<< ティム・ホジキンスン、クリス・... 2017年11月下旬-12月上旬 >>
Gentrification真っ只中チャリティショップで見たもの
またしばらくアップデートさぼっていてすみません。
この夏は手術をしてずっと休養しておりました。
それでそろそろ元気になってきて夏休み恒例の洋服の整理などして着なくなった服を寄付しにRSPCA(動物愛護のチャリティ団体)が運営する近所のショップに行ったのですが。。。

私は東ロンドンの同じ場所にもう20年以上住んでいるのですが
最初は移民が多く、物価も安い、フレンドリーな、その一方治安はあんまりよくない、とされていた場所でした。実際同じ通りで殺人事件は何度もあったし、自分の住んでる建物にもポリスが来るのは日常茶飯事、自分の家も一度空き巣が入り、車(いつもホンダ)のエンブレムやカーステ盗まれたりしたこともありました。
しかしミュージシャンをはじめとしてあんまりお金がないけどある程度便利なところに住みたい(うちはZone2)アーティストはもともとたくさん住んでいました。
それがいつの頃からかだんだんに住んでいる人たちの様子が変わってきて、治安もよくなってきたのです。
それが始まったのを感じたのは近所の商店街におしゃれなカフェができて、そこに行くとなんだかStoke Newington(わりと近くのすでにGentrificationが進んでいた地域)みたいな教養のありそうな小金持ちみたいな若い親子連れみたいのがいるのです。そこである時小さな女の子が床に寝っ転がってわんわん泣きわめいて何かが欲しいとだだをこねている。。。その欲しいものというのが何と「オーガニック・キャロット・ケーキ」!! ちっとも美味しそうじゃない、クリームも何にもついてない、単に茶色い代物です。私はこんなもん泣き叫んで欲しがるなんて、その子が不憫になりました。と同時にこの地域も終わったな、と。笑
それから道ゆく犬がどんどん高級化しました。昔は単なる雑種か、でなければピットブルテリアみたいな危ない系の犬だったんですが、今はラブラドゥードゥル(ラブラドルレトリバーとプードルのミックスですごくおっきくてカールのかかった毛の犬)とかシベリアンハスキーとか大きくてかわいいやつか、チワワのすっごいかわいいやつとか。もうテレビのドッグショーでしか見たことなかったみたいなやつばっかり歩いてる。
それから昔は週に何回かしかごみの収集がなかったのが1日朝晩2回!!
地元のGPも病院もなにやらカスタマーサービスが良くなってハムステッドかどっかみたいだし。
今まではWaitroseに行かないと買えなかったヨーロッパのチーズが近所に出来たデリで量り売りで買えるし、PUKKAっていう日本では成城石井で1000円近くするみたいなハーブティーが近所のスーパーで1.99ポンド(安い大手スーパーより安い)だし、オーガニックチョコレートのGREEN&BLACKがどのコーナーショップでも買えて、それもスーパーより安い。。。挙句の果てはお店で焼いてる1個2ポンドもする北欧風ペストリーのアルチザンブレッドの店が大繁盛。。。どうなってんの。。。
それで今日、着ない服を寄付しにRSPCAに行ったんですが、そこで見たもので完全に衝撃を受けました。。。昔ロンドンに来たばかりの頃、高級住宅地のチャリティショップに行けば一流ブランドの服がものすごく安く買えるって読んだりしてたのですが。。。なんとヴェルサーチxH&Mのコラボのシルクのプリーツスカートが15ポンドであったんです!!サイズが小さすぎてだめだったけど、合ってたら買ってたと思う。eBayで売れば何十ポンドにもなりそうなもの、タダで寄付しちゃう人がこの近所にいるなんて。。。もっともeBayに出すのって最近は特にめんどくさいし、そんな努力と時間かけて何十ポンドにするより、さっと持って行って動物のために15ポンド寄付することになったらそれでいいよね、ってのもわかる。
というわけで、ああ、Gentrifictionもだいぶ極まってきちゃってんだなあ。。。とつくづく思ったのでした。今ぐらいならまあいいけど、これから物価とかあがっちゃったりして住みにくくなると困るなあ。。と少し心配になっています。

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2017-08-26 06:48 | Others その他
<< ティム・ホジキンスン、クリス・... 2017年11月下旬-12月上旬 >>