<< 物販物のおしらせ Half the SKy: M... >>
ESP アルバム レコ発
11月11日にロンドンの229で行われたトニー・ロウとマーク・ブレゼジッキーのプロジェクトESPのデビューアルバム「Invisible Din」のレコ発ライヴにハープで参加しまして、そのときのレビューが出ましたのでこちらに貼っておきます
私はオープニングアクトとして30分のハープ弾き語りのソロセット、それからメインセットでレコーディングに参加した曲で演奏しました

c0129545_01304032.jpg
http://www.progblog.co.uk/the-blogs/4583484660/Extra-Sensory-Perception/10983977

First on stage was Yumi Hara, standing in as the support act and who would later take to the stage with the band. Normally a pianist, Hara had recently taken up the harp (think the Jon Anderson-sized harp used on Olias of Sunhillow and Going for the One), performing material from collaborations with Artaud Beats bandmate and ex-Henry Cow drummer Chris Cutler. Her songs may have been brief but they were laden with poignancy; an effect enhanced by the delicate tone of her instrument and the oriental scales she used.

私の使ったスケールはドリアンモード、全音階、普通の長音階などだったのですが、オリエンタルスケールって聴こえるんですね、顔と名前がオリエンタルだと。
以前から気がついていた現象です。

「Invisible Din」は私の初のハープのセッションレコーディングで、6曲目「Searching the Banks for a Memory」のイントロ部分でソロを弾いています。 トニーはデヴィッド・クロスの古い友人で、2007年の私とデヴィッドのデュオコンサートに来てくれて知り合い、2010年にデュオアルバム「Dream of the Gryllidae」をリリース、2015年にはデヴィッド・クロスの「Starless Starlight」レコ発で共演しています。今回はそのとき以来デヴィッド・クロス、デヴィッド・ジャクソン、トニー・ロウ、そして私のStarless Starlightメンバー全員が揃いました。
マーク・ブレゼジッキーはビッグカントリーのドラマーです。
その他レコーディングとこのレコ発に参加したのはデヴィッド・クロス、デヴィッド・ジャクソンをはじめGTRとかトーヤのフィル・スポルディングとか、有名人ばかりで有名人過ぎて私にはよくわからない世界でありました。

ソロセットは隣の会場の音が大きすぎて漏れてきて大変でしたががんばりました
アルトービーツのLOGOSからの歌ものを弾き語りにした曲を中心に、2枚目のソロアルバムに収録予定の曲と、Dalston Ballet CompanyのためのIn Byron's Footsteps (この曲だけは最初からハープ弾き語りで作ったもの)などをやりました。初めてのキーボードなしのハープ弾き語りセットだったのでとてもよい経験になったと思います。

[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2016-11-15 01:35 | Performance ライヴ関係のお話
<< 物販物のおしらせ Half the SKy: M... >>