to be able to stand for the Upper House election
Ah, what a good idea it was…
Anyway, I didn’t care such matters
Now that, from Kyoto Station, My Super-Hakuto journey began
Don’t forget to buy a bento-box (ii)
‘Cause there’s no trolley service in Super-Hakuto
But no need to buy a bottle of tea
‘Cause there’s a vending machine in the train
Now, let’s go riding on Super-Hakuto!

The carriage design had a very Japanese taste
Wooden seatback, hand woven curtains in front of washrooms
‘Cause Super-Hakuto was not owned by JR West
It was owned by a local public-private cooperation company Chizu-Kyuko…Gorgeous! (iii)
Moreover, the trains had the pendulum suspension system Like the Pendolino of Virgin Trains

As soon as I arrived Tottori Station, I went to the tourist information centre
‘I haven’t booked an accommodation
‘Cause my laptop didn’t behave when I left home
I would prefer somewhere close to the station
And I like clean bathrooms, ‘Cause I’m a girl’

‘OK, then, how about this one
With natural flowing hot spa, dinner and breakfast’ (iv)
‘I like it, I will book this one’
I arrived a nice and clean little ryokan (v)
The hostess looked beautiful
But her taste for kimono seemed rather dubious
I guess my last year’s UNIQLO yukata is better than hers (vi)
Anyway, good that the hostess seemed very nice and friendly
The room she showed me was very clean too…bliss!

Then I went to the Tottori Dune
There was a big, round full moon on the sky
And the white rabbit was on the moon
Making rice cake for thousands, ten thousands, hundred thousands of years (vii)
That rabbit and the rabbit of Super-Hakuto
Are they the same white rabbit? (viii)
The dune under the moon
How romantic…love it!

As my legs were aching from a long walk, I went back to the ryokan
The hostess appeared and said:

‘You are the only one guest today
Please use the men’s bath (ix)
Take your time and stretch out your arms and legs in the bath
But please don’t open the window even if it gets really hot
Also don’t open the windows in your room
There’s an air conditioner, so you need not open the window anyway
We will make the futon while you are having a bath (x)
So don’t open the sliding screen of the closet, either
If you hear some noises from the next room, Don’t forget, you are the only guest tonight’

Don’t open the windows of the room, of the corridor, of the bath
Don’t open the windows of the room, of the bath, of the corridor
Otherwise, the clinging bogy will cling to you! Aahhh!
The clinging bogy will cling to you!
The clinging bogy will cling to you!
Aahhh! Aahhh!

For I slept so tight as I was exhausted from the walk on the dune
I really can’t remember whether it was real or in my dream
The morning came and I went to Tottori Station and took Super-Hakuto Back to Kyoto Station, then Shinkansen Hikari
I went to Kasumigaseki straight away…or was it Nagata-cho? (xi)

Then the IMF’s report says If you don’t raise the sales tax to 10%, this country will collapse (xii)
If you don’t raise the sales tax to 10%, this country will collapse in a matter of 10 years!


---------------------------------------------------------------
i The former state owned Japanese Railways split into several private companies.

ii Bento=boxed lunch you can buy in stations and often in long-distance trains.

iii When JR became private companies, some routes which are not economically efficient were discontinued, but some routes were saved by setting up part private, part public railway companies. While most of these companies are in deficit, Chizu Kyuko is one of the very rare successful examples.

iv Natural flowing hot spa are better than circulated and heated spa.

v ryokan =Japanese style inn.

vi Yukata is casual kimono for summer which is easier to wear than proper kimono.

vii The pattern of the craters of the surface of the moon seemed like rabbits making rice cake for the ancient Japanese.

viii ‘Hakuto’ means ‘white rabbit’ and Tottori is the location of the white rabbit story of Japanese mythology.

ix Men’s communal baths tend to be larger than women’s, so it is a common practice to offer the men’s bath to women guests when there is no male guest.

x It is common practice at a ryokan to spread and prepare the futon for the guests while they are having a bath.

xi Kasumigaseki is the equivalent to Whitehall and Nagata-cho to Westminster.

xii Japanese sales tax is currently 5%. Jimin Party (Liberal Democrat, it had been in power for a long time, but currently opposition party) had proposed raising it to 10% when the prime minister Kan (Minshu Party, Democratic Party) stated that he would support this proposal out of the blue during the Upper House election campaign. Shigeru Ishiba MP (Jimin Party) commented on the prime minister’s statement that ‘Sounds like a clinging bogy’, but no such bogies were known to Japanese people at all.
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-22 07:46 | Performance ライヴ関係のお話
浜岡停止で稼動中原発ゼロが嬉しい中部電力管内ツアー詳細
浜岡停止で稼動中原発ゼロが嬉しい中部電力管内ツアー詳細出揃いましたので告知させていただきます!!


