<< リトアニアの旅7: ドルスキニ... リトアニアの旅5: 行きはこわ... >>
リトアニアの旅6: 無事ヴィルニュス帰還後いかにも前衛なコンサートと市内観光
無事ヴィルニュスに帰還し、その足で行ったコンサートは、初日に空港に迎えに来てくれたミコロスも出演、会場はフルクサス・ミニストリーの地上1階。
なにやら関係者が舞台袖に集合してるけど?:

c0129545_13125642.jpg


あら、みんな出てきて勢ぞろい:
c0129545_12502335.jpg


リモコンを使って音を変化させ、みんなは何らかのルールに従って立ったり座ったり、傘を広げたり(傘、ってのがいかにもダダイズムだね!)。真ん中の、前の写真では立ってて、この写真では座ってる女性が今回のフェスティヴァルの主催者、シギータ:
c0129545_12504195.jpg


次の曲ではなにやらインビな雰囲気。。。横になっている男性がミコロス:
c0129545_125176.jpg


心臓の音を拾って電気的に変化させ、同時に横になったままミコロスが紙に書いてある詩を朗読する:
c0129545_12512331.jpg



そんな感じで、今夜はいかにも「前衛」な出し物ばかり!



翌日は夕方からドルスキニンカイというベラルーシ国境近くの保養地にフェスティヴァルごと移動するというので、昼間はヒマとなり、ヴィルニュス市内観光をすることにしました。


ホテルの前の通りはこんな感じ:
c0129545_12522150.jpg 
c0129545_12523922.jpg c0129545_1253370.jpgc0129545_1253334.jpg 


何やら楽器を練習する音がする~音大臭いぞ~と思ったら、「リトアニア音楽演劇アカデミー」でした:c0129545_1254566.jpg


その並びにある大きなホールには国営放送の中継車が来てた:
c0129545_12542849.jpg


リサイクルのゴミ箱、形が面白い:
c0129545_12545139.jpg


すぐそばの大聖堂:
c0129545_12552087.jpg


お城:
c0129545_12554489.jpg


その隣にあるリトアニア国立博物館:
c0129545_1256222.jpg


「国立博物館」と言っても、日本で言えば、県立博物館の規模。面積、人口を考えればそんな感じが妥当なところだろうし、それに、「博物館」みたいなものって得意な国民性がある気がすごくする、e.g.英国人、日本人。


どこに行っても林や森が背景に入ってしまう:
c0129545_12562722.jpg


すずめ:
c0129545_12564631.jpg


フルクサス・ミニストリーのある通りを眺める:
c0129545_1393650.jpg


ショッピングセンターに入ってみる。人がおらん。。。空き店舗がいっぱい。。。
このショッピングセンターの目玉はアウトレット靴屋さんで、ものすごい量のデザイナーズシューズが山のようでした。中にはトミー・ヒルフィガー、エンポリオ・アルマーニなどのデザイナーズもの、ラコステなどのスポーツデザイナーズもの、ECCO、ピーター・カイザーなどのコンフォートデザイナーズものなど、ええっ、いいんですか、みたいな掘り出し物がどっさり。全部数千円程度。偽物感は全くない。そっか~、こういうものが売れ残るとこういう所に流れ着くのか。。。:
c0129545_12572918.jpg 


歩きつかれてコーヒーとおやつ:
c0129545_12574785.jpg


<つづく>
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2011-06-10 13:11 | Performance ライヴ関係のお話
<< リトアニアの旅7: ドルスキニ... リトアニアの旅5: 行きはこわ... >>