<< 妖艶なる秘儀: ロメオ・ジリの世界 コステロ騒動<その6>抱きつき... >>
コステロ騒動<その7>最終回 デザイナーの理想の体型とはいかに・全14種総括
試着しまくって、ドレープが出なかったもの、ユニクロの写真よりもドレープが出たもの等などをを考え合わせ、コステロ・タグリアピエトラのデザインを着るのに理想の体型とはどういうものなのか、をつらつら考えてみるに。

それは、「肩幅と腰幅があって、体の前後には凹凸の少ない体」、
なのだと思い当たりました。

コステロ・タグリアピエトラのコレクションショーのモデルさんはみんなそういう感じです。
ただ細い、というのではなく、骨格的に幅はあるが、脂肪はついてない、という感じです。


c0129545_1164812.jpg

ただ、デザインによっては、この理想の体型でなくとも着こなせるものがあります。

私の場合、「肩幅、腰幅はあるが、体の前後の凹凸も激しい」体型です。
つまり、コステロを「肩幅、腰幅」で着こなさなければならないわけですが、その場合、


DIショールネックフレンチスリーブドレス


c0129545_1151658.jpg
c0129545_1162176.jpg


DIサイドドレープドレス(半袖)+

c0129545_117316.jpg c0129545_118135.jpg


DIドレープネックノースリーブドレス

c0129545_11263682.jpg c0129545_1185694.jpg


DIラッフルノースリーブドレス

c0129545_112908.jpgc0129545_1193736.jpg c0129545_11101195.jpg


カシュクールドレス 

c0129545_11161811.jpg
c0129545_1132413.jpg

タックシャツドレス 

c0129545_11164328.jpgc0129545_1112110.jpg


DIプリーツショルダードレス(半袖)+  

c0129545_1117933.jpgc0129545_11123222.jpg (UKサイズ)


は向いていました。
特に、本来のデザインを生かすためにはDIサイドドレープドレス(半袖)+DIドレープネックノースリーブドレス は腰幅が絶対に必要。もちろん、オーバーサイズででろ~んと着る、という、本来のデザイン無視の場合は関係ありませんが。
残念ながらカットソー素材のもの4点は素材の問題で全て返品となりました。。。


体の前に凹凸があると、端的にドレープが出なくてダメなのは、


DIプリーツタンクトップドレス+

DIフロントドレープフレンチスリーブドレス

それに、DIプリーツドレス(七分袖)

DIプリーツタンクトップドレス+などは、タンクトップデザインですから、肩幅もことさら必要はありませんよね。

同様に、ノースリーブのDIドレープボートネックドレス(ノースリーブ)CO+、こちらは上半身がカットソー素材、下半身が布帛素材でしかも2重になっているということで、あらゆる体型に対応できる、おそらく、このシリーズ中、体型的にはもっとも「万人向け度」が高かったアイテムと思います。


c0129545_11173741.jpgc0129545_11133494.jpg


実際、私だけでなく、細身のsilver catさんと、やはり細身の私の姪、肩幅があって下半身は細い自称「逆三角形」の私の義姉も購入し、世代と体型を超えて全員大満足であります。

私以外は知っている人の中で購入した人はいませんが、
DIカウルネックドレス(8分袖)+も割りあい体型を問わないかも、という気がする一方で、ユニクロの細いモデル写真を見るとスカート部分がバルーンになっていないので、やはり腰幅は必要なのかなという気もします。


c0129545_1118821.jpg
c0129545_11195081.jpg
c0129545_11201472.jpg

これはDIフロントドレープフレンチスリーブドレスと同じ、 レーヨン75%・ポリエステル25%、ハリがあり、暑苦しくなく、高級感があり、しかも洗濯にも強い素晴らしい素材。おそらく今シリーズ最強の品質ではないかと思われます。

私はこれは、最初は8分袖ということもあり、あまりアツくならず、まあ、おさえておくだけおさえる、という程度のスタンスだったのですが、日本で移動のときなどものすごく重宝し、990円でダークグレー、グリーン、ライトグレーの3色全色購入、さらにダークグレーは2枚買いするほどのお気に入りとなりました。


今まで一度も話題に上らなかったキーネックドレスは、

私はどのサイズを着てもどうっていうことなかったし、素材も伸びてしまったサイドドレープドレスと同じ綿レーヨン混のスラブ素材なので、まあ、どうでもいいということにいたしましょう。

そしてもうひとつ話題に上らなかったラップタイノースリーブドレス

これは私が試着しても何が何だかわからなかったのですが、これぞ、肩幅のあるガタイのいい、胸の大きくない方向けでした!!

そんなわけで、今回は
「デザインは最高~!なんだけど、もうちょっとシリーズ全体の素材とサイジングをどうにかしてくれればもっとよかったな、もうちょっと高くてもいいから、去年のスティーヴン・アランぐらい高くていい素材でも良かったんじゃないの~?、カッティングはお気をつけあそばせ。あと、モデル選びと撮影はデザイナーの意図汲んでね、そうそう、suzukiの時もそうだったよね、まあ、あれは素材とカッティングはよかったけど、そういえばあれもサイジングはすごい大きかったな」
って感じ。ですかね。



ああ~、こんな騒動やってたから、いよいよホンマモノのデザイナーズを渇望してしまいまして、先日eBayで、ヴィンテージのロメオ・ジリのドレス買っちゃった。超軽くて、スケスケ素材なんだけど、2重3重になってるから透けない。エラスティック・ナイロンで、時空を超えて全然伸びも縮みもしていない。。。

おわり。
[PR]
by YumiHaraCawkwell | 2010-08-09 11:34 | Fashion ファッション
<< 妖艶なる秘儀: ロメオ・ジリの世界 コステロ騒動<その6>抱きつき... >>