7月15日(金) 豊橋 即興音楽ワークショップ オレンジピット
(シライミュージック・南栄駅前))

開場19時、ワークショップ19時半~22時半、撤収23時まで
2500円 主催:牛田牛蔵

普段から即興演奏をしている人はもちろんのこと、
楽器は弾いてて、即興演奏に興味はあるけど、これまでやったことのない人、
楽器はたいして何も弾けないけど、何か音を出して即興演奏をしてみたい人、
その他、即興演奏に少しでも興味のある人は、是非ご参加ください。

また今回は、「自然な人間の体の構造と動き」と「楽器という不自然なものを弾くということ」の折り合いのつけ方について、リラックス法、無理のない体の動かし方などについてもお話と実技をいたします。私は医学部出身かつ、体力筋力が非常にないため、とってもアンチ体育会系アプローチで、体に無理をしない演奏というのをつねづね考え実践してきているのです。

(牛田さんの告知より)
>豊橋で、即興演奏のワークショップなどめったにないことですぞよ。
さらに、ユミ・ハラ・コークウェルさんほどの、ビッグネームの方の即興演奏ワークショップとなれば、豊橋初のことかもしれません。

ええっ(汗)私っていつからビッグネームになったんじゃ



7月17日(日) 四日市 カリー河
tel: 059-322-2055 http://blog.goo.ne.jp/currykawa2005
open 18:00 start 19:00 予約 2,000円 / 当日 2,500円

OKIDOKI http://www.k3.dion.ne.jp/~u-shi/okidoki/
多田葉子 (as, etc) from 梅津和時こまっちゃクレズマ, プチだおん, etc
関島岳郎 (tuba, etc) from 栗コーダーカルテット, ストラーダ, etc
臼井康浩 (guitar) from 藤井郷子オーケストラ名古屋, 渋さ知らズオーケストラ, etc
Guest:
ユミ・ハラ・コークウェル (key, vo)
Support:
アカノシバヒト (sax), 石渡岬 (tp), 小林雅典 (g), 若林輝朗 (tabla)

これはすごい!てんこ盛り企画!!!
私はパンジャブドレスを着てお店のハルモニウム弾きます!!
インドの歌歌っちゃうかも!



7月22日(金) 名古屋 御器所 なんや  http://www.nanyagokiso.com/
open18:00 start 19:30 1,500円 + order
ユミ・ハラ・コークウェル(key.vo)
ガイ(g)
金子ユキ(vn)
小埜涼子(fl.laptop)

イギリスから現代音楽作曲家のユミ・ハラ・コークウェルさんが名古屋にて天皇ガイ(g)とインプロ直接対決!ハラハラドキドキのライブです。(ハラ・ユミだけに)さらに、活動の場をどんどん広げて今ものすごくいい味だしてきている今まさに旬の人、きのこ大好き金子ユキ(インドヴァイオリン)が参加。小埜涼子はラップトップにてインダストリアルプロトタイプな世界を構築しつつ現代音楽つながりでメシアンの曲も鼻歌で演奏予定!ユミハラコークウェルと小埜涼子のクラリネオデュオもあり、驚愕の夜になること間違いなしっ!

クラリネオと私と涼子ちゃんの関係:

クラリネオは私の知人グレアム・ライオンズが発明開発したプラスチック製C管クラリネット。20年前ぐらいから「ライオンズCクラリネット」とか「クラリノ-ヴァ」とかの名前で改良を加えられ続け、今回出たクラリネオがその集大成の自信作。
日本にももう入ってきてますが、その入門書と教則DVDの日本語版を出すというので、私に翻訳の依頼が来たのです。
それで、管楽器用語のチェックを涼子ちゃんに頼みました。
c0129545_12371661.jpg


そういうわけで、すごい企画ぞろいの中部電力管内ツアーなのです、皆様こぞってのお越しお待ちしております!!!
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-18 12:37 | Performance ライヴ関係のお話
ガイ・ハリーズ&ユミ 鬼気迫るライブの模様
リトアニアから帰ってきた翌日の5月30日にやったライブの模様です。

4月のCafe OTOでの共演が大変好評で、この5月30日のライブはその場でもらったオファーだったのです。

c0129545_10592923.jpg
c0129545_10594339.jpg
c0129545_10595344.jpgc0129545_110476.jpg
c0129545_1101748.jpg

その日一日、この会場を含めていくつかの場所で、展覧会やら、シンポジウムやら、ライブやらが繰り広げられた「New Lexicons of Dark」という催し。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-16 11:04 | Performance ライヴ関係のお話
7月9日(土) 京都 きんせ旅館 「七 夜 月 花 街 宴」
                
c0129545_1028191.jpg

 

京都の島原にある、推定築年数250年の木造建築物、それが『きんせ旅館』。
もとは『揚屋』として作られた建物が、時代の移り変わりとともに旅館となり、現在 は『きんせ旅館』という名前をそのままに、カフェとして、または文化交流サロンとして営業。
建物には、ステンドグラスやタイル、それに旅館営業当時から使われている家具をそのまま使用しているという。。。

この妖しいまでに美しい空間で繰り広げられる魔夢の一夜!

c0129545_10282995.jpg


19:30~ \1,000(2drink)プラス投げ銭

ユミ ハラ コークウェル/key.vo、
今西 玲子/koto、
石井 与志子/dance 、
有本 羅人/tp.bcl.etc、
石原 雄司/drs、
近石 レイ/gt.vo、
デカルコ マリィ/dance、
田中 康之/per   

きんせ旅館/京都市下京区西新屋敷太夫町80  075-351-4781
アクセス/JR嵯峨野線丹波口駅下車(京都駅から1つ目)高架線沿い(千本通)に南へ住吉神社を左に入り道なりにあるいて右手。徒歩7分くらい。  http://www.kinse-kyoto.com/aboutus/

        
問合せ/ENGELS GIRL 075-822-8006 14:00~ 
企画 ENGELS GIRL
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-15 10:30 | Performance ライヴ関係のお話